※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


|      水銀燈     蒼星石         .|
|                            |
|           翠星石              .|
|                            |
| 雛苺                  金糸雀   |
|                            |
|          のり   巴            |
|                            |
|   雪華綺晶        薔薇水晶      |
|                             |
|            真紅              |
|     ┌─────────────┐         │
|     │  ┌────────┐  │         │
|     | .│          | │         │
└─────────────────────────────┘ 
          |         .|
          |  ジュン   |
           ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

雛「うゆーい!今日は試合に出れたの!」
の「良かったわねぇ」
巴「ちゃんと相手の動きを見るのよ」
雛「うん!」
山「(“柏葉さんと交代される”ことを想定してスタンバイしとくかな…)」 

紅「その調子よ、ジュン。そこにずっと引き篭もってるのよ!」
ジ「あぁ?」
翠「ヒッキーも便利たまには使えるですね!」
ジ「あ?何だと?」
翠「きゃあああ!チビ人間が出てきやがったです!」
紅「ちょっと一発…鳩尾殴るわよ?」
ジ「はぁ…はいはい」

ジ「(つーかさ、僕がゴールに入ってたって意味無いこと分かってんのか?馬鹿め…)」
紅「じゃあペナルティエリアまで外出を許可するわ」
ジ「な、何で僕の考えてることが分かったのさ?」
紅「あなたの考えてることは大体想像つくのよ。ジュン…」
ジ「って、どうせお前がルール知らなかったから訂正しただけじゃないのか?」
紅「あなたこそ、芝生の上で寝転がったりなんかして、だらしない家来ね!」

蒼「真紅!ディフェンス!!」
金「次々と突破されてるかしら…」 

紅「だからあなたは永遠に引き篭もりなのよ。ばっかじゃないの?!」
ジ「お前こそ、人の部屋に来ても本読んでばっかで、
  引き篭もり体質もいい加減にしろよ!」

バスッ…ピー!

雪「ゴール…入れられましたわ」
薔「はぁあ…」
銀「真紅ぅ!」 

紅「きぃぃぃ!もう、あなたがそんなに排他的な人間だったなんて!」
ジ「ああそうさ。そうだとも。もうお前なんか一生、家に来るな!」
紅「結構だわ。私ももう行かないわ!暴れてガラス割っても修理は承りませんから!」
ジ「こっちだって、お前にもう紅茶淹れてやらないからな!」
紅「ふん!」
ジ「チッ…」
翠「(ヒッヒッヒ…これでジュンを宥めれば…)」

銀「はぁ…またぁ?」
蒼「いい加減大人になりなよ…2人とも…(翠星石もニヤケ顔が黒いよ…)」

|