※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

《背中合わせ》

私は今日、失恋をした。
その事実に気づいた時、まず訪れたのは笑いたくなる衝動。
自分でも可笑しな話だと思う。
だけど、実際には、私は彼と、彼の傍にいる彼女に曖昧に微笑む事しかできなかった。

私は今日、初めて恋していた事を知った。
彼らに歪に微笑みかける自分を、冷めた自身が見つめている。
その笑みが歪な訳がない―己の表情程度、幾らでも操れる。
だから、それを歪と感じたのは、心と体が一致していない事を悟ってしまったから。

私は今日、初めての恋が、失恋に終わった事を知った。
終わるまで自覚していなかった想いを、失恋と謳えるのだろうか。
誰もいない夕闇が落ちた公園で、温かい缶の紅茶を飲みながら、ぼぅっと考える。
どうでもい事を考えていないと、どうにもならない感情に飲み込まれてしまう。

馬鹿らしい思索に耽っていると、背後に人の気配を感じた。
無遠慮なその気配の持ち主は、私が何事か発する前に、背後に腰を下ろす。
気配の主に注意しようと振り返りそうになるが―その無遠慮さと合わさった髪とで、
「誰か」という最大の懸念が予想できたので、放っておく。

「―なぁに、感傷に浸ってるのよぉ。似合わなぁい」
「うるさいのだわ。―これ位の事、放っておいて頂戴」
「放っておけないわよぉ。貴女が逃げ帰った後、あの二人に言い訳するのに必死だったんだからぁ」
「ほんとに無遠慮…。言葉に容赦がないわね」

顔を合わせないままで、軽口を叩き合う。
確かに、二人の前に彼女を置き去りにしたのは謝罪の余地があったが、今のやり取りで消失した。
もっとも、と口を開きながら、別の事を考える。
彼女は謝罪なんか求めていないだろうが、と。

「でぇ、なんでまた、こんな所にいるのよ?」
「別に。―ただ、なんとなく、足が向いたのよ」
「ふぅん、………嘘ばっかり」
「……理由に思い当たるんなら、端から聞かないで頂戴」

想像上、嘲るような表情で言ってのける彼女に、毒づいた言葉を返す。
―此処は、私と彼の思い出の場所。
劇的な事があった訳ではない…ただ、よく一緒に遊んだ場所というだけ。
だけど、その事実だけで、私にとって掛け替えのない所となっている。

「―ともかく。戯言を続けるつもりなら帰って頂戴。私は――」
「――1人であまぁい思い出に浸って、めそめそするから?つまんなぁい…」
「――すいぎん―っ!」
「――私も、混ぜなさいよぉ」

上半身を回して振り返るつもりだったが、私よりも背の高い彼女がもたれ掛かってきたので、
勢いが削がれる。
―あぁ、そうか。
私は、漸く、この無遠慮な悪友の真意に気づいた―彼女の、微かに震える声を聞いて。

「――いつから?因みに、私は………随分前からだと思うわ」
「曖昧ねぇ。私なんて、今にして思えば、一目惚れだった気がするわぁ」
「その割には、アプローチが足りてないんじゃない?」
「その通りだと思うけど、貴女にだけは言われたくないわねぇ」

振り向く事なく、言葉だけをやり取りし合う。
私も彼女も、今の自分の顔は見られたくないし、互いに見たいとも思わない。
―誰が見たがると言うのだ。
親愛なる友人の泣き顔など。

「そう言えば、確か一年前、三人で勉強会した時の事、覚えているかしら?」
「んー、実力テストの時?―あぁ、彼の家にお招きされたのよねぇ」
「そうそう。―私は、私だけが呼ばれてると思って、結構めかしこんだんだけど…」
「ぷ、あはは、やっぱりそうだったんだぁ。――私もよぉ」

思い出は尽きない。
代わる代わる、私と彼女は「そう言えば」と話を切り出す。
その度に、当時の自らを振り返り、けらけらと笑いあう。
――頬に、涙を伝わらせながら。

「初恋は実らないって、本当だったのね」
「そんなの、実らせる努力をしなかった昔の負け犬のいい訳よぉ」
「……言ってて、胸が痛くない?」
「……今のは結構ずきずききたわぁ……」

過ぎ去った、甘く楽しい思い出を語り。
目の前にある、苦く切ない現実を迎え入れよう。
相変わらず、一つのベンチで背中合わせの私と彼女は、
笑いながら泣きながら、そう思った。

(nのフィールド@休憩所・緊急投下用スレ>>251、及び本スレ【君の為に】【歌う】>>364に
イメージイラストを頂いております(後者は前者の転載)。
感謝!)

|