※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
「二葉さんはね、日本という極東の島国から、訪ねてきたのよ」
 
そう語るコリンヌの声は、雪華綺晶の耳を、右から左へと通り抜けてゆく。
写真の中の、優しそうな目元と、社交的であることを思わせる微笑。
潤んだ金色の瞳は、二葉という青年に、釘付けとなっていた。
 
 
この既視感は、なに? ずっと以前にも逢っている……みたいな。
だが『いつ、どこで』に当たるパズルのピースは、見つからなかった。
二年前に、二葉が渡仏した際のことか。それとも、もっと他の時期なのか。
 
雪華綺晶が手繰る記憶の糸は、どれも、ぷっつりと途切れてしまう。
コリンヌと出逢うまでの経緯さえ、夜霧に巻かれたように、茫漠としていた。
 
「二葉さまは、どのくらい、このお屋敷に滞在なさってたのですか?」
「そうね……一ヶ月以上は、お泊まりになっていたはずよ。
 わたし、殆ど毎晩のように、二葉さんに日本の話を聞かせてもらってたっけ」
「この写真も、その時の?」
「ええ。写真ってステキね。美しい思い出を、より鮮やかに留めておけるから。
 眺めながら想うだけで、息づかいが聞こえるほど、彼を身近に感じられるのよ」
 
楽しかった日々の思い出に浸っているコリンヌは、いつになく上機嫌だ。
目の前にいる雪華綺晶が、想い人であるかの如く、一言一言、声を弾ませる。
蒼い瞳を輝かせて、口早に喋るさまは、恋する乙女そのものだった。
 
 
 
  第八話 『Feel My Heart』
 
 
 
――なんて健気なんだろう。雪華綺晶のココロが、キュッと痛くなった。
写真を眺めて、手紙のやりとりをして……
二人を隔てる距離にも屈せず、二年もの間、一途に想いを紡いでいる。
そんなこと、よほど強い気持ちがなければ、できやしない。
コリンヌの思慕には、特別な意味があるのだと、雪華綺晶は悟った。
 
「もしかして、あなたと二葉さまは、将来を誓った仲ですの?」
「それは……いいえ、まだよ」
 
伏し目がちに、か細い声で呟いたコリンヌの頬は、桜色を帯びている。
奥ゆかしい仕種ながら、彼女の気持ちは、あからさまだった。
 
「だけど、いつかは――ね。そう願いながら、手紙をしたためているの。
 子供じみた夢……かも知れないけれど」
「想いは届きますよ、きっと。いえ……もう届いているのでしょう。
 ですから、二葉さまも頻繁に、手紙を書いてくださるのです」
「そうね。そうよね」
 
言って、コリンヌは端正な表情を、パッと綻ばせる。
けれども、その美しく澄んだ蒼眸の奥に、一抹の不安が宿っていることを、
雪華綺晶は見逃さなかった。
 
彼を信じていない訳では、ないだろう。
だが、コリンヌはまだ若い。喩えるなら、苗木のようなものだ。
激しい雨に土壌を浚われれば倒れるし、突風に薙ぎ払われもする。
脆弱な根元は、些細な変化であっても、呆気なく揺らいでしまう。
 
彼の声を聞きたい。優しく、髪に触れて欲しい。
コリンヌが心から望んでいることは、きっと、そんな自己満足だけ。
少女は今、想いを貫くために、確かな絆を求めずにはいられない年頃だった。
 
 
「ねえ、コリンヌ」
 
主人の背後に回った雪華綺晶は、目の前にある細い肩を、両腕で包みこんだ。
そっと近づけた頬に、コリンヌの耳が触れる。驚くほど熱くなっている。
でも、なんだか気持ちいい熱。彼女は、ますます頬を擦りつけて囁いた。
 
「もっと……二葉さまのお話を、聞かせてください」
 
彼を思い出すことで、コリンヌの寂しさが少しでも紛れるのであれば――
聞き役となることに吝かでない。
保護してくれたばかりか、こうして側仕えまで許してくれたコリンヌへの、
せめてもの恩返しができるなら……と。
 
しかし、それだけが理由ではなかった。
雪華綺晶もまた、二葉という存在に、並々ならない興味を抱いていたのだ。
なぜ、彼が夢の中に現れたのか……その理由が知りたい。
だからこそ、彼のことを、もっと教えて欲しいと望んでいた。
 
  ~  ~  ~
 
コリンヌは、それこそ湧き出す泉の如くに、二葉についてを語り続けた。
やがて日が傾き、夜が訪れても、彼女の回想は止むことを知らない。
食事を自室に運ばせてまで、雪華綺晶とのお喋りに熱中していた。
 
この会話の終了が、二葉との縁の切れ目になると怖れているような――
そんな素振りだった。
 
 
「二葉さんには、双子のお兄さまがいらっしゃるのよ。
 ご兄弟で、新しい事業を展開しているの。かなり大掛かりな計画らしいわ」
 
そんな話題が切り出されたのは、一緒に食後のシャワーを浴びている時のこと。
二葉のことを話している時のコリンヌは、本当に愉しそうだ。
雪華綺晶は、かいがいしく主人の背中を流しながら、笑みを交えた相槌を打つ。
 
けれど、その笑顔の裏で、雪華綺晶はじわじわと興醒めていた。
自ら望んだことながら、コリンヌが他人の名を口にするのが、面白くない。
いま、最も側にいて、触れ合っているのは自分なのに……
どうして、遠く離れた国の青年のことばかり、嬉しそうに話すのだろう。
嫉妬と思慕の情が、もやもやした欲求不満を募らせる。
雪華綺晶の胸で、独占欲が燻りだしていた。
 
インプリンティング――という言葉がある。
鳥類や哺乳類が、産まれて直ぐに見た物体を親と認識する学習能力のことだ。
雪華綺晶の、コリンヌに対する感情も、それに近いものかも知れなかった。
 
(あなたは…………私だけのマスター)
 
コリンヌは今、確かな温もりを求めている。雪華綺晶は、それを与えられる。
だから、行動することに、なんの躊躇いもなかった。
 
「続きは、お部屋で聞かせてください。夜が明けるまでの、寝物語に――」
 
雪華綺晶は背後からコリンヌを抱きしめ、濡れた素肌を、ひたと重ね合わせた。
そして、返事を促すように……主人の白い首筋を、ちゅぅ――と吸った。
花弁のような少女の唇から、驚きの中にも悦びを滲ませた声が漏れる。
ひくん……コリンヌは喉を蠢かせて、おののきながらも、こくっと頷いた。
 
 


 
 
  第八話 終
 
 
 【3行予告?!】
 
いま、私の願い事が叶うならば……翼が欲しい――
空を飛べるなら、すぐにでも貴方の元へ行きたい。
そんな願いが、この空には、どれだけ溶けてるのかしら……。
 
次回、幕間2 『azure moon』
 
 
|