※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

質屋のお客達(返済編)その3

時間がないな。薔薇水晶の相方探しねぇ。いやまてそもそもなんで僕がそんなことしなくちゃならないんだ?

「すべては私達と会った時から決まってたんだよ。」
「はぁ。それが本当なら神様に涙が出るほど感謝するよ。」
「緑色のアレに?」
「…いやあれは違うだろ。」
「そうだね。でもジュン。私が突然話し掛けたのに普通に返すんだね。」

何をいまさら…。薔薇水晶と雪華綺晶は突然現われるのが普通だろうに…。

「ジュンひどい。私は幽霊じゃないもん。」
「幽霊とまではいってないぞ。」
「ほとんど同じだよ!」

同じなのか?しかし薔薇水晶のやついやにテンションが高いな…。それになんか赤いくて長い棒っぽいもの持ってるし…。

「まあそれは置いといて。その棒っぽいものはなんだ?」
「えっこれ?これはヤリ。」
「はっ!?ヤリってあの槍?銃刀法違反だろ。」
「何いってるの?銃でも刀でもなんよ?」

いや根本的に間違ってる気が…。あっ…ダメだこの顔純粋にそう思ってる…。

「まあそれを百歩くらい譲って置いといて…それをどうしろと?」
「えっ?お金に…」
「ストップストップです。それは私のコレクションの一つなんですよ!?あっジュン君こんにちは。」
「白崎さん…ドアを壊すような勢いで入ってこないでくださいよ。あっこんにちは。」 

しかしなにをコレクションしてるんだか……。この人の家にはあんまり行きたくないな。

「あれ?なにを言ってるの白崎?」
「そんな怖い顔して槍の先端こっちに向けないでください。いくらアッガイの金メッキ品を売り付けたからって……」
「アッガイの恨みは山より高く海より深いのだよ…。」

こんなところでゴゴゴゴゴとかいう擬音ださないでほしい…。槍が赤いからさらに怖いな。

「わかりましたよ。わかりました。私が眼帯分お金を出します。だからそれは返してください。」
「えっ?白崎さんアッガイ分は?」
「アッガイ分はもう返してもらったよ。」

ひどい。すごくひどい…がまあ仕方ないだろう。

「アッガイに金メッキなんて悪戯するんじゃなかったようですね。」
「悪戯ってレベルですか?」
「私達の間ではこれくらいがちょうどいいんですよ。」

それは仲が良いということなのか?何か違う気もするが…。

「じゃあ私帰るねジュン。」
「ああ。いつの間に眼帯したんだ……っと白崎さん。その槍…なんですか?」
「んっ?これかい?これはね。ゲイボr」
「もういいです。早くお帰りください。」
「そうかい。それじゃあ帰るね。」

誰の心臓もらう気何だか…。あれ?白崎さんって薔薇水晶といいコンビかも…。
続く

|