※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

1:甘い保守を致すのだわ

「私と貴方…幾ら暇だからって…なんで若い男女が教室で二人してしりとりなんて…『紅』」
「…て言いながら、続けてくれてるじゃないか―『いあ』」
「勘違いしないで欲しいのだわ、私は楽しんでなんか…何、その単語」
「語彙の豊富さが鍵だから子供の遊びと言い切るのは早いぞ。で、召喚文字の冒頭単語な」
「なんか卑怯ね…続けてあげるけど、次はなしよ?―『赤』
「よし、わかった―『菓子』」
「たんま、人名はありよね?」
「ねーよ」
「……よく考えたら、人名じゃなくても意味は通じるわ―『真紅』」
「わざとくさいなー…―『櫛』」
「何とでも言いなさい…また『し』?―『シス』」
「仕方ないなぁ…ん、なんだそれは」
「ハリウッド映画だったかしら、シスの暗黒卿とかなんとか」
「関係なくないか、それ―『鋤』」
「レイア姫はなかったわよね。…んと、『キス』」
「…戸惑うなよ、変な所で。うぉ、また『ス』ぅぅ?―『すき』」
「煩いのだわ。……ちょっと待って、それ二回目じゃない?」
「いや、一回目。動詞だからな」
「ないわy―いえ、いいわ。動詞はありなのね?

じゃあ、私は―――(ちゅっ」

「……………………反則じゃないか、こういうサプライズ」
「―――ずるいのはお互いさまでしょう?で、まだ続けるの?」
「―Non、是以上の行為は此処ではまずそー」
「―そっちの話じゃないわよっ」

 


 

2:甘い保守を致すですぅ

「ぶんぶんぶん、蜂が飛ぶ~♪」
「お池の周りにお花が咲いたよ、ぶんぶんぶん、蜂が……飛んでるなぁ…」
「……待ってろですよ、チビ人間」
「へ?いや、お前、明らかに危ないだろ」
「うっせぇです、翠星石はあの花が欲しいんですよ―突げーきぃぅぇっ」
「あぁもぉわかったから―ちょっと待ってろ」
「ふ、服を引っ張るなですぅ…ふぇ?」
「取ってきてやるから―とっ」
「え、え、え?あ、あれは翠星石がお前ぇに贈るから意味があるもので…っ」
「サン、リャン、イー―でぇぇぇやぁぁぁぁっっっ」
「意味不明な雄たけびで行くなですぅじゃなくて人の話をーっ」
「…………ほらよ」
「お前ぇはもうちょっと人の話を聞くですよ…」
「お前に言われたかないよ―いらないのか?」
「誰もそんな事は言ってねぇですぅ―所で、チビ人間は是の花言葉を知っているですか?」
「いやぁ?名前も知らないなぁ」
「無学なチビですねぇ。いいですか、是はナデシコというですよ」
「へーそーいうなまえなんだー―て、蜜なんて吸って…美味かったっけか?」
「ん―是から美味しくなるですよ。

ほら、こっち向くですぅ――(ちゅぅ。

―ぷはっ、……ね?」
「………確かに。―いや、よくわからなかったな」
「な!?この翠星石の…純で大胆、無邪気な思慕がわからないと言うですか!?」
「うん―だから、もう一回。―『いつも愛して』るから、な」
「な………っ!?お前ぇ、わかってて…!調子に乗るなですぅぅぅ!」

 


 

3:甘い保守を致すんだよ

イベント名―真夜中の王子様 場所―学校:体育館
「『君よ、美しき君よ、今宵出会えた幸福をなんと例えれば良いだろう』」
「『あぁ、王子様、しかし、もう鐘がなってしまいます』―こんな時間まで何やってんだ」
「『君よ、麗しき君よ、それがどうしたと言うのだい』―って、ぅわ、君こそ何してるのさ」
「『あぁ、王子様、私は帰らなくてはいけません』―薄情な友人達が起こしてくれなかったorz」
「『君よ、可憐な君よ、それはどうしてだい?』―あはは、それは災難だったね」
「『あぁ、王子様、かけられた魔法が解けてしまうからです』―で、お前は?」
「『君よ、純粋な君よ、それはどういう魔法なんだい?』―見ての通り、劇の練習中」
「『あぁ、王子様、それは誰にも言えません』―文化祭近いからって、無茶するなよ」
「『君よ、清廉な君よ、なんて悲しい事を言うんだい』―皆期待してくれてるから…少し位はね」
「『あぁ、王子様、―王子様、鐘の音が響いて―』―って、危ないっ!?」
「え?―わ、ぅわわ、おち、落ちるー!? ―――あ痛たたぁ…」
「……王子様は意外と軽い様で…痛てて…」
「意外とって失礼だね!―わ、ぇと、ごめん、すぐにどくか―」
―きーんこーんかーんこーんきーん……―
「―鐘の音が鳴り終わりそうだけど…まだ『王子様』?…そろそろお姫様に戻ってほしいんだけど」
「―え?…んと、じゃあ、ボクが戻るの、手伝ってもらっていい?」
「手伝うって…僕は何をすればいいんだ?」
「動かないでいてくれればいいよ。

ボクだけの王子様………(ちゅ」

「………戻ったか?」
「えへへ………うんっ」
「じゃあ、次はもっと濃厚なので、お姫様から純粋で清廉を奪―」
―………こーんかーんこーん―
「『あぁ、王子様、鐘が鳴り終わりました』―早く帰らなくちゃねっ」

 


 

4:甘い保守を致すかしら

イベント名―貴方は卵焼き 場所―学校:体育館
「あぅあぅ、どきどきするわ、どきがむねむねするのかしらっ」
「またベタな。…人前で演奏するのは慣れてるんじゃないのか?」
「それは…小さい頃はそうだったけど…久しぶりだから…」
「今でも小さいじゃないか―悪い、怒るな、ヴァイオリンは武器じゃない!」
「まったく…貴方はいつも一言多いかしら」
「昔からの性分だ、悪く思うな」
「思うわよ!―あぁぁ、くだらない事を話している間にもう後少しで…」
「…ったく。―いいか、観客を野菜と考えるんだよ」
「か、カナは子どもじゃないかしら!そんな子どもだましで―」
「じゃあ、オムライスやオムレツ、スクランブルエッグ…」
「……それならいけそうかしらっ」
「うん、まずは涎を拭く様に。―十分、子どもだと思う…」
「そう考えてくると、なんだかお腹がすいてきたわ」
「拭いてやるから動かない様に。―普通に子どもだな…」
「子ども子どもって―…んー、観客の皆がオムライスとかなら―」
「うん?」
「貴方は卵焼きなのかしらっ」
「なんかグレード落ちてないか!?―つーか、絶対子ども…」
「あら、カナが一番好きな食べ物よ、卵焼きさん。それはもう―

……食べちゃうくらいに、かしら―――(ちゅっぱ」

「………訂正、子どもじゃない…かもな」
「うふふ…胸のどきどきも…違うモノに変わったから…もう大丈夫っ」
「役立てた様で何より。で、not子どもを確定にする為に次は僕が―」
「行ってくるわ、卵焼きさん―食べかけは後で齧ってあげるかしらー♪」

 


 

5:甘い保守を致すわぁ

イベント名―私の夢 場所―学校:屋上
「あぁ~、なんかもぅ色々めんどくさいわぁ」
「…それがHRをエスケープしてこんな所で寝ころんでる理由かよ」
「はぁい、ダーリン。だってぇ…高校生にもなって『将来の夢』なんて言われてもねぇ」
「お前、男は全部それなのな…―具体的なモノじゃないんだから書き易いじゃないか」
「具体的なモノじゃないから書きにくいのよぉ、ダーリンはお子様ねぇ」
「……駄々こねて大の字になってるヤツに言われたくないね」
「うふふ、怒っちゃったぁ?―びゅぅっ―っとと、風が結構きついわねぇ」
「……………………いや、その。スカートを抑えて欲しいんだけど……」
「んぅ?やぁよ、めんどくさい。見たくないならそっぽでも向いてなさいぁ」
「いや、だから、それができないから抑えろと……っ」
「くすくす…赤くなっちゃってかぁわいい~」
「………。そりゃな。幾ら『お子様』の僕でも、何も履いてないと照れる」
「え?……えぇぇぇぇ!?ちょっと、それは幾ら私でもぉ…!」
「嘘だよ。―ふふ、あはは、水銀燈でも焦る時ってあるんだな」
「…やってくれるじゃなぁい。その笑顔、他の娘に見せないでよぉ―んしょっと」
「ん、なんて?―漸く戻ってくれるか。えーと…なんか微妙な微笑みが怖いんですが…」
「失礼ねぇ―具体的なモノじゃない夢ができたものぉ」
「そ、それは良かった…って、ぅわお前顔が近―!?」
「乙女の恥ずかしい姿を見たんだから―

責任、取ってもらうわよ―あ・な・た……(ちゅぅぅ」

「…………ぼくはなにをされたんでしょうか」
「接吻。―言わせないでよぉ、私も初めてで恥ずかしいんだからぁ」
「そおですか。…………あの、そのいきおいでつぎのステップも」
「『お子様』にはまだまだ早いわぁ―ほら、戻りましょう、アナタっ」


 
6:甘い保守を致しますわ

イベント名―はしたないと仰いますか? 場所―学校:食堂
「ふぅ…御馳走様、ありがとうございました」
「が、学食で…首里城が散るとは…雪華綺晶を侮っていた…」
「勘違いなさらないで。腹八分目で抑えていますのよ」
「……お前に奢るって言った僕が馬鹿だった…」
「そんなに凹まないでくださいな。美味しく頂きましたから」
「まぁ…あれだけ美味そうに食べているのを見ると、僕も満足だけど」
「…………ワタクシ、そんなにはしたなく食べておりました?」
「食べる速度は凄まじかったけど、そうは感じなかったかな」
「それならばいいのですが…。なんだか、少し恥ずかしいですわ」
「量を気にして欲しかった…orz―と、ちょっと動くなよ」
「え、え、急にそんなお顔を近づけあぁ御髪のいい香りがあらあらあ―」
「動くなってば―ん、よし、ご飯粒取れたぞ」
「……あらあらあらぁ…そーいう事でしたか」
「つけたままだと恥ずかしいだろ?…あの、顔がお怖いんですが…」
「気のせいですわ。―所で、知っていらっしゃいますか?」
「いや、絶対気のせいじゃーなにをでございましょうか?」
「別腹の原理ですわー例え満腹でも、好きなモノの匂いを嗅ぐと、胃が広がるんですの」
「あぁ、だからデザートは食べられるって話だよな。…え~と」
「うふ、デザート、頂きますわね」
「ちょっと待て食べ物のましてやデザートの匂いなんか嗅がせて―!」
「ワタクシの嗅覚は捕えましたわよ、貴方様の香りを。ですので―

頂きますわ―――(ちゅ………っぱ」

「……僕は食べられたんだろうか」
「うふふ、ご馳走様―ですわ」
「お粗末さまでした。…じゃあ、次は僕が雪華綺晶を―」
「あぁ、お腹は満腹、胸も一杯ですわ。―教室に戻りましょう―うふふ」


 

7:甘い保守を致す…

イベント名―ばらしーが あらわれた 場所―学校:PCルーム
「き・す・し・て・い・い、き・す・し・て・い・い・?…んー…」
「……新手の呪文か何かか…?」
「するとを呼び出すのだ―」
「…北欧神話だったっけ?なんでまた…」
「しかし、ばらしーのMPではたりなかった!」
「…いや、お前にMPはないだろ。昔のネタは認めん」
「てけり・り、てけり・り」
「…あー、えーと。クトゥルフ?お前と話していると、いらん知識が身につくなぁ…」
「いぁ!いぁ!はすたー!」
「…いやちょっと待て。脈絡がないと言うか、会話をしてくれ」
「いちまんねんと二千年前からあ・い・し・て・るー…もうちょっとだから」
「…薔薇水晶!会話はキャッチボールだぞ!お互いが意味を把握しないと……え?」
「??―ぅし、ばらしーは完了。次は貴方の番。―M78星雲と言えば!」
「う、ウルトラマン?…いや、だから、僕が全然話についていけないんだけどっ」
「…次でぇ、らすとぉぉぉ。初代パプワ君のOPは!」
「んばばラブソング。……だぁぁ、いい加減にわかる様に説明し―!?」
「…えへー、かーんせい。では―

お言葉に甘えまして―――(ちゅぱっ」

「……もぅなんか説明とかどうでもよくなってきたけど、一応聞いていいか?」
「たてよみ、たてよみ」
「うん、やっぱりわかんないな。―因みに、続きとかを所望するのは―?」
「だめ。『たう』じゃ意味が分かんない」
「……とりあえず、お前と一緒にいるのは大変な事はわかった」


 

8:切ない保守を致します

イベント名―幼馴染 場所―学校:教室
「こんな所で寝ちゃって…疲れてるなら、帰って寝ればいいのに…」
「……zzz」
「……待っているのね、あの子を……」
「……zzz」
「―ねぇ、…もし、私が『待ってて』って言ったなら…貴方は同じ様に待っていてくれた?」
「……zzz」
「……待っていてくれたかも…ね。貴方は…嫌なほど、優しいから」
「……zzz」
「もう少しちゃんと、傍にいていれば…良かったのかな…」
「……ん…し、…く…」
「―そうすれば、私も昔みたいに…名前で呼んでくれたかな。
…………私も、貴方を………名前で呼べたかも、ね」
「………しん、く……」
「諦める…わ―風邪をひかない様にね。さよなら、

―…大好きな…貴方―――(ちぅ」

「(とことこ…からから、からから、と)―…委員会終わったの、真紅?」
「え…巴?―いいえ、30分ほど休憩よ。…えと、教室の中に…」
「…いるわよ。寝ちゃってるから起こしてあげて―じゃあね」
「………?えぇ、また―(からからから、とん」
「――さようなら、大好きなー大好きだった、貴方」

巴に甘いシリーズは用意されておりません。
追加ディスクを挿入してくd(ry


 

9:甘酸っぱい保守を致します(切ない保守を致します:追加ディスクver

イベント名―幼馴染以上…  場所―学校:教室
「こんな所で寝ちゃって…疲れてるなら、帰って寝ればいいのに…」
「……zzz」
「……待っているのね、あの子を……」
「……zzz」
「―ねぇ、…もし、私が『待ってて』って言ったなら…貴方は同じ様に待っていてくれた?」
「……zzz」
「……待っていてくれたかも…ね。貴方は…切なくなる位、優しいから」
「……zzz」
「もう少しちゃんと、傍にいていれば…良かったのかな…」
「……ん…、と…え ゃん……」
「―そうすれば、私も昔みたいに…名前で呼んでくれたか……え?」
「………とも…ちゃん……」
「――――!…………諦める…諦め…―そんな事…できないよっ」
「(からからから、と―)待たせ……巴?」
「……しん、く。―アドバンテージは、貴女の方が遙かに上、だよね」
「……何の話…なのだわ」
「私、柏葉巴は、貴女の思い人が―この人が好き。だから―

挑戦状、受け取ってもらうね――(ちゅっ」

「な、な、な……!?」
「真紅、貴女は、挑戦を―受けますか?受けませんか?」
「―いい笑顔ね、巴」
「―貴女こそ、真紅」
「受けとめるわ。―ふふ、あははっ」
「…ありがとう。―く、ふふふっ」
―鮮やかな夕刻に響くのは、少女二人の賑やかな笑い声。


 

10:切ない保守を致すわよっ

イベント名―最良の親友、最愛の教え子 場所―学校:体育館
「こぉら、君!こんな所で何油売ってるの!」
「へ?草笛先生…?いや、金糸雀の演奏が始まるのを待って―」
「言い訳無用っ!センセーは悲しいわ、君がこんなにも乙女心がわからないなんて!」
「いやあの、とりあえず落ち着い―」
「カナは久々の演奏会で緊張しまくってるんだから、君が傍にいてあげないと!」
「人の話を聞いてくださいよっ。―それに、そういうのは先生の方が適n―」
「はい聞いたっ。―あの子も年頃なんだから…私よりも君の方が適任なのよ」
「ぅ…でも、僕が行っても何も…」
「君が行く事に意味があるのよ。―そのままの君に、あの子は安心するんだから」
「――わかりました。行ってきます、草笛先生!」
「うんっ。―――頑張れ、男の子……」

「…あぁもぉ、なんでカナの演奏が始まる前から景色が滲んで見えるんだ、私は」
「―幾ら君でも、失恋すれば涙くらい出るだろうさ。草笛先生」
「―是は汗です。もしくは目から流れる鼻水ですよ。槐先生」
「……妙齢の女性がそう言う事を言うモノじゃない」
「相変わらず、槐『先輩』は女の子に幻想抱いてますね。―出歯亀ですか?」
「…草笛『君』が女の子…?いや、それはいい、―君の声が大き過ぎるんだ」
「さぃですか。次からは注意しまーす」
「……良かったのか―あの選択で?」
「……カナは最良の親友で、最愛の教え子ですから。…恋敵にはなれません」
「……そうか。―今日は一杯付き合おうか?」
「男ヤモメと振られ女で、ですか?」
「偶には悪くないと思うが」
「―よござんしょ。よーし、今日は学生時代に戻ってぶっ潰れるわよー!」

みっちゃんに甘いシリーズは(ry

|