※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

暴動、ついに終結

・・・・・・・・・・・・・・

12月24日をもって、多数の死傷者を出したテロ組織“ローザミスティカ”による暴動は鎮圧された。

・・・・・・・・・・・・・・

この暴動は世界数ヵ国の軍事的支援、もしくは軍への離反があったと思われる。

・・・・・・・・・・・・・・

また、このテロ組織“ローザミスティカ”のリーダーは誰であるのか、未だに不明であり、
捕らえた犯人達も一向に口を閉ざし、言うにしても、「あの方は決して死なない」などのみであり、
謎は深まるばかりだ。
専門家はこの組織を一種、宗教的であったと見ている。

・・・・・・・・・・・・・・

(2012年12月25日付け 朝刊より一部抜粋)

DIABOROS 第四話 「Ash」

なんで今僕は、強盗に出くわしているのだろう。
なんで今僕は、銃を突き付けられているのだろう。
なんだ…この状態…。


最初に返って考え直してみよう。

ちょっとした寒気を感じながら、コンビニへ到着。
早速立ち読みを開始した。
今回の新連載は微妙だなぁ、とか、お、段々と面白くなってきたな、なんて思いながら読んでいると、視界の片隅に真っ黒な人間が。
黒と言えば水銀燈だよな、と思うわけでもなく立ち読みを続けていると、
「金を出せ!」という怒号が聞こえた。
流石の僕もそっちを見ると、その黒づくめは店員に銃を向けていた。

この時、僕には現実感なんてなかった。
少し東へ行けば、国境付近は大変なことになっているというのに。
きっと、その事実は知ってはいても、やっぱり他人事だったのだろう。
だから、僕には目の前の出来事に現実感を失った。



僕の後ろから、上から、右から左から、僕の外側からそれを見ている気分。

銃を向けている男。

固まる店員。

苛立ちが募ったのか、レジへと押し入り、金を奪う男。

その時、外でパトカーのサイレンが鳴った。

見ると一台だけだが、そこにあった。おそらく巡回中に見つけたのかも知れない。

慌てて逃げようとするが、サイレンに阻まれ、入口で止まる男。

それを見ている僕。

そして、男は一番近くにいた人間を人質に取った。
僕だ。
この時の押し付けられた冷たい銃の感覚で、熱病の中から戻り、ここに足を付けた。

よくこんな状況のことを男の子なら、妄想しちゃうけど、いざとなったらあんなの無理だね。
だって、足がガクガク震えて、立っているのがやっとだし。

強盗事件から立てこもり事件へと変わってから約30分、ついに強盗は動いた。

「そこをどけ!じゃねぇとこいつ殺すぞ!すぐだ!失せろ!」



あぁ、もうすぐ僕は死ぬのかなぁ、短い人生だったな。とか思いに浸る。
走馬灯まで見えてきた。
今までの思い出。楽しかったこと、悲しかったこと、全部。

巴ちゃんと遊んだ。ケンカした。仲直りした。
引っ越した。その先で馴染めず辛かった。のりが、高校に受かった。
旅行へ行った。地獄を見た。

いや、違う。あれは夢だ。幻だ。左肩の火傷は、そう、昔火遊びして作ったんだ。
違う。ちがう。

あしもとがぐらぐらする。

あたまがいたい。

頭の中をいろいろな思いが駆け巡っていると、
一人の若い男が、
「すみません。男の子を人質にするのはどうかと思いますよ。
そのくらいの年齢だったら体力もあり余ってますし」
なんて言いながら出てきた。
強盗は、
「うるせぇ!なんなんだお前は!」
と叫びながら、僕からその人へ銃を向け、

パン。

乾いた銃声。全てがスローモーションで見えた。
でも硝煙が昇っているのは強盗の銃からじゃない。

離れたところにいる、警官のからだ。

ドサッ

強盗はゆっくりと倒れ、痙攣している。

この時、僕は初めて人が撃たれた所を記憶した。


DIABOROS 第四話「Ash」 了

|