※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


私は私の選んだもので出来ている

ジ「という訳で某車の宣伝の音楽が流れる中、本日のゲスト、水銀燈と柿崎めぐさんです」
銀「はぁい、乳酸菌取ってるぅ?」
め「こんにちは」
ジ「早速ですがテーマでもある『私は私の選んだもので出来ている』。
これについて聞かせて下さい」
銀「乳酸菌ねぇ。私は今まで飲んできた乳酸菌飲料で出来てるわぁ」
ジ「理解不能な回答ありがとう。L-カゼイ-シ○タ株ばっか摂取してんな、この乳酸菌ジャンキー」
め「私は愛かなあ…」
ジ「比較的まともな回答。一体どんな愛ですか?」
め「勿論水銀燈への愛よ。具体的にはGPSに小型カメラ、盗聴器に隠し撮り。私だけの水銀燈だもの」
ジ「光の速さで通報した」 




銀「真紅の貧乳ー。暴力女ー。ろくでなしのぶきっちょー」ダッ
紅「言うだけ言って逃げるとは卑怯なのだわ!」
銀「これだけ距離があれば絆ックルもあたることはないわぁ。今回は私の勝ちのようねぇ、真紅!」
紅「言ってなさい。こんなこともあろうかと、私は必殺技を身に着けてきたのだわ」
銀「何ですって!?」
紅「おおおおおおおッ!」
銀(真紅の右腕が・・・ッ! 赤色に輝いている・・・ッ!)
紅「ブロウクンッッッ」
銀「ちょっ! 待っ! それはッ! いくらなんでも・・・ッ!」
紅「マグナムッッッ!」ズゴオオオオオオ
銀「へぱぁぁぁぁぁ」



銀「ロケットパンチなんてどうやってやるのよぉ・・・」
紅「勇気さえあれば奇跡は起きるのだわ」



水銀燈「本当、真紅ってやけに強いわよねぇ…」
翠星石「全くですよ。不人気なら不人気なりにザコで構わねぇですのに」
桃種「真紅が強くて何が悪い」
銀&翠「・・・え・・・!?」
桃種「真紅が強くて何が悪い」
銀&翠「・・・う、うわあ・・・ああ・・・ああああああああああ(イスから転げ落ちる)」
桃種「どうかしましたか?」
銀&翠「ああ、あふゥッ・・・ひいいい・・・ガクガク(足が震える)」
桃種「やだなあ、そんなにびびらないで下さいよ。作者なだけですから^^」
銀&翠「ああ・・あ・うんっ・ああ・・・ビクンビクン(小水を漏らす)」
桃種「ちなみに君達は脇役だからね。真紅『が』メインだからね」
銀&翠「あんっ!ああん・・らめ・・・もうらめえ!」




真紅「あれ? 私の出番は?」




王様『おお、勇者 しんく よ!さっそく魔王を倒す旅に向かってくれ!』
真『いやよ めんどくさい』

GAME OVER …

母『ジュン 起きなさい。王様が御呼びよ?』
ジ『・・・』
へんじがない。ただの ひきこもり のようだ。

GAME OVER …

王様『おお、勇者 すいせいせき よ!さっそく魔王を倒す旅に向かってくれ!』
翠『べ、べつに向かってやらんこともねーですが…。オメーの為じゃねーんですからね!勘違いすんなですぅ!』
王様『なんと 失礼なヤツだ!ろうや に閉じ込めておけ!』

GAME OVER …

 

 


 


み「・・・」
雛「・・・」
ジ「ん?珍しい組み合わせだな。何してんだ?」
真「短編レースで接戦の二人よ。お互いに睨みをきかせているのだわ」
ジ「…雪華綺晶は?」
真「『探さないでください』って書き置きを残して公園で黄昏れてるわ」
ジ「そうか…」

み「ロリッ子ー!」
雛「そばかすー!」
み「大福魔ー!」
雛「借金魔ー!」
ジ「お、悪口を言い始めたな」
み「ペドー!」
雛「年増ー!」
み「うぅ!?…リ、リボンー!」
雛「サブキャラー!」
み「あぐぁ!…い、苺ー!」
雛「痛キャラー!」
真「…熾烈な戦いね」
ジ「いや、片方苦し過ぎるだろ」
み「う…う…私だって…私だって青春時代はあったんだぁあああああ!!!」ダダッ
ジ「あ、逃げた。勝負ありか…。なぁ真紅、若さって何だろうな」
真「振り向かない事よ、ジュン」


雪「…夕日が…綺麗ですわ…」




水「あ~…なんでこんなに寒いのよぉおお…」ブルブル
真「冬が近いからでしょう…」ブルブル
水「だからって、なんでアナタとマフラーを共有しなきゃならないのよぉ…」
真「貴方が脅かしたりするから私のマフラーが水溜まりに落ちてしまったんじゃないの。…ちょっと水銀燈?寒いじゃないの…も、もっとこっちに寄りなさい」
水「な、なんで私が…アナタが寄ればいいじゃないの。それとも何かしらぁ、私とくっつくのが恥ずかしいのぉ?」
真「な、なにをバカな事言ってるのだわ!?まぁ、仕方ないわね。ウブな貴方に代わって私が近づいてもよくってよ?」
水「だ、誰がウブよぉ!?いいわぁ…腕だって組んでやるんだからぁ!」クイッ
真「あ、あらその程度?私なら肩にだって手を回せるのだわ!」ガシッ
水「わ、笑わせないでくれるぅ?見てなさぁい!後ろから抱き着いてやるん…きゃあ!?」
真「え…?ああ!?」
どし~ん


雛「ねぇ翠星石?あの二人はどうして抱き合って倒れてるの?」
翠「しっ!子供は見ちゃダメです!」




格付けしあう乙女たち 

雛「かなりあー」
なにかしら?
雪「背後から目隠しー」
何も見えないかしら!?
水「動いちゃだめよ」
あい
翠「髪を下ろしましてー」
蒼「前髪もよーく梳きましてー」
…ひょっとして乙女の危機かしら!?
雛「緩やかなウェーブ」
み「辛抱たまらんまさちゅー」
真「当方に迎撃の用意あり!」
鈍い打撃音がしたかしら、バイオレンスかしら!!
水「ほんの少しだけ頬に紅をちらしてー」
くすぐったいかしら
蒼「姿見もってきたよー」
薔「お着替えしましょ、白のブラウス、淡い卵のカーディガン」
きゃー!
雪「なんておいしそう…」
真「当方に人間の尊厳あり!」
今度こそすごい音がしたかしら!やばいかしら!
翠「飴玉やるです」
むぐ

「ううん、様変わりですね」「馬子にも衣装」
「ここまで雰囲気が変わる子も珍しいわね」「まるで別人なの」
「じゃあ、金糸雀は黙ってれば美人ということで」
「またひとつ謎が解けたのだわ」「ちょっと着替えさせた意味は?」「…余興」
…みんないっちゃったかしら
目隠しを外さなきゃ

見知らぬ女の子が黙って目の前にたってるかしら!?




JUMの家に来てみると、何やらのりが服の整理をしていた


翠「のり、何してるですか?」
の「あら、翠星石ちゃん、来てたの。
服がかさばってきたからJUM君のお古を処分しようと思ってね」
翠「(JUMのお古!!)そんな公害訴訟一歩手前のヒキコモリ臭のこびりついた服をわざわざのりが処分することねぇです!!
この翠星石が帰り際にきちんと燃やして高温殺菌して、誰の目にも届かない所に葬ってやるです」
の「あらそう?じゃあお願するわぁ」
翠「任せろですぅ(JUMの匂いがするです。フヒヒ)」

~帰宅後~

蒼「何だい?その服は」
翠「これはJUMの昔着てた服です」
蒼「な!!!?僕にも一枚ちょうだい、その靴下でもいいから」
翠「ダメです!!絶対にやらんです」



その後JUMのお古目当てに薔薇乙女全員が集結したのはいうまでもない 


>>88氏の作品
きっとその日の夜はこんな感じに
http://rozen-thread.org/34X8eoLSf1fsEnMTC4Zxq2uNFNF5XaLH23GLa6jnth5YrclkURCgOI1jtatO3/news4vip-1195645928-88-1

 

 


 


翠「ホップ!」

蒼「ステップ!」

紅「ジャンク!」

銀「うぉおお~、真紅ぅうううッ!!」

 

 


 

 

銀「なんていうか、あなたって存在自体が夢オチみたいなものよねぇ」
雪「・・・」

ほ 

 

 


 


雪「・・・ジャンクのくせに・・・ッ!!」
銀「真紅ぅーーーっ!」
紅「え!?いきなり何なのだわ!?」

 

 


 


ジュンは薔薇乙女にポケモンを買ってあげたようです

ジ「お、金糸雀に真紅に雛苺、やってるな」
雛「楽な攻略だったらゼニガメなのよー」
ジ「ヒトカゲでも気合いでカバーするかしら!」
紅「フシギダネかわいいのだわ」
ジ「・・・そーいや、翠星石とか水銀燈はどうしたんだ? やってる様子がないけど」
雛「『なんでこのゲーム、名前が5文字までなの!?』って言ってぶちきれてたの」
ジ「そうか、残念だな」

 

 


 


便乗

「私は銀よぉ」

「カナは金かしら」

「翠星石はリーフグリーンです」

「ボクはブルーだね」

「私はファイアレッドなのだわ」

「私はパールでしょうか」

「ヒナの色がないの…」

「…大丈夫…眼の色で…エメラルド…」

「ばらしーありがと~なの!」


「薔薇水晶、機転がきくなぁ」

「…フヒヒ…私のはクリ(ry

「一挙に台無しだエロ水晶」

「(´・ω@`)」



JUN×真紅 理不尽な日常
紅「JUN薬局に行くわよ、お供しなさい」
JUN「いやこれからベジータと」
紅「いいから一緒に来なさい」
JUN「はいはいわかりましたよ」
JUN(変な真紅、いつもなら無理にでも僕に行かせるのに)
紅「はいは一回!、ほんとに物覚えの悪い下僕ね」
---薬局前---
紅「JUNは此処で待ってなさい」
JUN「え?なんで?」
紅「一々口答えしない、良いこと一歩もお店の中に入っちゃだめよ」
JUN「わかったよ」
JUN(一体何だって言うんだよ、おっ声が聞こえるぞ)

店員「いらっしゃいませ何かお探しですか?」
紅「あのーそのー……は有りますか?」

JUN(よく聞こえないな)
店員「ああコー○ックですね」

JUN(ピンクの小粒かテラワロス)
紅(声が大きいのだわ)



「納得いかねぇです!!」
今日は私達姉妹の誕生日で、殊勝な事にジュンが帰り道にプレゼントを献上してきたのだ。
だがあろうことに妹の蒼星石にはブランド物のマフラーが、私にはノーブランドのマフラーが入った袋が手渡された。
「何がだよ!!」
「なぁ~んで私のはブランド名も無い安物のマフラーなんですか!?私もブランドの高いやつが良かったです。ひいきです、ひいき」
彼が一瞬悲しそうな顔をしたような気がした。
「お前に割く費用がなかったんだよ!!」
「きぃ~、とんでもねぇチビ人間です。さっさとどっかいっちまえ、です」
「こっちもお前の顔なんか願い下げだ」
そういうとジュンは自分の家の方向に走り出した。
「あっ、ジュン君。マフラーありがとう。大事にするよ」
その後ろ姿に蒼星石が声をかけた。


「まったくひどいドチビですね。蒼星石もそう思いませんか?」
「さっきのは完全に姉さんが悪いよ。それに、僕はそっちのマフラーの方が良かったな」
この妹まで何を間の抜けた事を言いだすのだ。
「こんな安物のどこがいいんですか?」
「安物にしては裁縫がしっかりしてると思わない?君に似合うようにデザインされてるみたいだし」
よく見ればなかなか丁寧に裁縫されているようだ。それに緑に白のストライプの入った私好みの色でもある。
「それにさっき君は自分でブランド名も無いって言ってたじゃないか」


妹の言葉でやっと気が付いた。これは彼が編んでくれたマフラーなのだ。私は彼にひどいことを言ったことを後悔した。
「……蒼星石」
「何だい?」
「ちょっと用事を思い出したから、先に帰っててください」
「はいはい、ちゃんと素直になるんだよ?」
私はそれに返事をすることなく、さき彼が帰っていった道を駆け出した。

僕にもお金じゃなくて、手間をかけてほしかったな……

妹のつぶやきがかすかに聴こえてきた。


しばらく走り続けていると、河原の所で彼の姿を目で捉えることができた。いつもより歩幅が小さく、心なしか落ち込んでいるようにみえる。
「ハァハァ、ジ、ジュン!!」
「……何だよ」
彼はこちらを見ずに返事をした。
「翠星石は、えっと、その……
ごめんなさい!!」

自分でも嫌になるくらい下手な謝罪だったのだが、彼はゆっくりとこちらに振り向いてくれた。
「別にいいよ……悪かったな、出来損ないを渡しちゃって。
自分でも分かってたんだ、ちゃんとしたものを買った方がいいって。
ハハ、ほんとばかみた「うれしかったです!!」い、え……」
思わず彼の言葉に割って入ってしまった。これ以上自分を乏しめるようなことを言って欲しくなかった。
「出来損ないなんかじゃねぇです。こんなに丁寧に仕上がってるのを見れば、ジュンがどれほど手間暇かけてくれたのかわかるです。
だから、ジュンが私の為に編んでくれたって分かって……本当にうれしかったです」
私は自分の本心を余すところなく述べて、彼の言葉を待った。

「そっか。そう言ってもらえると……すごく、うれしい。ありがとう、翠星石」
彼は、私の一番好きな顔、とても優しい微笑みを浮かべて言った。

まずい、心臓が早鐘をあげ、頬に血が集まってきているようだ。

「べ、別にお礼を言われる筋合いは……ってお礼を言うのはこっちの方です!!」
まだ彼にお礼の言葉を言っていない事を思い出した。
「そういえばまだお礼を聞かせてもらってなかったなぁ。
ほれほれ、誠心誠意込めて僕に謝辞を述べろ」
(このドチビ……さっきまでしょげ返ってたかと思うと、こちらが下手に出ればすぐに調子に乗りやがるです。
あぁ、このままお礼を言うなんて癪ですぅ。一体どうすれば……あっ!!)
ここである名案を閃いた。
「嫌です」
「何ぃ!?」
「まぁ、このマフラーもまぁまぁの出来ですけど、おめぇならもっと良いものが作れるはずです。
おめぇが翠星石にお礼を言わせるくらいすごいものを作れるまで、仕方なく翠星石が実験台になってやるです」
言葉の真意を汲み取ってくれたのだろう、彼は笑みを浮かべながら
言った。
「あ~あ、こんな性悪に作ってあげたくないなぁ。
そうだ、蒼星石に作ってあげようか。あいつならちゃんとお礼も言ってくれるだろうし」
彼は時に非常に意地悪なことを言ってくるのだ。

そこからいつものように他愛のない口喧嘩が始まり、お互い疲れるまで罵りあった。


辺りは既に夕闇に包まれ、私達はそろって河原の草っぱに横たわっていた。
周りの静かな雰囲気に合わせるかの如く、私達の間にも沈黙が訪れていた。


「……ジュン」
「ん」
「……ありがとうです」
「うん」
「これからも……私の為に作ってくれますか?」
「今のところ、お前以外に作ってやる予定はないな」
「ふふ、今とは言わず、これからもずっとJUN BRANDは翠星石だけのものですよ?」
私が持てる限りの笑顔でそう言うと、彼は少し照れたように
あぁ、
と言ってくれた。


fin

|