※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

41:ハロウィンな保守を致―すかしら ―す…

「真紅に水銀燈、雛苺に雪華綺晶、翠星石に蒼星石…ときたら、やっぱり金糸雀と薔薇水晶もー」
「――!い、いい所にいるかしら!ちょっと―」
「―匿って……!迅速に的確に完璧に……!」
「へ?…金糸雀、薔薇水晶……?何をそんなに焦ってんだ?」
「あぁぁぁ、来る来るもう来るすぐに来る……っ」
「ば、薔薇水晶、背中に隠れるかしら!か、カナは貴女の前で隠れるからっ」
「うん、わかった……!―――動いちゃ、駄目……」
「いや、そう言われても……。前からは見えないけど、横からは丸見えなんじゃないか?」
「大丈夫かしら。―あの二人は、多分ぱっと見て違う所に探しに行く筈だから」
「……私もそう思う。……肉食獣の狩りの基本………」
「『あの二人』?よくわかんな…………ぁー、いや。………動くなよ、二人とも」
「――君!そこの君!こっちにカナと―」
「―ばらしーが来なかったか!?」
「……草笛先生も槐先生も目が座ってるんですけど。どうしたんですか…?」
「どーしたもこーしたも!せっっっかく、カナとばらしーちゃんのお披露目会をしようと言うのにっ」
「当の本人達がいなくては話にならんではないかっ」
「草笛センセ、唾飛ばさないでください。槐センセ、涙流さないでください…。はぁ……」
「だってだってだって!ハロウィンなんだから、いつもは遠慮してたセクシー系もありなのよ!?」
「両拳握って口の前もっていってぶりっ子しないで下さい。してたんですか、遠慮……」
「それだけではない!親として一線を引いていたケモノ耳などのファンシー系もOKなんだぞ!?」
「何がどうOKなのかわかりませんが、とりあえず、鼻血を拭いてください」
「―と、此処にいないなら、違う場所を探しに行きましょう、槐先輩!」
「―む、そうだな、草笛君。では、アディオスっ」
「わー、こんなハイテンションな槐先生初めて見た…。――行ったぞ、二人とも」
「た、助かったのかしら…。でも、是からどうしよう…」
「……きらきーの所に泊めてもらお。ハロウィン当日まで。金糸雀も一緒」
「逃げ切れる気が全くしないのはなんでだろう…」
「ふ、不吉な事を言わないので欲しいのかしらぁ!」

 

 


 


42:楽しい保守を致すんだよ

「カラオケも一杯だったし、ゲームはこんな大人数で出来ないし。しょうがないよね」
「だからって、年頃の女の子が集まって麻雀…もうちょっと何か…」
《真紅&水銀燈ペア》
「河で必要なモノ…筒子系があまり出てないみたいだから、そっちに切り替えようかしら」
「ほーってなぁに?………いつの間にか、私よりわかるようになってるみたいねぇ…くすん」
「(真紅って初心者じゃなかったっけ。…飲み込みが異常に早いのか、負けず嫌いなのか)」
《金糸雀&薔薇水晶ペア》
「……あんたの背中、煤けてるゼ」
「…薔薇水晶、じぃっと牌を見てても、裏側が読める訳ないかしら。よしっと、是で満貫確定っ」
「(竜は分かんないと思う。…ふむ、実際の手は混一色、發・中・ドラ1…ブラフか)」
《蒼星石&翠星石ペア》
「真紅の性格から考えて安手はない…金糸雀はブラフかもしれないから、そんなに気にしなくてもいいか」
「えぇい、こんなのは運と度胸ですぅ!ばぁんと自分の狙った役を追うですよ!」
「(それはカモだ、翠星石。んでも、蒼星石も考え過ぎてボロが出るタイプだよなぁ…)」
《雛苺&雪華綺晶ペア》
「うゅ、また違った絵なの。色とりどりで楽しいの♪」
「あ、あ、雛お姉様、唯一残っていた対子を落とされては…っ。ぁー………」
「(雪華綺晶は普通に打てそうなんだが…雛苺にメインをやらせてると、苦しいだろうなぁ)」

「よしっ、是で立直なのだわっ!」「うっわ、これ、何面待ちなのぉ…?」
「ざわざわざわ………?」「それ、口で言うモノじゃないかしら。こっちはもう少し…」
「あぁぁぁ、わかんなくなってきた!もう是でいいや!」「って、滅茶苦茶危険牌ですよ!」
「―ほら、雛苺、お前の番だぞ」
「うゅ、取るのよ。―むぅぅ、真っ白さんが二枚目なのぉ!」「え、え、え?あらあらあらぁ…」
「……?どうした?」
「えーと……十三幺九―所謂、国士無双ですわ。しかも、十三竜門ですわねぇ……」
「うゅ?しーさんろんめん??」
「……だ、ダブル役満?金糸雀が發と中を抑えてるのに!?――ぁー……いるよな、こーいう……」
「理論も理屈も計算も通じない人が。うぅ…ボクのちまちました打算を返して……」

 

 


 


43:熱い保守を致す…

「ちょいと、ちょいと、お前さん……」
「その話し方だと、翠星石と間違えるって。―で、なんだ?」
「漫画のネタを考えた…。聞いて欲しい」
「創作仲間の蒼星石に話した方が良くないか?―とりあえず、話してみな」
「舞台は剣と魔法の世界…。主人公は、平凡な筈だった少女」
「あぁ、蒼星石とは路線が違うんだな。あいつが書くのって、現実世界が主だし」
「うん。―主人公は、ふとしたきっかけで同じ様な年頃の男の子達と冒険する事になる…」
「所謂、逆ハーレムか。あんまり知らないけど、少女漫画じゃ主流なのかな」
「一人目、長身の有翼人。普段はおちゃらけた喋り方だけど、本気になると凄味が出る」
「へぇ、格好いいんじゃないか」
「二人目、知的なハーフエルフ。だけど、ドジが多い」
「ハーフエルフってつんけんしているイメージがあるけど、そういうのもいいかも」
「三人目と四人目は双子のエルフ。で、三人目はツンデレ」
「そういう単語を相手が理解できると…まぁ、いいや」
「四人目は、ちょっと女の子っぽい自分を恥じてたり」
「主人公のいい相談役になりそうじゃないか」
「五人目は普通の人間。普段はクールだけど、一人で悩んだり、主人公に気を使ったり」
「あー…少女漫画の王道の相手役だよなぁ…」
「六人目はホビットの男の子。皆に無邪気に振舞う」
「カンフル剤みたいな感じか?」
「七人目は天使。凄く饒舌で上品。だけども、大食い」
「……イメージが全くわかないんだが……」
「八人目は悪魔。無口無表情、マニア」
「七人目の対比かと思ったんだけど…またニッチな…」
「間違ってはいない。で、全員が主人公を振り回す。―此処まで話しといてなんだけど」
「まぁ、逆ハーレムだとそうなるだろ。―んぁ、どうした?」
「男と女を入れ替えてみても、あんまり変わらない。あと、貴方って恵まれてるのか、大変なのか」
「…………?なんで、急に僕の話になるんだ??」

 

 


 


44:痛い保守を致すですぅ

「大体ですね。お菓子会社が悪ぃんですよ」
「まぁ、確かに新しいお菓子が出やすいな。チョコレートとか、毎週出てるんじゃないか」
「ですぅ!シューベルトもカルテもブラッドキッスもここぞとばかりに出てきやがるんですよ!」
「今見るまで、製品名すら覚えちゃいなかったんだが…」
「ぐ…!―で、でもチョコレートだけじゃねぇです、芋系のだって、ヤんなる程出やがってますぅ!」
「そうなのか?僕は普通に蒸かし芋とかで十分なんだけど…」
「最近は100円~300円でパック詰めした食べきりサイズとかあるんですよ、ほら」
「へぇ、なになに…『お芋は繊維質たっぷりでダイエットにも向いています』…いや、食うなよ」
「ごふ…。―あ、あと、栗の関連物も出やがってますね、マロンなんて気取ってやがるんですよ!?」
「そういうのもあるんだな。マロンって聞くと、ケーキくらいしか思いつかないけど…」
「いいですねぇ…。あ、ではなく、ケーキはカロリーが激高なんですよ」
「…そういうけど、是だってバニラとかクリームとか…見てるだけで胃もたれしそうなんだけど」
「けふっ。あーあー後、侮れないのが季節限定ってヤツです!」
「あぁ、カットキットとか、コンビニ限定ってのもある位だし」
「それだけじゃなくてですね、こんなのみたいに、梨のチョコレートなんてのも」
「………梨のヘルシーさが全部掻き消えてないか?」
「ぐはぁ……ととと、ともかく!お菓子会社がぜーんぶ悪いんですぅ!」
「ふーん。…………是まで、何kgの重りが付いた?」
「け、健康な赤ちゃんくらい……具体的に言うと、炭酸飲料(大)二本分くらい…」
「ほー。……………是から、どれ位ベルトを緩めるんだ?」
「一つ…二つ…えぇぇぇい、ちまちました事言わず、リミッタ―解除ですぅ!」
「仮にも同年代の異性の前でベルトを外すな。―清涼飲料水(大)二本分にならない様にな…」
「うぅぅぅぅ、お菓子会社なんて嫌い、嫌い、大っ嫌いですぅぅ!――あむあむあむぅ……おいしぃ」
「しかしまぁ、樋口さん一枚すっとばすとは…あー、こういうのをツンデレっていうのかなぁ」
「違うと思いますぅ……もぐもぐぱくぱくごっくん……あぅぅ……」

 

 


 


45:ハロウィンな保守を致します

「――まぁ、あいつらが仮装するんだから、柏葉もしてるよな」
「……なんだか、あれよあれよと言う間にそういう事になってて」
「……流されやすいよなぁ、僕も柏葉も。―お前は、過去形だろうけど」
「ん、ありがと。……そうだね、この恰好も、嫌だったら断っていたと思う」
「……変わったな、お前は」
「――変えたのは、誰だと思う?」
「…………………え?」
「うぅん、何でもない。―そうだ、大事な事、忘れてた」
「えと……『大事な事』?」
「うん。――お、『お菓子をクレナキャ、悪戯スルゾッ』」
「――く、は、あはは………」
「な、何が可笑しいの?私、笑われる様な事言った?」
「はは……―いや、悪い。慣れない言い方だなって……」
「ど、どーせ……!」
「悪かった、悪かったってば。えーと………ありゃ、今日は色々持ってたんだけど…」
「雛苺達にあげちゃった?―それじゃあ……」
「―悪戯、か?」
「―それもいいんだけど……私が苺のフルコースを…」
「……それは、雛苺か雪華綺晶にでもない限り、いじめだ」
「―冗談よ。チョコレート、キャンディー、ロールケーキ…うにゅ―じゃなくて、苺大福、と」
「……何所に持ってたんだ、特にロールケーキ」
「……魔法で出したのよ。―今日の私は」
「―『お菓子の家の魔女』か。――んでは、『コレハ、アリガトウゴザイマス、マジョサマ』」
「――ぷ、くす、あはは……―貴方も、人の事、言えない、よ…あはは…」
「うっさい。―そろそろ、『グレーテル』のところに行くか?」
「………『もう少しだけ、二人でいましょう、ヘンゼル』―

――今日は可笑しなお菓子な日。お祭りが終わる、その時まで――」

 

 


 


46:滑稽な保守を致すんだよ

「……ハロウィンの続きか?引っ張り過ぎだと思うんだが…」
「ハロウィンの時は花の妖精をしてたから、違うよ…わん」
「んじゃ、単なるコスプレ…?」
「ボクにそーいう趣味はない、わん。是は役作りワン」
「シンデレラが犬になるのか。また斬新な」
「違うよ!……わん。―本業の方で、犬を扱ったモノを書くつもりなんだよ」
「それで、犬耳、犬尻尾か。こりゃまた……」
「ぅ……さ、流石にじろじろ見られると、恥ずかしい…わん」
「いや、まぁ、可愛いからいいんじゃないか」
「え、え?そうかな…そう思ってもらえるなら、嬉しいけど…」
「あ、や、えと、―そ、そう言えば、それも結菱先生のアドバイスなのか?」
「え?あ、うん、そうだワン。演劇の時みたいに、『対象になり切ってみれば』って」
「そういや、先生も結構滅茶苦茶な服装―黒スーツだったり、紋付き袴だったりするなぁ」
「でしょ?ちょっと恥ずかしいけど、いいモノが書けるならと思って…」
「……でも、この件に関して言えば、単にあの人の趣味な気が……」
「―残念ながら、私はその手のモノにリビドーを覚えんな」
「あ、結菱先生!こんにちはですわん」
「――!?いや、今のはそ…………………………………」
「こんにちは、蒼星石。……君、振り返って固まるとは、失礼ではないかな?」
「先生、先生、語尾忘れてますワン」
「おぉ、是は失敬―にゃん」
「ごふ………っ。ナイスなミドルが猫耳、猫尻尾、猫語尾…………目が、耳がぁぁぁ」
「はっはっは、行き詰っている猫物をそろそろなんとかしないと思ってにゃん」
「し、自然に繋げるなぁぁぁ!」

すまない、『犬』でまっ先に思いついたのが、蒼星石だったんだ。

 

 


 


47:甘ぁい保守を致すかしら

「――――――――――――――♪」
「………………………………………」
「――――――――――――――……♪――ふぅ…」
「――ぱちぱちぱち、お疲れさん」
「へっ!?わ、え、い、何時からいたのかしら!?」
「そんなに焦らなくても…。ついさっきだよ」
「練習中は、あんまり人に見られたくないもの」
「そっか、そりゃ悪かったな。ごめん。――でも、何で?」
「間違える所も多いだろうし……集中してるから、変な癖とかでてたらヤだし」
「あぁ、そんなら大丈夫だ。間違っても、何どう間違ってるのかわからん」
「それはそれで酷い言い草かしら!?」
「一般的な十代男子にクラシックの知識なんざないって。それに、後者も…むしろ」
「まぁ、あってもわからない曲だったけれど…。ん、むしろ―何かしら?」
「あ、いや。…ちょっと大人ぽかったって言うか、普段と違ってたって言うか…」
「――因みに、普段は?」
「外見・精神年齢共に小学生高学年だよなぁ、とか」
「さらっと言わないで欲しいのかしら…。是でも、お姉さん役に回る事も多いのよ?」
「まぁ、草笛先生や雛苺、薔薇水晶の前ならな」
「みっちゃんが先頭にあがってるのは…いえ、何となく納得出来るからいいわ」
「ところで、『知識があってもわからない曲』ってどういうこった?」
「最後に弾いていたモノは、カナのオリジナルかしら。だから―」
「あぁ、そりゃわかんないな。綺麗な音だったけど…タイトルとかあるのか?」
「――今、思いついたのかしら。貴方への――――――――(ちゅ」
「ん……………マーチ、とか?」
「セレナーデ…のつもりだったけど。―ふふ、それでもいいのかしら」

 

 


 


48:熱い保守を致すですぅ

「えとですね、映画のタダ券があるですよ。二枚」
「へぇ、良かったっじゃないか。蒼星石、映画好きだろ?」
「ホラー系のなんで、奴は苦手だと思いますぅ」
「意外だなぁ。―じゃあ、真紅は?」
「真紅はジャンルを問わねぇですが…色々注文が多いので却下ですぅ」
「あぁ、なんとなくわかる。―水銀燈なら、細かい注文もないんじゃないか?」
「あいつと一緒に街に行くと、寄ってくるのが鬱陶しいですぅ」
「それもそうか。―じゃあ、金糸雀は?」
「チビカナはコンサートの練習があるって、みっちゃん先生が言ってた気がするですよ」
「それは誘えないなぁ…。―あ、雛苺とかだと楽しそうじゃないか?」
「家とかなら。映画館で大声出して泣かれたら溜まったもんじゃねぇです」
「さもありなん。―薔薇水晶なら、ホラーも大丈夫だし、うるさくもないと思うんだけど」
「薔薇薔薇はレンタル、もしくはロードショーで済ましますよ。引きこもり体質ですし」
「人の事は言えないけど、室内型だもんなぁ。―雪華綺晶な―――」
「あぁぁぁぁもぉっ、つべこべ言わずお前ぇがくるですよっ!」
「へ!?いつそう言う話に…と言うか、僕も室内が――」
「うっせぇですぅ!明日!午後3時に駅前にて待つ!ですぅ」
「あ、や、まぁ、わかったけど。……なんで、怒ってるんだ……?」

「因みに、ボク、ホラーはホラーでも、苦手なのは日本製のものだけなんだけどね」
「私だって、無料で見させてもらえるものに文句は言わないわよ」
「そうよねぇ…それに、別に私じゃなくても、声はかけられると思うんだけどぉ」
「カナだって、練習があるのは午前中だけかしら」
「うぃ、ヒナも、幾らなんでも映画館では泣きださないの」
「……私も、タダで(安くて)見れるなら、映画館に行く」
「まぁまぁ。チケットの期限が切れるぎりぎりまで悩んで、その瀬戸際でのあのお誘いですから」
「しかも、翠星石自身はホラー苦手なんだよね。―健気と言うか、回りくどいと言うか…」

 

 


 


49:お熱い保守を致すですぅ

(前スレ>>85に捧ぐ。あと、煙草やコーヒーが別種の味となってる俺にも)

「夜の洗顔~♪まずは洗顔、化粧水に美容液、と……♪」
「翠星石、明日のデートが楽しみなのはわかるけど…」
「ジェルに乳え……―な、なななな何言ってやがるですか!単に映画を見に行くだけですぅ!」
「彼にとってはね。……手、止まってるよ?」
「………恨んでやがりますねぇ。―ん、乳液にクリームでフィニッシュですぅっ」
「ちょっとだけね。―それにしても、バスタオル一枚でそんなに時間かけちゃうと…」
「大丈夫ですよ、翠星石は緑の子ですぅ」
「いや、わけわかんない。まぁ、気をつけてね」
「蒼星石は心配症ですねぇ……………へくちっ………ぁー……………」

「ま、待たせた、ですよ………」
「―ん、いや、僕もさっき………………翠星石さん?」
「な゛んでずか………くちっ、へくちっ」
「……………帰るぞ」
「な゛っ、何ですと!?そーせいせきの監視の目をすり抜けてきた、このずいぜいぜ…けほこほ」
「あのなぁ。―洟・咳・喉までやられて……熱だって……と」
「わ、こら、気安く触れるなですぅ!?ぇぁあぅ……」
「―――僕の手が異常に冷たくない限り、だいぶ、高いな」
「ぅ……だ、だいじょーぶっだら、だい゛じょーぶでずぅっ。チケットの期限も今日まででずじ…」
「そりゃ残念だけど。―また来週、風邪を治して見に行こう、な?」
「え、え、え?―お金、かかっちゃうですよ……?」
「うんまぁ…あんまり興味なかったけど、段々と見たくなってきてたし……」
「――わかったですよ。今日は大人しく帰るですぅ。それじゃまた――」
「――って、こら、一人で帰るな!…送ってくよ」
「え、え、え、えっ?―でも、でも、移してしまうかもしれませんし…」
「気にするなって。――ほら、帰るぞ」
「――――――――はいですぅっ、へくちっ」

 

 


 


50:50回目の保守を致 ―すんだよ ―すぞ

「『甘い保守』シリーズ50回目か。意外ともっているな」
「もってるって…あれ?でも姉妹作の『百合な~』を入れると52回目じゃ…」
「HAHAHA、アレは別物だから、数には入れてはいけないゾ☆」
「怖いです、結菱先生。―実際は?」
「別のとこにメモしてるんで、ワスレテマシタ」
「正直でよろしい。―折角ですから、何か言っておきたい事とか」
「ふむ……この保守シリーズは、原則、『彼』の名前を出していない」
「…そう言えば。どうしてです?」
「最初の頃は『ギャルゲーの1イベント』的な保守を続けていたからな、その名残だ」
「あ、だから、イベント名とか書いてたんですね」
「今となっては黒歴史。―まぁ、ほんとのところ、、省いていった理由は、
サブタイトルに1行やるのが勿体なかったから、だがな」
「あぁ、最大30行ですもんね」
「うむ、削っては足して、削っては足して、だからな」
「………いっそ、普通の短編書いた方がよくないですか?」
「はっはっは、そこまでの文章力も時間も気力も、ない」
「きっぱり言わないでください」
「大体、中編と短編の続きが文章に出来ないで書き始めたシリーズだからな」
「彼も言ってましたけど、駄目人間臭いです…。―あ、ボクからも一つ」
「ん、言ってみたまえ」
「既に『甘い』系の含有率が二割切っていると思うんですが…」
「はっはっは、そうそう、そう言う話が思いつく訳はないと言う事だ」
「……………………言い訳?」
「はい。――――――では!しーゆーあげいん!」
「あ、逃げた。―時々オチのない話もあったりの不出来な保守ですが(今回とか)、
是からもよろしくお願いしますね(ぺこり」

|