※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日曜日の商店街にて――

「お! 薔薇水晶じゃないか。一人で買い物か?」
「そう言うジュンこそ……いつもみたいに取り巻き……引き連れてないのね」
「よしてくれ。学校じゃ、あいつらが勝手に、僕に付きまとってくるだけだよ。
 休日ぐらいはウルサイのに邪魔されず、のんびり過ごしたいもんだ」
「……ふぅん? じゃあ……ふふっ、今日は私が、貴方を独り占めできる日だね」
「おい。そりゃ、話が飛躍しすぎてないか」
「たまには良いじゃない。ね、お買い物……付き合って。
 ウルサイのが嫌なら、静かに……いい子にしてるから。
 ダメなんて言ったら……泣いちゃうよ?」
「ほほーぅ。じゃあ、ダ――」
「……くっ」
「おい、待て待て。なんで顔を伏せる。ホントに泣く気か」
「だって……ジュンが…………意地悪するんだもん」
「――ったく。ただの冗談だってのに、これじゃあ僕が悪者じゃないか。
 しょーがないな。分かった。付き合うから」
「……ホント?」
「ああ、本当だよ。だから、こんな人の多い所で泣き出さないでくれ」


いつでも都合よく出せる女の涙は卑怯だ! とは決して言えないジュンなのでした。


もっとも、薔薇水晶の頼みなら、なんでも聞いてあげるつもりでしたが―― 


買い物の途中にて――

「――あ、そう言えばさ。昨日の夜、12chの旅番組を見てたんだ。
 夫婦で民話の里を巡るってヤツ」
「……夫婦で?」
「おい。何故そこで頬を染める……。ま、気にせず話を続けるけど。
 その番組で、座敷わらしの出る宿が紹介されてたんだ。予約は数年待ちだってさ。
 しかも、その部屋『槐の間』って言うんだぜ。
 お前のオヤジさんと同じ名前だな――って、どうしたんだ? 強張った顔して」
「……遂に……秘密がバレてしまった」
「なんだよ、急に怖い声で。秘密って、なんだ?」
「ここだけの話…………あの宿に出るワラシ様は、お父さまの作ったお人形。
 『開運なんでも望み叶えたるわコンチクショーですぅ』人形……略して、座敷ワラシ」
「どこをどう略せば、そうなるんだよっ!」
「……姉妹ドールとして……『発毛と育毛の歓びアナタに届け・お菊ちゃん』とか、
 『いつでもどこでも携帯テレホンガール・メリーちゃん』がある」
「うっわぁ。なんか、どっかで聞いたことある名前ばっかりだな」
「お父さまは、伝説を作る男…………ステキ♪」


都市伝説ばかりじゃ、しょーがないけどな! とは決して言えないジュンなのでした。


そんな父親を慕い続ける素直な薔薇水晶が、大好きだってことも―― 

暮れなずむ町の帰り道にて――

「ジュン…………今日は……その」
「ん?」
「ありがとね。お買い物……付き合ってくれて」
「――いいさ、別に。どうせ、目当てもなくブラついてただけだし」
「……」
「なんだよ。僕の顔、じーっと見て。なにか付いてるか?」
「眉毛……目と鼻と口……それと、メガネ」
「はいはい。真面目に聞いた僕がバカだったよ」
「……」
「またかよ。なんだって言うんだ、いったい」
「ごめんなさい。こんな風に、ジュンの横顔を近くで眺めるコト……なかったから」
「そっか。いつもなら真紅たちが周りにいるから、二人っきりって珍しいシチュだよな」
「うん。それで、つい……買い物の最中も、貴方だけ……見つめてた」
「……バカ。恥ずかしいこと、言ってんじゃねーよ」
「迷惑だった?」
「し、知るかよ」
「ふふ。じゃあ、迷惑ついでに……」
「ん!? お、お前っ、今なにした――」
「じゃ……また学校でねっ。……さよなら!」


おずおずと頬をくすぐった少女の吐息と唇は、初々しいまでの柔らかさで――
これからも、ずっと僕だけ見つめてくれよ! とは決して言えないジュンなのでした。

夕闇の中へ溶けてゆく女の子の背中を見送りながら、ふと、少年は思う。
こんなにも躍る心で、早く学校に行きたいと願ったのは、何年ぶりだろうか――と。




「…………」
「むにゃむにゃ……」

眠れない。
突然何を言い出すかって?
僕の隣の少女を見れば、分かってくれるか?
眠れない僕をよそに、可愛らしい寝顔で眠っている。
少し無表情な普段と比べて、幸せそうに。
何故か着けている左目の眼帯も、今は外している。
まぁ…寝てるんだから、当たり前なのかもしれないが。

「んー……ジュ…ン……好きぃ……」

寝言か?
さりげに嬉しい事を言ってくれた。
そして、胸の奥が暖かくなった。

「僕も好きだよ。薔薇水晶…」

眠り姫を起こさない様に、その柔らかな頬に口付けを。 

 

 


 

 

ジ「僕って枕が変わるとどうも寝つきが悪くてさぁ…」
蒼「わかるわかる。僕もそうなんだ。」

薔「私も…アヒルちゃんがないとお風呂が寂しい…。」
ジ・蒼「…」

薔「あと…シャンプーハットがないと…髪が洗えない……。」
ジ・蒼「(゜Д゜)」

薔「…え、違う?…ちょっ…こっち見ないで……。」




時事ネタ保守

「あら?薔薇水晶?怖い顔して何処へ行くの?」
「…」
「私を無視するとは良い度胸なのだわ…ちょっと!こっちを向きな…」

バキュゥゥン!

「ひ、ひぃぃぃぃ!」ジョワァァ

ジャキィン

「…黙れ…私の邪魔を…するな…」スタスタ
「…真紅、大丈夫ぅ…?」
「…な、何があったと言うのよ…」
「さっきニュースでシュウマイの表記でミスがあって、自主回収あったんですってぇ。で、夕飯にシュウマイが食べれなくなったから殴り込みに行くそうよぉ…」
「…水銀燈…」
「…わかってる。漏らした事は秘密にするわぁ…」


「焼売…シュウマイ…シュウマイ…しゅうまい…!」


無性に焼売食べたくなったよ保守

 

 


 


ジ「寒かった。」

薔「・・・?なにが…?」

ジ「シャワーが冷たくなってきたなって思ってたら、頭にシャンプー付けた時点で完全な水になった。泡立たなくて、仕方ないから給湯器のとこまでたらいを持っていったよ」

薔「ふり●んシャンプー姿…見たかった…」ボソッ

ジ「?」

まじで寒かった保守。

 

 


 


幼稚園時代・・・

先生「真紅ちゃん、雛ちゃん、さようなら。」
真紅「しょうならなのだわ。」
雛「せんせーばいばいなの~。」

先生「ばらしーちゃんもまたね?」
薔薇「・・・・・・アリーヴェ・デルチ(さよならだ。)・・・・。」
先生「・・・」

 

 


 


「……好き……嫌い……好き……嫌い……好き……き…………」

ブチッ

「……嫌い……好き……♪32回目も……好きだった…♪」

「ば、薔薇水晶!!花びらの一枚を二枚にするのは止めるですぅ!!つか何十回花占いする気ですかぁ!?」

 

 




> 水銀燈×蒼星石3の5つめ(yuriyuri注意)
やべ、これはおっk(ry

このエロパロギリギリさは、薔薇水晶に裸のジュンを投げてやるかのようだ

実際にやってみた…

ジ「むぐー!むぐー!(止めろー!離せー!)」
薔「ハァハァハァハァ…(´Д`)」

そーれ。
ぽいっ

ジ「むぐぅうううっ!!(嫌ぁああああああ!!)」
薔「ハァーー(#´Д`)ーン!!」


正直スマソ。

 

 




ジ「・・・!!!!   ッー!(声にならない悲鳴)」
薔「・・・ふ・・・ふふ・・・」
ゴ ゴ ゴ ゴ ゴ
 ゴ ゴ ゴ ゴ
薔「覚悟して・・・ うふふ・・・」


ジ「ーーーーーーーーーーーーーーーッ!」


銀「・・・今何かきこえなかったぁ?」
蒼「・・・さぁ、気のせいじゃないですか」

怖いよ 怖い

 

 





薔「雪だね」
ジ「雪だな」
薔「こうふかふかの雪っていいよね」
ジ「ああ」
薔「・・・・・飛び込みたい」ウズウズ
ジ「・・・・・」
薔「大の字になって思いっきり飛び込みたい、そうは思わないかねジュンジュン」
ジ「正直その気持ちはわかる」
薔「雪に埋まったりすると結構あったかいんだよねー」
ジ「かまくらの中とかも暖かいからな」
薔「何で暖かいんだろうね」
ジ「さぁ」
薔「でもあんなにあったかいなら全裸でもきっと大丈夫だと思うよ」
ジ「『思うよ』と言われてもな」
薔「だから・・・・ね?」ニコッ
ジ「何が『ね?』だ」
薔「そこをなんとか」
ジ「・・・・・・」ドン
薔「うわぁ!」モフッ
ジ「このまま埋めておこう」ザックザック
薔「な・・・・なにするだァー」
ジ「・・・・・久しぶりに全力を出した。完璧主義の僕としては顔だけ出してるのが納得いかないがそこは仕方ないか」
薔「なんという雪だるまな私・・・・でもやっぱり結構あったかいよ!出てる顔が寒いけど」
ジ「そうか・・・・・寒いならしょうがないな・・・寒いなら・・・・本人の希望だしな・・・・そうだな・・・・うんきっとそうだ・・・」ザクッ
薔「埋められちゃう!私完全に埋められちゃう!」ドキドキ 

 

 





シャンプー中にだるまさんが転んだって言葉を思い出しちゃいけないよ…?

子供の霊が寄ってくるから…。
水場はそういうのが集まりやすいし、ほら…シャンプーって後ろから見るとだるまさんが転んだに見えるでしょ…?

だから……後ろ、振り向いちゃ駄目だよ……?


ジ「くっそぅ…薔薇水晶の奴気味悪い話聞かせやがって!おかげで髪が洗い辛いじゃないかよ…
ま、所詮単なる噂だし、気にすることでもないか。」

ジャブジャブ…

ジ「ふんふ~ん♪……痛ぅっ!目に入っちまった!!」

ーーシャッ…

ジ「……ん?」

ーーピシャッ…

ジ「!!」 

いる…誰かがすぐ後ろに……

ジ(う…嘘…マジかよ!?)

ーーハァ…ハァァ…

ジ(!!?)

振り向いちゃ…駄目だよ…?

ジュンの脳裏をそのセリフがぐるぐると回る…

ジ(見ちゃ駄目だ、見ちゃ駄目だ、見ちゃ駄目だ、見ちゃ駄目だ……!!)

ミテ…コッチ…ミテ… 

ジ(い…今の声………まさか!!)

ジュンはとっさに後ろを振り向いてしまった。
するとそこには…


薔「見てぇええ!私を見てぇええええッ!!」ハァハァ
何故か全裸で仁王立ちをする薔薇水晶の姿があった…。

ジ「まぁ予想はついたけど…何やってんだ?薔薇水晶。」
薔「むぅ…反応薄いなぁ……せっかくサプライズ企画『突撃!隣の入浴タイム』を敢行したのに……」
ジ「お前んちとは隣でもなんでもない。
通報されたくなきゃとっとと帰れ、そして服を着ろ。」
薔「ぶー、ジュンのあほー、EDー…覚えてろー……。」ガチャ…バタン。

ジ「まさかあいつ、わざわざこのためにあの話をしたのかよ……はぁ、あの暇人め。」


ちゃんちゃん。

|