※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

みんなで温泉旅行

時は秋。
桜田家では温泉旅行ペアの座を巡り、薔薇乙女+1が戦いを繰り広げていたが、遂に終わりを迎えようとしていた。

『さぁ~て、その温泉宿ペア宿泊券で誰を誘うのかしらぁ?』

後ろから抱き付いてきた水銀燈が、甘い言葉と殺人鬼の視線を持って僕に聞いてくる。
同様の視線で僕を見つめる薔薇乙女+1。
僕に一人選べって事か…
う~ん、ヘビに睨まれたカエルってこんな気分なんだろうか。

『あ~実はベジータに頼み込んで優待券を手に入れて貰ったんだ。これでみんなで行けば良いだろ?』

ここだけの話だけど、ベジータは頼んだ理由を聞くとすんなり用意してくれた。
曰わく、『ここ数日の学校は居づらくてたまらん。薔薇乙女+1が互いに放つ殺気のせいで、今日は9人欠席の10人早退だぞ。』とか。 

宿はどこにするか悩んだけど、薔薇雪華姉妹のお爺さんがオーナーの豪華な宿に格安で泊まれる事になった。
こうして、2泊3日の温泉旅行が僕のカレンダーに予定される事となった。


『やっほ~。ジュン君久しぶり~♪』

集合場所の駅に到着して最初に声をかけてきたのは、なんとめぐさんだ。
つーか、なんでこの人がここに?

『勿論、私も参加するからに決まってるでしょ。楽しそうだしね。』

まあ、人は多い方が楽しいし、なんて思っているとめぐさんが肩を組んで耳元で囁く。

『ほら、みんなの目。餓えた狼みたいでしょ?ジュン君を巡って修羅場間違い無しよ。で、スッゴく面白そうだから参加したの♪』

うん、やっぱりこの人悪魔に違いない。
そして地獄の温泉旅行は幕を上げる… 

電車内は他の客の視線をビシビシと感じる。
温泉旅行なんだし、楽しみたいんだけどなあ…

『ジュン君酔い止めはいらないかい?』
『カナの酔い止めの方が効くのかしら。』
…………………………
『スコーン焼いてきたからどんどん食べるです。』
『あら、ごめんあそばせ。あらかた食べてしまいましたわ。』
…………………………
『ジュン、紅茶を淹れて頂戴。』
『そんな事より一緒にうにゅー食べるの~♪』
…………………………
『目的地に着くまで少し眠りましょうよぉ。私と一緒に。』
『…寝るなんて…勿体無い…モンスター狩りに…行こ?』
『ゲームなんて駄目。それより王道のトランプしましょうよ。』
…………………………

めぐさん、笑ってないで止めて下さいよ…
胃薬をビンで持ってきて正解だったな… 

キリキリと胃の辺りが痛む。
周囲の客が殆ど居なくなり、人の目を気にしなくなった薔薇乙女+1がいよいよ邪悪なオーラを帯びてきた。
おりしも昼時、それぞれ自慢の手作り弁当を手に僕へとにじりよってくる姿は…一週間空腹でさ迷ったハイエナの群れに肉を放り込んだ…と言えば何分の一かは伝わるかな。

『私の作った特製唐揚げよぉ。はぁい、あ~んしてぇ?』
『(パクッ)ん、水銀燈は味付けが濃いです。代わりに翠星石のミニハンバーグを食ってみるですよ?』
『(パクッ)少し焦げてる。それより桜田君用のハート型サンドイッチ食べてみて?』
『(パクッ)具のバランス…イマイチ…ここはばらしー印の…コロッケ食いねぇ…』
『(パクッ)カボチャコロッケは邪道よ。今日のカナの出汁巻き卵は傑作かしら!』 

『ポテトサラダ作ったんだ。はい、ジュン君。』
『ほら、私が作ったエビフライよ。有り難く頂きなさい?』
『ヒナお手製のミニグラタン、とっても美味しいのよ?』
『(パクッ)むぐむぐ…どれもまあまあって感じですわね。はい、ジュン様。愛情たっぷりの特大おにぎりを一緒に食べましょう?』

ああ…最後の客が離れていく…
今度はベジータと笹塚で旅行に行きたいなあ…
まあ、現実逃避したところで目の前の地獄からは逃げられない。
カバンから弁当を出そうとすると、手紙が入っていた。

『みんながジュン君のお弁当を作るって言っていたので、お弁当はないです。真紅ちゃん達から貰ってね。
お姉ちゃんより』

あんのバカのりめ…
ある意味世の男性の夢のような状況で、僕は深々と溜め息をついたのだった…

つづく

|