※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ジュンとふたり
「翠星石×真紅」
ジ「なにやってるんだ?」
翠「女にはぁ!引けない戦いがあるんですぅ!止めるなですぅ!!」グォォォ
紅「そうよ!負けられない戦いがそこにあるのだわぁぁぁ!!」ズオォォ
ジ「別に止めはしないが流血沙汰は勘弁してくれよ」
翠「じゃあ真紅が黒ですよ」
紅「しょうがないわね、不本意だけど黒でいいわ」
ジ「オセロかよ」
翠「それじゃー真紅ふぁ先攻ですよ」
紅「いくわよ」パチッ
翠「そうくるですか・・・」パチッ
ジ「・・・・・」
紅「・・・・・そうね・・・ここはここに置こうかしら」パチッ
翠「角を制する者がオセロを制するですよ」パチッ
ジ(腹減ったな・・・)スタスタ
紅「・・・お・・・置ける所がないのだわ・・・」ヒィィィ
翠「イーヒッヒ!この勝負は翠星石の勝利ですぅ!っしゃーですぅ!」ダァァ!
ジ「おおやっと終わったか」モッキュモッキュ
翠「お・・・おめぇ何を食ってるんですか?」
ジ「ああ腹が減ったんで勝手に冷蔵庫の中のチーズケーキを」
紅「貴方・・・なんて事を・・・・」ガタガタ
ジ「もしかして今までのはコレの取り合いだったのか」
翠「絶対に許さんです・・・」ゴゴゴ
紅「許さないのだわ・・・」ゴゴゴ
ジ「うっ・・・ほ・・・ほらまだこれ一口しか食べてないから、怒るのはわかるがそこは寛大な心で・・・・・そこをなんとか・・・」
翠「あら真紅、聞いたですか?チーズケーキに付加価値が付いたですよ」
紅「そうね、それじゃあもう1勝負いきましょうか」
ジ「買ってきます、一つと言わずに二つ買って来ます」 

「蒼星石×柿崎めぐ」
ジ「どうした」
め「働きたくない!絶対に働きたくないでござる!」
蒼「ニートはだめだよ!そんなの僕は絶対ゆるさないよ!」
め「やだ!食って寝て食って寝てして一生を終えるんだ!」
ジ「そこまで全力でニート宣言されると応援したくなる」
蒼「なにいってるのさジュン君!」
め「やっほう!私の就職先は自宅です!自宅警備員でカリスマニートになる!」
ジ「まぁめぐさんの家はお金持ちだからな、良い就職先だ」
蒼「そんなの認めない!絶対に認めないんだから!」
め「認めなくてもいいもーん!一生親のスネかじるもーん!骨になるまでしゃぶりつくしてやるんだ!」
ジ「ご両親が亡くなったらどうするんだ」
蒼「・・・・・きっと最後の最後までご両親は悲しんで逝くんだろうね」
め「え・・・え?」
ジ「『悪いのは私なんです、育て方を間違えた私なんです』と言いながら逝くんだろうな」
め「・・・・・・」
蒼「そしてご両親が亡くなった後に気が付くんだろうね、ちゃんと働けば良かったって」
ジ「しかし気が付いた時にはもう既に遅く、1人取り残された悲しみだけが残ると」
め「わ・・・私は・・・」
蒼「それもまた一つの人生だね」
ジ「他人がどうこう言っても最終的には本人の問題だからな」
め「ちょ・・・は・・・働くよ!私働くよ!」オロオロ
蒼「気にしないでよ、僕がこだわりすぎてたんだよ、頑張ってニート道を突き進んでよ」
ジ「僕も応援しよう」
め「な・・・何か私に打開策を・・・」
蒼「そうだね・・・・何かしたい仕事とかある?」
め「し・・・したい仕事・・・えーっと・・・・・か・・・株主?」
ジ「もうニートになれ」 

「薔薇水晶×草笛みつ」
ジ「この組み合わせ・・・・間違いなく未曾有のモラルハザードになる」
薔「なんだよモラルハザードって!失礼しちゃうよもう!」プンスカ
み「まぁ一般人には私達変態の行動理念が理解出来ないからしかたないわね」
ジ「自分で変態と自覚しているのに一向にその姿勢を崩さない厚かましさ、遅すぎたんだ、脳が腐ってしまったんだ」
薔「あはははは!気が付くのが遅いよー!」アハハハハ
み「だよねーバラバラ!」アハハハハ
ジ「この日本社会の癌細胞め・・・浄化されてしまえ」
み「甘いわジュンジュン、世の中の物事はプラスとマイナス、善と悪、一般人と変態で構成されているのよ!」
薔「そう!その法則がある限り変態は不滅っ!私達が浄化されても第二第三の私達が出てくるんだよ!」
ジ「もう沢山です、貴方達ふたりでもう飽和で表面張力いっぱいいっぱいなんだよこの社会不適合者め」
薔「だってさみっちゃん!」
み「だってねバラバラ!」
ジ「駄目だ・・・・早く何とかしないと地球が・・・」
薔「あんまり罵ると感じちゃうよ!」ビクン
み「ああ良いよバラバラその表情!」カシャッ カシャッ
ジ「突っ込みが追いつかない速度でボケるのやめてください!」
薔「見てぇぇぇ!ふしだらな私を見てぇぇぇ!」ハァハァ
み「見てるよぉぉ!すっごい見てるよぉぉぉ!」カシャカシャカシャ
ジ「もうお願いです・・・・止めなくて良いから人気の無い所でやってください」
薔「もっとディープに且つカジュアルそして心に突き刺さる様に罵ってぇぇぇ」ハァハァハァ
み「いやっほう!私もテンションあがってきたきたきたぁぁぁぁ!」ズキューン
ジ「もう駄目だ、こいつらは今の僕には理解出来ない、いやきっとこれからも出来ない」
薔「あ・・・んっ・・・い・・・いっちゃ」ビクッ
ジ「逝けよ、もう帰ってくんな」 

「水銀燈×雛苺」
ジ「・・・・・」
銀「な・・・何よぉジロジロ見てぇ」
雛「どうしたのよー」
ジ「いやこう見ると親子みたいだな」
銀「何よぉ?私がとしまえんとでも言いたいのぉ?」ギロリ
ジ「いやいやそうじゃない」
雛「うゆーアイスこぼしちゃったのよー」ベットリ
銀「全くもう雛苺は・・・ほら顔拭いてあげるからんーってしなさぁい」
雛「んー」フキフキ
銀「よし・・・とはい終わったわぁ、手を洗ってきなさぁい」
雛「わかったのー」タッタッタ
銀「転ぶんじゃないわよぉ」
ジ「・・・・・・」
銀「な・・・何よその目はぁ」
ジ「やっぱり親子じゃないか」
銀「まだ言うのぉ?仕舞いには怒るわよぉ?」ギロン
ジ「だって・・・・なぁ?」
銀「誰に『なぁ?』って言ってるのよぉ全く」ハァ
ジ「第三者だ」
雛「ただいまなのー」タッタッタ
ジ「雛苺、おかーさーんって呼んでみろ」フフフ
銀「ぶつわよぉジュン!」
雛「おかーさーん」ニパー
銀「うっ・・・」
雛「そしてジュンがおとーさんなの!」
銀「なななな・・・・そ・・・そんなの認めないわぁ!」プルプル
雛「おとーさん!おかーさん!手を繋いで仲良く帰るのよー」
ジ「だってさおかーさん」
銀「しょ・・・しょうがないわねぇ」

|