※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

  『夢うつつ』
  
穏やかに晴れ渡る、春の空の下……。

薔薇水晶は自宅の窓辺に敷き詰めた布団の上で、黒猫と共に昼寝をしていた。
閉め切った窓から射し込む温かな陽光が、微睡みを深い眠りへと誘う。
なんて心地いいんだろう。
眠気に誘われるまま、薔薇水晶の意識は薄れていった。


 銀「まったくぅ……待ち合わせの時間になっても来ないと思ったら」

その幸せそうな寝顔を眺めながら、水銀燈は微笑んだ。
春休みも今日で終わり。
みんなと待ち合わせて、目一杯、羽を伸ばす予定だったのに。

もう、間に合わないなぁ――
水銀燈は携帯を取り出すと、真紅に電話をかけた。

 銀「あ、真紅ぅ……ええ……それが、お昼寝中なのよぅ。そう……ごめんねぇ」

通話を切って、水銀燈は薔薇水晶の隣に、腰を降ろした。
降り注ぐ日射しを浴びていると、なるほど、確かに心地よい。

 銀「ふぅん? ちょっと、横になってみようかしらぁ♪」

悪戯っぽく微笑み、薔薇水晶と背中合わせに横たわる。
バランスを崩して身体がぶつかると、薔薇水晶は微かに呻いて身じろぎした。

 銀(やっばぁ……起こしちゃったかしらぁ?)

水銀燈の心配をよそに、再び健やかな寝息を立てる薔薇水晶。
よかった……目を覚ます気配はない。
水銀燈は安堵の息を吐いて、静かに瞼を閉じた。

 銀「ふぁ~。なんだか……眠い……」

昨夜は宿題を片付けるために、すっかり夜更かしていた。
気が緩んだ途端、眠気が一気に押し寄せてきたらしい。
睡魔の甘い誘惑に抗いきれず、水銀燈の心は、夢の世界へと墜ちていった。


 執「おやおや、お嬢様たち。こんな所で寝ていたら、風邪をひきますぞ」

たまたま通りがかった初老の執事が声を掛けたが、二人は目覚めない。
春眠、暁を覚えず……というヤツだろう。
執事は「仕方ありませんね」と呟くと、毛布を持ってきて、二人に掛けてあげた。

 執「とても、疲れておいでなのですね。今は、ゆっくりとお休みなさい。
   明日から、また……お嬢様たちの忙しない日常が始まるのですから」

日溜まりで昼寝を楽しむ彼女達に優しい眼差しを向けて、執事は慈愛に満ちた微笑みを浮かべた。

これからも、薔薇乙女たちに更なる幸せが訪れんことを――

  ~終わり~



薔薇「銀ちゃんすごぉい・・・」

薔薇「あんなにいやらしく曲がって・・・すごくはやい・・・」

薔薇「あぁ・・・またはいっちゃう!つきささるうううううう!」



ゴール!
実況「薔薇学が誇るストライカー水銀燈がまたハットトリックー!」

銀「うふふ。私の左脚は魔法の杖よぉ~♪」

薔薇「魔法少女銀ちゃん・・・萌え~♪」




サッカー観戦

私、水銀燈は蒼星石がサッカーの代表で試合をするとかで、
誰かさんが応援にきやがれですぅとうるさかったので見に来ている。
嫌々のように感じられるかもしれないけどそれなりに楽しんでいるわぁ。

「蒼星石すごいわねぇ・・・」
「・・・・・・」

「ほらみて。この雑誌に"蒼星石は女子サッカー界最高の司令塔、男性選手と比較しても
失わない輝きを持っている"ですってぇ」

「ふーん・・・」

「"またその美貌により多数のファンがついており日本女子サッカーをメジャーにする立役者"かぁ」

事実スタンドは日本の、というより蒼星石のサポーターが多く見受けられ、彼女がボールを持つたびに
黄色い声援を送っていた。

キャー!!
蒼星石が高難易度かつ美しいフェイントでディフェンスを置き去りにした。

「すごいわぁ、あれエロシコよねぇ」
「それを言うならエラシコだよ・・・」

そして次の瞬間、今日一番の完成がスタジアムを揺らした―
蒼星石がディフェンスラインを完全に崩壊させ、相手GKにフェイントをいれる余裕をみせてのゴール。

すごくかっこいい。これはファンが沢山できるのも仕方がないと思う。

「あらぁ、私もほれちゃいそ・・・」
感想を述べている途中にほおに激痛が。

ぎゅー!!

薔薇水晶があらん限りの力をこめて私のほっぺをつねっていた。
「ちょ!!いはいいはい!!ほおがおひる!おいしくない意味でほおがおひるうううう!!」

「そうやって蒼星石の話ばっかりして・・・私を怒らせていじめてほしかったんだよね?
 ほんとは銀ちゃんがMだってことちゃあんと知ってるんだから・・・」

「ぎゃああああああちぎれるうう!死ぬ!死んじゃう!
 まま!今まで育ててくれてありがとうございました!先立つ不幸を―」

真っ赤になるほどつねられたあとやっと解放された。
「あのこに変な冗談を言ってるといつかまじで殺されるわぁ・・・」
本気でびびった水銀燈。
薔薇水晶のほうは
「私からは逃げられないよ・・・♪」
と、とても上機嫌だった。

試合のほうは蒼星石の大活躍により、見事他国との親善試合に勝利したという。

―了―




薔薇水晶が学校が珍しく学校を休んだため、プリントを届けに彼女の自宅まで来たのだが
チャイムをならしてもでてくる気配はない。
ヴヴヴヴ・・・

from薔薇すぃー
本文
ちょっと外でれないから部屋まで来て!

(なんなのよ、まったくぅ)

悪態をつきつつも彼女の部屋のドアをノックする。
「はいるわよぉ」

ガチャ

「いらっしゃぁい・・・アルヨ」
「・・・裸エプロンの次はチャイナドレスってわけねぇ・・・」
「私と学校で会えなくて寂しいって気持ちにおまけをプラスしてみました・・・アル」
「・・・あんたそんな格好ばっかしてるから風邪ひくのよぉ・・・」
「だって喜んでくれると思って・・・アル」
「体壊されちゃ喜べないわぁ。あとアルっての中国人は使わないから」
「ショボーン・・・」

その後しっかり暖かい格好をさせ、
お手製のおかゆを食べさせるなど看病の甲斐あってか翌日は元気に登校できましたとさ。

後日。
「私もこの格好しなくちゃいけないのぉ?」
「おそろい・・・♪」
パシャ
どうしてもとせがまれてチャイナドレスを一緒に着て写真をとった水銀燈。
彼女は薔薇水晶の無邪気に喜ぶ笑顔をみてまあいいかなと思っていたが、
後日ゆすりネタにされて後悔することにまだ気がついてはいない。
「フッフッフ・・・銀ちゃんモエス」

―了―




薔「もすかうもすかう」
銀「夢見るアンディさん」
薔「おっさんですかシャアですか」
銀「あっはhh・・・って何をいわせるのぉ!」
薔「・・・ナイスノリツッコミ」



ちゃんちゃん




いつもの駅を降りるとたい焼き屋がある。
薔薇水晶「・・・・・」
たい焼き屋はいつも甘い匂いを飛ばし、食欲を掻き立たせてくる。
薔「(どうしよう・・・・食べたいけど・・・今月はもうお金少ないし・・・・)」
薔薇水晶は大いに悩んでいた。
薔「(・・・そうだ!おサイフに・・・100円玉が・・・あったら買おう・・・)」
運命の瞬間・・・・・薔薇水晶は一気に小銭入れを開けた。
薔「う・・・・・」
中には10円玉が二枚、50円玉が一枚入っているだけだった。
薔「う・・ううぅ~・・・・・・・」
水銀燈「あ!こんなところで何やってるのぉ?ほぉら、早く行きましょう・・・・って、何で一人で歩かないのよぉ?」
薔「ううぅううぅ~~・・・・・・・・・・」
ズルズルズル・・・・・




銀湯

学校ではクールな一匹狼で通っている水銀燈。

男「あ、あのっ!これ僕の気持ちですっ!受け取ってください!!」
水銀燈「はぁ?私がそんなもの受け取るわけないでしょぉ・・・」
男「あっ!水銀燈さん!行かないで!!
  うう・・行ってしまった・・・でも去る姿も美しい!!」

女「ねぇ、水銀燈さん!一緒にお昼ご飯食べましょっ!」
銀「あらぁ、ごめんなさぁい。私ちょっと用があるのぉ」
女「フラれちゃった・・・・でもそんな水銀燈さんが好きっ!!」

水銀燈もキャラを作っているわけでなく、一匹狼な性格は自然体だったので
その人気は尋常では無かった。
ただ単にマゾが多いだけかもしれないが。
そんな水銀燈には毎晩楽しみがあった。
それは銭湯だった!

じじい「お嬢ちゃん、また来たねぇ」
銀「うるさいわねぇ・・・気安く話しかけるなといつも言っているでしょう」
じ「まあまあ、この時間帯に来るのはお嬢ちゃんだけだからさみしいんじゃ。
  この事を秘密にしてやってるんじゃ。少しくらい話しても・・・」
ピシャッ、と水銀燈が引き戸を閉めた。


銀「・・・・・・・ふふ・・うふふっ♪」
自然と笑みがこぼれる。
服をポイポイと脱ぎ散らかす。
ガラッ
ドタドタドタ
銀「じゃ~んぷっ♪」
ザブーン
銀「ふぅ・・・・気持ちいいわぁ・・・あのじじい、ちゃんと言いつけを守って42.5℃に
  してあるわねぇ。感心感心♪」
水銀燈は湯船に備え付けてあったビート板を手に取った。
銀「フーフフ~ンフ~ン♪」
ザバザバザバザバ
薔薇水晶「水銀燈・・・銭湯ではあまり泳がない方がいい・・・・」
銀「うるさいわねぇ・・・・誰も居ないんだからいい・・・ってきゃあ!!」
薔「・・・・・・・・・」
銀「・・・・・・・・・・・」
薔「・・・・・・・・・・・・・・」
銀「・・・・・・あ・・・あのさ・・・・・」
薔「・・・・何?」
銀「今のこと・・・・・秘密にしておいて・・・・くれないかしら・・・・・・?」
薔「どうして・・・?」
銀「どうしてって・・・その・・・は、恥ずかしいから・・・・・・」
薔「・・・そうね・・・・明日・・・学校をサボって・・・・・買い物に付き合ってくれたら
  秘密にしてあげる・・・・・」



薔「過疎ッてる…」
銀「今は平日の昼間よぉ、仕方ないわぁ」
薔「…みんな、…仕事、勉強、忙しい…」
銀「そうよぉ」
薔「…私たちは?」
銀「!!!!」
薔「ふふっ…、ニートね…銀ちゃん」
銀「ちっ、ちがうわぁ!私は卒業して、大学始まるまで暇なのよ!」
薔「…無理しちゃって、素直じゃないなぁ。そういう銀ちゃんも、す・て・き(はぁと」
銀「違うって言ってるでしょぉ!!!」


銀「今日もいい天気ねぇ・・・」

平和なそよ風が水銀燈と薔薇水晶のそばを通っていく。

昼休み、屋上で二人きり。別段何をするでもなく過ごす空間。

ふと水銀燈の肩に心地良い重みが生じる。そよ風とともに薔薇水晶の髪の香りを感じられた。

それから薔薇水晶を膝枕をし、午後の穏やかに注ぐ太陽を味わった。

「ヤクルト飲むぅ?」

「うん♪」

二人でヤクルトを飲む、日課となっていること。

甘い液体が乾きを癒していく。

でもまだ足りない。

「薔薇水晶」

「なぁに?」

ちゅっ

ヤクルトで甘くなった唇がさらに甘さを増す。

「銀ちゃんはいつも急なんだから・・・」

「いいじゃなぁい」

キーンコーンカーンコーン。

予鈴がなる。

「さぁ、授業がんばりましょうかぁ」

「はぁい♪」

甘い時間はいったんおしまい。

いつまでもこの穏やかな時間を大好きな人と過ごせるようよう青空につぶやいた。


―了―


水銀燈は薔薇水晶宅に来ている。
裸エプロン、チャイナドレス・・・薔薇水晶の水銀燈を誘惑しよう作戦は続く。

「わん♪」

「今回は犬耳にもこもこの犬の手足つけて犬娘ってわけねぇ・・・」

前回までのセクシー系とは違った可愛い系による攻めを選択したらしい。

整った綺麗系の顔立ちをしている薔薇水晶、可愛い系とのギャップによる破壊力は抜群だ。

「水銀燈、犬好きかと思って・・・」

「えぇ、そうね。可愛いものはなんでも好きよぉ・・・」

そんなわけで今にも薔薇水晶に襲いかかりそうな水銀燈。
しかしここで襲ってしまうと薔薇水晶に負けた気がしてプライドが許さない。
どうやらプライドが欲望に勝ったようだ。

「ちょ、ちょっと紅茶買ってくるわぁ」
その場にいては欲望の大勝利が目に見えていたのでいったん待避を選択。


「むぅ・・・次こそは銀ちゃんに襲わせてみせる!」
薔薇水晶は悔しそうにいつか必ず勝つと心に誓った。彼女の野望は続く。

終わり。


手をつないでいく学校からの帰り道。
傍からみればただの仲のいい友達同士。
でもほんとは恋人同士。
私と薔薇水晶はそんな関係。

「暖かくなってきたわねぇ」
「桜も綺麗だよ・・・」

そうだ、お花見をしよう。
私はとてもマイペース。思い立ったら即行動するタイプなのだ。
「二人でお花見でもしたいわぁ。ちょっとケーキでも買っていかない?」
「うん♪」
そんな気まぐれな私に快くついて来てくれる薔薇水晶が可愛い。

レアチーズとフルーツタルトを買ってお花見スポットへ行く。
平日ということもあって二人が座れるぐらいのスペースは確保できた。

それからケーキのような甘い時間を過ごす・・・。
二人でくっつきながらケーキを食べさせあったり、薔薇水晶を膝枕しながら桜を眺めたり。

周りから物珍しそうに見られても気にしない。
私には舌足らずでも私のことを嘘偽りなく想ってくれる彼女がいるんだから。

日が沈みあたりが暗くなり始めたときどちらともなく立ち上がり帰路につく。
そして分かれ道。

「じゃあまた明日ねぇ」
「うん、また明日♪」

そして甘いケーキ味のキスをする。明日も二人、幸せでいられますようにと祈りを込めて―
終わり。


銀「せっかくの日曜なのに雨…はぁ…これじゃ、どこも遊びにいけないわねぇ…」
薔「ほんとね…」
銀「……」
薔「……?」
銀「…で、薔薇水晶、なんで貴女が私の家にいるのかしらぁ?」
薔「銀ちゃんの退屈電波を受信したから…遊びに来たの…」
銀「電波なんか出した覚えはないけどぉ…」
薔「そこはどうでもいい…それじゃあオセロしよ?」
銀「……別にすることもないし…いいわよ。でもただオセロするだけじゃつまらないわねぇ…」
薔「じゃあ負けたほうが勝ったほうの言うことを一つ聞くということで…」
銀「いいわよぉ。絶対負けないわぁ!」

(そして…)

銀「盤上が…真っ白……!?」
薔「私の勝ちぃ~♪」
銀「完敗ねぇ。…悔しいけど」
薔「じゃあ約束どおり…」
銀「ええ、わかってるわよ…」

銀(とは言ったものの…この子のことだから何をさせられるか…)

薔「じゃあ…今度から私のこと薔薇しぃーって呼ぶこと!」
銀「…へ?そんなことでいいの?」
薔「うん!」
銀「わかったわぁ薔薇しぃー。…これでいいんでしょぉ?」
薔「えへへへ…」


そんな雨の日のお話


晩御飯。

今日は水銀燈が作るらしく、彼女がキッチンで楽しそうに調理をしている。

料理が好き、というのもあるが好きな人に自分の料理を食べてもらえるという喜びが大きいのだろう。

そんな様子を薔薇水晶も幸せそうに眺めていた。私のために頑張ってくれる人がいる。それだけで嬉しくなるものだ。

しかししばらく立つと退屈になってくる。TVも大好きなアニメを放送する時間ではない。

となるとやることは・・・

「あっ・・・ちょ、ちょっと薔薇水晶。調理中は危ないからだめよぉ」

「だって暇なんだもん」

そう言いながら薔薇水晶は水銀燈を後ろから抱きしめ、彼女の首筋に舌を這わせていく。

お昼休みのお返しらしい。

「ね、薔薇水晶。まずいものができたら嫌でしょう?だから今は我慢してちょうだぁい」

「うー」

嫌々といった感じで水銀燈の後ろから離れる。とても名残惜しそうだ。

「じゃあ今度裸エプロンやってね。パンツと黒ハイソ残して・・・」

「あんたじゃあるまいしできないわぁ・・・」

薔薇水晶はそんなボケともマジともわからないことを言ってリビングのソファーに戻った。

それから水銀燈クッションを抱きしめて寂しさを埋めていた。

(水銀燈もこれぐらい従順だったら・・・クックックッ)

などと危険な妄想をしていたうちに料理ができたようだ。

「はいどうぞ。フランスの家庭料理のポトフよぉ」

ポトフは長時間じっくり煮込む料理のため、薔薇水晶がしびれをきらしてしまうのも仕方ないかもしれない。

しかし愛情がこもったその家庭料理は薔薇水晶の心をも暖めるものだった。

「おいしい・・・」

「ふふ、そういってもらえると作ったかいがあったわぁ」

「ごちそうさまでした」

「お粗末さまでした」

片付けは二人で。特に会話もないが穏やかな静けさ。

さっきまで危ない薔薇水晶だったが、水銀燈の魔法のポトフは彼女の危険思想まで矯正してしまったようだ。

「ね・・・今度ポトフの作り方教えて・・・」

「いいわよぉ。薔薇水晶にご馳走してもらうの楽しみにしてるわぁ」

そうして今日も平和な一日が過ぎていく。

いつまでも仲のいい二人である。

終わり。

|