※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
皆様今晩は。
今宵はハロウィンで御座います。
所でハロウィンにはつきもの南瓜の飾り、ジャックランタン。
アレにはどのような意味が在るか御存知でしょうか?
おや、知らないのですか?
御用心、御用心。
全ての物に意味は存在するのですから。
では参りましょう。


「全く。あのジャックランタンって奴は薄気味悪いです!」

学校の帰り道、今日のハロウィンパーティーで話が盛り上がっている最中、翠星石が突然そんな事を言い出した。


「あれが怖いのぉ?」
「あら、お化けが苦手なんですの?」

水銀燈と雪華綺晶が返すが、突然で何の事なんだかわからずにいると真紅が溜め息をついた。

「ジュン、ハロウィンで飾るカボチャのお化けの事よ。」

…なる程。
あれはジャックランタンっていうのか。
気味が悪いと言えばそうかも知れないが…

「大体、あんなの商店街の入り口に置くなんて訳わかんねぇですよ!」

ああ、あれの事か。
今年は商店街が『ハロウィンセール』とかいって、目玉にとんでもなくデカいカボチャで作ったのが入り口に鎮座している。
夜になると中の灯りのせいでかなり不気味な気はするけど。
そうこうしているうちに巨大カボチャが見えてきた。

「気味悪いと言われれば…確かにそうかもねぇ。」
「不細工なのだわ。もっとまともに作れなかったのかしら。」
「食べれないカボチャなど興味ありませんわ。」

みんな散々な言いようだ。
これはこれで悪くはないと思うんだけどな。
僕の呟きを聞いた翠星石が何故だか激昂してカボチャを蹴飛ばした。

「これが良いなんて趣味悪すぎですぅ!」

おいおい…
翠星石の蹴飛ばした所が砕けて穴が開いてしまった…

「やべぇです!こんな下らないもんのせいで説教なんざ受けたかねぇです!」
「同感だわぁ。とっとと行きましょう。」

逃げ足早いなぁ…
このままにしておく訳にもいかないし、欠片を集め組み合わせて穴にはめ込んでおくことにした。
カボチャの顔が妙に恨めしそうに見えたので一応謝っておく。

「悪かったな、穴開けちゃって。」

む…
僕は何やってるんだ?
カボチャに謝るだなんて、変だな。
苦笑いをするとさっさと逃げ出したあいつらを追っかけて走り出した。

さて、そろそろかな。
きらきーの家に着くと、早速衣装部屋に押し込まれる。
ラプラスさんが見立ててくれたんだけど…
リビングに行くと既にみんなが集まっていた。

「…うわ。もしかして…」
「もしかしなくてもあれねぇ…」

やっぱり不評か…

「背の低いフランケンは酷いもんですねぇ…」

しみじみ言うな翠星石。
自分でもどうかと思ってるんだから。
ちなみに水銀燈は羽根に尻尾の小悪魔風。
真紅は赤いドレスにとんがり帽子って…まあ魔女って事だろう。
翠星石は黒ずくめにフードで大鎌…死神だな。
一番奇抜なのが雪華綺晶で包帯グルグル巻きのミイラ男ならぬミイラ女だ。
そのまま盛り上がりあっという間に時間は過ぎていった。

「ほぉら、大人しくいたずらされなさぁい。」
「ジュン紅茶を淹れて。」
「長生きしたかったらもっとかまうです。」
「実は包帯の下には何も…」

何時もとあんまり変わらない上に、ラプラスさんのワインのせいでより酷くなってるよ… 
 
 
ゴーン、ゴーン、ゴーン…
何時の間にやらもう11時過ぎか…
ラプラスさんも戸締まりした後、離れに行って寝てしまった。
そろそろお開きかな、そう思った時だった。

「…あら?」

窓辺で風に当たり酔いを覚ましていた真紅が急に声を上げた。

「妙ね。街灯が段々消えていくわ…」
「真紅ったらまだ酔ってるのぉ?……あら?本当ねぇ…」

雪華綺晶のお屋敷は住宅街の奥まった所にあり、他の家と少し距離をとった袋小路の突き当たりだ。
街灯は暗闇がこの屋敷を目指すかのように消えていく。

「きっと故障です。」

そう言い切る翠星石の顔も心なしか引きつっている。
やがて屋敷の前の街灯も消えて真っ暗闇になってしまった。
暗闇に目を凝らそうとした時、何の前触れも無く部屋の灯りが消えた。

「ひゃっ!」「きゃあ!」
「うわぁ!」「いやぁ!」

4人とも急に灯り消えたので思わず悲鳴を上げたが落ち着いた雪華綺晶の声で我を取り戻した。

「すみません、どうやら停電のようですわ。さっきの街灯からすると、工事か何かで順次止めていったのでしょう。」
「そうみたいねぇ。今夜は帰るのも面倒だし、このまま泊めてもら…」

話していた水銀燈が急に窓の方を見て黙り込んだ。
釣られてそっちに目をやると、屋敷に続く道路のずっと向こうに灯りが見える。
よく目を凝らして見ると灯りは徐々に大きくなってくる。

「な…何ですの…アレ…?」

包帯と眼帯で左目以外覆われいるので表情はわからないが、雪華綺晶は明らかに怯えている。
一体何が見え……見えた。
暗闇の中を『顔』がこっちに向かってきている。
 
 

|