※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

保守短編・馬鹿ちびっ子

ドンドンドンドン!!

雛「誰なの~?」
金「薔薇乙女一の才女、金糸雀かしらー!」
雛「ホントにカナリアなの~?」
金「ホントに金糸雀かしらー!」
雛「うゆ~、カナリアだったらこの問題に答えられるはずなの~」
金「この金糸雀に解らない事は無いかしらー!」


雛「つ『草笛みつ』なんて読むの~?」
金「借金腐女子かしらー!」


雛(ガラガラッ)「やっぱりカナリアなのー♪」
金「とーぜんかしらー!」

み「そう…カナはそんなふうに思ってたんだ」ゴゴゴゴ…
雛「カナリアうしろなのー!」

 

 


 


馬鹿ちびっ子・NGテイク

ドンドンドンドン!!

雛「誰なの~?」
金「薔薇乙女一の才女、金糸雀かしらー!」

雛「……誰なの~?」
金「・゜・(ノД`)・゜・」

 

 


 

 

保守短編・馬鹿級友

ドンドンドンドン!!

蒼「誰?」
ベ「ベジータだ!」
蒼「ホントにベジータ?」
ベ「サイヤ人の王子、ベジータだ!」
蒼「ベジータだったらこの質問に答えられる筈だよ」
ベ「ドンときやがれ!」


蒼「僕の体操着知らない?」
ベ「それなら今俺が着ているぜ!」


蒼「もしもし警察ですか」
ベ「ここからが本当の地獄だ…!」

 

 


 


保守短編・馬鹿……

紅「……」

紅「……誰も来ない」

紅「………」

紅「…………紅茶……ぬるい……」

 

 

 


 

 


保守短編・馬鹿主従

ドンドンドンドン!!

紅「(来た!)だ、誰?」
J「僕だよ、JUMだ」
紅「(しかもJUM!あぁ…!)ホ、ホントにJUMなの?」
J「あぁそうだよ」
紅「(落ち着くのよ真紅!大事なのはここから!)JUMならこの問に答えられる筈よ」
J「何だ?」


紅「(…よし!)JUM、紅茶をいれて頂戴」
J「 だ が 断 る 」スタスタ


紅(ガラガラッ)「やっぱりJUM…アレ?」




え?真紅の事は好きですよ?




痛烈なる 始まりの 傷跡
「早く目を覚ましやがれですぅ!」
「私達は、何も出来なかったのだわ」
「辛い、ですわね・・・」
浮かびゆく 宿敵の 残影
「許さないわよぉ・・・!!」
「ふざけるな!!JUM君はモノなんかじゃない!!!」
「あなたを・・・滅ぼす・・・」
現れる 異形の 大難
「ちょっと、これはマズイかしらー!!」
「でも、ここで負けたら、チビ人間の心の木がヤバイですぅ!!!」
「やらせないわよぅ、あんたなんかには!!!」
覚醒する 最兇の 力
「お願い・・・ヒナに・・・力を・・タルヴォス!!!」
「あれは、一体!?」
「誰も・・・傷つけさせないのーー!!!」 

牙を剥く 姿無き 神々
「いぃ、ぁあああぁぁっぁあぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!」
「雛苺っ!!!!」
「なんて無力なの・・私達は。あの子は苦しみ、闘っているのにッ!!!」
離反する 想いの 行方
「いやかしら!!!あんな思いは、もうっ!!!!」
「たった一人で何が出来るというの、私、一人で・・・ッ!!」
「思い出してみて、あなた達がこの世界にいる『理由』を・・・」
繋がりし 真実の 断片
「かつて・・・この世界には女神がいたの。その女神の名は」
「鍵に、定形も定義もない。あるとすれば、それは『存在』という証明のみ・・・」
「あなたが・・・真の敵!?」
希望と絶望、双つの織り成す激しき戯曲
その果てに何を魅せるのか

RozenMaiden//G.U.

そうして、運命は、幸福の終焉とともにその歯車を廻し出した・・・




保守短編・馬鹿??

ドンドンドンドン!!

み「誰?」
金「カナかしらー!」
み「ホントにカナ?」
金「カナかしらー!」
み「カナだったらこの問題に答えられる筈よ!」
金「ドンとこいかしらー!」


み「借金は?」
金「踏み倒せかしらー!」


み(ガラガラッ)「やっぱりカナね♪」

バリバリッ

借金取り「フゥハハハー!金糸雀とは仮の姿!その正体は借金取りだァー!」
み「な、なんだってー!」
借「さぁ、耳を揃えて返して貰おうか!」
み「お、おのれ借金取りめェー!」




梅「では、漢字のテストを始めるぞ。」

問・次のひらがなの漢字を記せ
・政治家のおしょくじけんが発覚した

・今日はたいふういっかで気持ちがよい

金(ふっ、こんなの簡単かしら~♪)

カリカリ…

金(お食事券……タイ風一家…っと♪)


問・次の文の漢字に振り仮名を打て

・ここはいつも人気がなくて寂しい雰囲気だ。

紅(なによ!人を馬鹿にしているの!?)

カリカリ…

『ここはいつもにんきがなくさびしいふんいきだ』

 

 


 

 

カサカサカサ…
金「きゃー!!!す、翠星石!アレ見るかしらー!!」
翠「ん?…のわー!!!ヤツめ、こんな時期に…!?それも食事中に出現するとははしたないにも程があるです!!」
金「こっち来るかしら~!!!」
翠「諸悪の根源!悪の塊!ウイルス!テメーはコイツでこの世から抹消してくれるです!スィドリーム爆流水圧連弾!!!」
ジ「おい、さっきから何騒い」
ドバババババババババ!!
カサカサカサ…
翠「ちぃ!仕留め損なったです!」
金「こっち来ないでかしら~!!はっ、そうかしら!こんな時はみっちゃんから渡された痴漢撃退グッズ『燃え盛る愛の火炎瓶』の出番かしら!これをこうして…」
ジ「お前等!いきなり何してく」
金「成仏するかしらー!!」
バキャン!ゴォオオオオオオ…!
カサカサカサ…
翠「逃げやがったです!あ、危ないです真紅!早く逃げるですぅ!」
真「心配御無用よ翠星石。それにしてもお行儀の悪い子ね。少々しつけが必要なのだわ…」スッ
金「真紅の拳が…光ってるかしら…!?」
真「私の体術は既にこの域まで達しているのよ!喰らいなさい!絆ックル・アルティメット…」
ジ「だぁああ!僕を殺す気か!?皆まとめてこの家から出て」
真「ブレイカーーーー!!!!」
ドバキャーーーーーン!!!!しゅうううう…
翠「悪は…滅びたですね…」



雪「…あら?こんな所に肉の塊が。早速持ち帰って調理致しましょう♪」
薔「ダメだよお姉ちゃん…道に落ちてるもの食べちゃ…」

 

 


 


ジ「Trick or treat」
水「うふふ、してご覧なさいよぉ?でも私に勝てるかしらぁ?」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
薔「いたずら万歳…性的な意味で」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
梅「ウホッ!いいお化け」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
金「アイム・スケアードかしら~!じゃあこの『ハチミツカラメル水飴あんこ練乳黒砂糖入り卵焼き』を食べるかしら!いつもの砂糖も通常の10倍かしら!」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
真「あら何?下僕が主人に脅迫する気?随分と偉くなったものじゃないの。どうもまだ自分の立場を理解していないようね。これは再調教の必要がありそうなのだわ」
ジ「アッー!」



ジ「…こういうイベントの度に僕のライフが削られていくんだ…」
べ「まぁ、それが宿命なんだよ。ほら、これやるから元気出せ」つ『1UPキノコ』
ジ「ぐすん…」

 

 


 


trick-or-treat!


真紅は水銀燈にJUMを取られ、敗れた。その結果、真紅の脳は自我の崩壊を選んだ
真紅「キャンディ…キャンディ食べたい…」
水銀燈「真紅…」
真紅「パパがね…キャンディを二つしか買ってくれないの…」
水銀燈「真紅! キャンディは私が沢山買ってあげるわぁ!」
真紅「ありがとう。お姉ちゃん」

 

 


 


もう終わっちゃったけど…第二弾。

ジ「Trick or treat」
み「きゃああああ!そのコスプレ最高ー!!ねぇねぇこれも着てみて!それからあれも…ああもう面倒くさいから全部脱がしちゃえ!!」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
雪「いくらジュン様でもこのお菓子は渡せませんわ!!それでも奪うと言うなら、実力で排除いたします!!ではまず右腕から味見を…」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
め「ご馳走?そんなモノが食べれるなら入院なんてしてないわよ。皆お祭りお祭りってはしゃいじゃって…ジュン君にも私の辛さを味あわせてあげるわ…」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
雛「アイム・スケアードなの!じゃあこのうにゅーを食べるの!…でも巴から悪魔さんにあげるモノって聞いたから毒入りなの。雛は人類を守るのよ!」
ジ「アッー!」

ジ「Trick or treat」
翠「何で私達のトコに来るのが最後なんですかー!ムキー!!」
蒼「酷いなぁジュン君…フフ、もっと僕達の良さを理解させてあげるよ…その体にね」
ジ「アッー!」



ジ「・・・」
笹「あの…ジュン君?」
ジ「・・・・・・」
べ「返事が無い…ただの屍のようだな」

 

 


 


せっかくなのでお茶ネタを。

ジ「ん~、やっぱはダージリンだなぁ」
真「そうね。紅茶基本であり王道でもあるのだわ。時に夏摘みダージリンは最高ね」
翠「私ゃセロインがお気に入りですぅ。巷じゃオレンジ・ペコって名で通ってますけど」
雛「雛はアッサムなの!甘いミルクティーにはコレなのよ!」
蒼「僕はキーマンかな。この渋めな感じが好きなんだ」
金「カナは大人にアールグレイかしら!でも柑橘系の香り付けをしたレディグレイならもっと好きかしら」
ジ「皆好みが別れてるなぁ。…柏葉はどんなお茶が好きなんだ?」
巴「う~ん、梅こぶ茶かな」
ジ「…あ、いや茶葉の種類でだよ」
巴「えっと…宇治抹茶?」
ジ「・・・」
雛「巴の家のティーセットは急須だけなのよ」
真「まぁ…畳の上で紅茶を飲む姿は想像しにくいのだわ…」
巴「?」

 

 


 


TV「頑張れ!メグ・カナコンビ!」

金「テ…テレビでカナたちのこと言ってるかしら~!」
め「あらあら…私もいつの間にか日本中で有名人になってたのね。」


ジ「日本バレーの話だっつーの。」
銀「そもそも貴女たち接点ないじゃなぁい、お馬鹿さぁん。」
め・金「(めぎゅ~ん)・(かな~ん)…(´:ω:`)」

 

 


 


薔「ブブーン、ドドゥ!バロロロ!ズキューン!ブオン!」
JUM「なぁ…流石にこの年でガンダムごっこをするはアレなんだが」
薔「無駄口叩かない…ガンダムキュリオス、発進スタンバイ……ほら、台本読んで…」
JUM「ハイハイ…えーと、<ガンダムキュリオス発進スタンバイ、武装コンテナの取り付けを開始します>」
薔「ばっちこい!」ガバァ!
JUM「…っ!おまっ!何急に股をおっ広げてんだ!丸見えだぞ!」
薔「キュリオスの飛行形態を再現してるだけ…それより早く…ジュンの勇ましい武装コンテナをドッキングして…」クパァ
JUM「いや確かに、キュリオスは股に武装コンテナつけてるけど!つか発想がオヤジ臭いぞ!」
雪「でもばらしーちゃん、ジュン様のはあんなに連射できませんし、威力もありませんわ」
薔「…確かに……」
JUM「いや、納得するなよ」

00見てない保守

|