※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

        Another RozenMaiden
          第4話 異変 

JUM「やっと着いた・・・。」走り出すこと約20分。ようやく自宅へとたどり着く。
急いで家の扉を開くと、玄関に水銀燈の靴があることに気づく。
どうやら、水銀燈は自宅に戻っていたらしい。
すぐさま荷物を玄関に放り出すと階段を駆け上がり、水銀燈の部屋に前に立つ。
JUM「水銀燈、居るのか?」数回ノックしつつ、扉越しに中の様子を伺う。
銀「JUMぅ?」部屋の主、その声が聞こえる。
JUM「ああ。水銀燈・・・・部屋に居たんだな。
   面談の後、急に居なくなったから心配したよ。」
水銀燈を見つけられた安堵から、疲労がどっと押し寄せてくる。
銀「心配かけて、ごめんねぇ。」
JUM「それにしても、一体どうしたんだ?」
銀「ちょっと一人になりたいなって、思っただけなのぉ。」
扉越しで水銀燈の様子は分からない。だが、その声は普段より暗く感じられる。
JUM「そうだったのか。気が回らなくてすまんな。」
銀「我がまま言って、ごめんねぇ。」
やはり水銀燈の声は暗い。きっと何かあったのだろう。
話したくないというなら、本人が話してくれるのを待つしかない。
JUM「何かあったら言うんだぞ。」
銀「そうするわぁ。」
そういい残すと、僕は水銀燈の部屋を離れた。
この日は結局、水銀燈が部屋から出てくることはなかった。


翌日。水銀燈の部屋。
銀「まだこんな時間なのぉ。」
昨日の事のせいか、いつもより早く目が覚めてしまう。時計が示す時間は、まだ6時。
時間を持て余した私は、ついJUMのことばかり考えてしまう。
JUMのことを想うと、必ず面談の時に聞いたあの言葉を思い出す。
それが辛いので、あれ以来JUMことはなるべく考えない様に努めてきた。
銀「私もダメねぇ。」よぎる想いを振り払おうとする。
しかし、止めどなく溢れる想いを振り切ることなどできない。
銀「朝食の支度でもしようかなぁ。」
体を動かせば気が紛れる。そう考え、服を着替えると台所に向かった。

いつもより時間を掛けて料理を終える。後は二人分に取り分けるだけだ。
銀「このおかず・・・・JUMの好物なよねぇ。」
何気ない自分の台詞で、私は現実に引き戻されてしまう。
銀「JUM・・・・。」
不意に一粒の滴が頬をつたう。食卓に落ちた液体、それは涙だった。
銀「JUM・・・・私の大好きなJUM・・・・。」
その涙を皮切りに、想いと涙が溢れ出す。
全身から力の抜けた私はその場に座り込んでしまう。
どの位の間そうしていただろうか。ピンポーン。不意に玄関のチャイムが鳴る。
時間を確認すると、既に時計は8時30分を指している。
真紅達が迎えに来たのだ。このままでは、みんなに私の無様な姿を見られてしまう。
それだけでなく、JUMもこの音に気が付いて起きてくるだろう。
そうなれば、涙でグチャグチャになった私の顔をJUMに見られてしまう。
私は急いでJUMの朝食を並び終え、
玄関にあるブーツ掴むと裏口から家を飛び出した。


ピンポーン。ピンポーン。断続的に鳴る玄関のチャイムで目が覚める。
JUM「うるさいなぁ。今何時だと・・・・・って。」
時計が示すのは8時30分。ピンポーン。またチャイムが鳴る。
JUM「もうこんな時間なのか!?ということは、このチャイム・・・・真紅たちか。」
急いで服を着替えると、廊下に飛び出し水銀燈の部屋をノックする。
JUM「水銀燈!もう起きないと遅刻するぞ。」
返事も待たずに扉を開け、水銀燈の部屋に入り込む。
JUM「居ないのか!?」部屋には誰も居なかった。水銀燈は何所に行ったのだろう。
ピンポーン。またもチャイムが鳴る。
JUM「うるさいな!今行くよ!」慌てて階段を降り、玄関の扉を開けてやる。
雛「JUM。おはようなのー。」扉を開けると同時に、雛苺が飛びついてくる。
遮る者が居ないので、今日は腕を掴まれてしまう。
紅「8時30分を7分も回っているのだわ。成長しない家来ね。」
真紅が愛用の懐中時計を取り出して言う。
JUM「僕が、いつお前の家来になった・・・・・って口論している暇もないな。」
雛「JUMの頭。すごいのー。」僕の頭を指差す雛苺。
僕の頭の何が凄いのだろう。玄関にある鏡で自分の姿を映してみる。


翠「ひでー頭ですぅ。寝癖で、どこかの戦闘民族みたいな頭ですぅ。」
鏡に映る僕は、まるで某伝説の戦士のような髪型になっている。
金「ひょっとして寝癖?そこから推理するに、JUMは今起きたのかしらー?」
JUM「そうなんだよ。ごめん。先に行っていてくれ。」
寝坊したのは自分の責任だ。他人を巻き込むわけにはいかない。
蒼「JUM君一人を置いては行けないよ。」さすが蒼星石。何て頼りになる奴なのだ。
地獄に蒼星石とは正にこのことである。
翠「ここで見殺しにして、末代まで祟られても困るですぅ。」
泣きっ面に翠星石とは正にこのことである。悪いのは、寝坊した俺なのだけど。
紅「仕方ないわね。5分待ってあげるわ。」勝手に家へ上がり込む真紅。
蒼「JUM君の髪は僕が直すから、翠星石は荷物の方を頼むよ。」
蒼星石に腕を掴まれ、家に連れ戻される。
翠「ついでに弱みの一つでも、探してくるですぅ。」
翠星石が意気揚々と僕の部屋に向かう。
止めようにも、蒼星石の手から逃れられそうにない。
弱みを握られるのは諦め、思考を他に移す。
JUM「それにしても、水銀燈は何所だ?」
これだけ騒いでも、水銀燈が出てくる気配は無い。


紅「人のことはいいから、急いで頂戴。」いつの間にか居間を占拠し、紅茶を啜る真紅。
蒼「水銀燈の靴は無かったから、もう学園じゃないかな。」
JUM「そうなのか。」蒼星石に指摘され落ち着きを取り戻す。
蒼「JUM君。動いちゃダメだからね。」
洗面台前の椅子に座らされ、蒼星石が馴れた手つきで寝癖を直す。
姉妹で最も髪の短い彼女には、寝癖という同じ悩みがあるのだろうか。
JUM「寝癖の蒼星石も見てみたいな。」何気なく思ったことを口に出してみる。
蒼「な、何を言っているんだい?JUM君。」蒼星石の手が震え、くしが頭皮に当たる。
JUM「蒼星石。整髪が上手いから、慣れているのかなと思ってね。」
くしが少し痛いが、顔には出さない。
蒼「JUM君。普段は自分で直しているのかい?」
JUM「たまに水銀燈がやってくれるけどな。」一瞬、蒼星石の手が止まる。
蒼「ねえJUM君。水銀燈と僕、どっちが上手かな?」


少し間を挟み、蒼星石が口を開いた。
JUM「もちろん、蒼星石だよ。」
水銀燈には以前、整髪料のスプレーを顔に吹き付けられたことがある。
だが、余計なことは言わない主義なので黙っておく。
噂はどこへ流れるか分からないからだ。
蒼「えへへ。お世辞でも嬉しいよ。」蒼星石は素直に嬉しそうな表情をする。
僕の髪を直す間、蒼星石と他愛のない言葉を交わす。
蒼「はい。終わったよ。」程なくして、寝癖直しが終わる。
JUM「助かったよ。ありがとう蒼星石。」見事な普通の髪だ。
僕の外見が普通なのだから、これが限界だろう。
蒼「どういたしまして。」ほぼ同時に、翠星石が二階から僕の荷物を手に戻ってくる。
紅「すぐ出発するのだわ。」僕らの様子を見るや、有無を言わさず出発を宣言する真紅。
しかし、まだ僕にはやり残したことがあるのだ。
JUM「まだ僕の食事が済んでないんだが。」
居間には僕の分の朝食が用意されている。
まだ食事をしていないので、もちろん手付かずのままだ。
真紅の目の前にあるのだから、とっくに気づいているはずなのだが。
紅「遅刻したいのなら、一人で好きになさい。」
雛「JUM。もう時間が無いのー。」袖を引っ張り、時計を指差す雛苺。
8時45分。確かに食べている余裕は無い。もう5分早く起きていれば・・・・。
翠「後悔しやがれですぅ。」とどめを刺す翠星石。たった今後悔していたところなのに。
JUM「仕方ないか・・・・・。」僕は朝食を諦め、学園に向かった。


JUM「おはよう。」いつもと変わらない教室。
蒼「JUM君。水銀燈、居ないね。」
JUM「そうみたいだな。」軽く教室を一望する。そこに水銀燈の姿は無い。
JUM「水銀燈はまだ来てないのか?」
適当なクラスメートを捕まえて水銀燈のことを尋ねてみる。
どうやら、まだ見かけていないらしい。
蒼「大丈夫かな?」
JUM「梅岡が来るまでに、まだ少し時間はある。そのうち来るだろう。」
慌てることに意味は無い。僕は携帯でメールを送り、様子を見ることにした。
やがて梅岡が教室に入り、出欠を採り始める。
しかし、一向に水銀燈が現れる気配はない。依然、送ったメールにも反応は無い。
蒼「水銀燈、まだ来ないね。」僕の様子に気づいた蒼星石が、小声で話しかけてくる。
JUM「僕らより先に家を出ていたのなら、こんな時間まで学園に現れないのはおかしい。」
梅岡の出欠が進む度に、気が焦る。
蒼「何か・・・・あったのかも知れないね。」
JUM「ああ。梅岡が教室から出たら、一度家に戻ってみるよ。」
すぐにでも教室から出たいが、梅岡も簡単には許さないだろう。
JUM「学園の方は、任せてもいいか?」
蒼「うん。梅岡先生には僕が上手く説明しておくよ。」
JUM「すまん。」
蒼「困った時は、お互い様だよ。」やがてHRが終了し、梅岡が教室から出てゆく。
JUM「それじゃ、僕は家に戻るよ。」それを確認すると素早く荷物を纏める。
蒼「JUM君、また明日。」これ以上の言葉を返す時間も惜しい。
昨日、水銀燈の部屋の前での会話を最後に、水銀燈とは一度も会っていない。
それに加え昨日の面談以降、水銀燈の様子がおかしい。
何かあったのかも知れない。
言葉の代わりに僕は蒼星石に合図を返す、と教室を後にした。
Another RozenMaiden 第4話  異変 終

Another RozenMaiden 第5話  愛憎 に続く。

|