※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀「ここで互いの意見を言ってみようじゃないのぉ」
紅「…ジュンは私の所有物で彼氏よ。私だけが甘える権利を持っているのだわ」
銀「違うわぁ。ジュンは私の所有物で親友よ。私だけがセクハラする権利を持っているのよぉ」

金「なんというドSサミットかしら…」
雛「なのー…」
ジ「僕の意見は無視なのか? そうなのか?」

 


 

薔薇乙女がスパロボに参戦

銀:トロンベ
翠:量産型ゲシュペンストmk2
蒼:ヴァイサーガ
紅: コ ン パ チ カ イ ザ ー

金糸雀?黄色い機体はテンザン機位しか思い付かないや
雛は巴のサブでグルンガスト参式で 

 


 

J「金はキングキタンでよろ…っと」
金「それはスパロボには出られないということかしらっ!」

 


 

雛「JUM~教えて欲しいことが有るの~」
J 「僕に分かることなら」
雛「コンドームってなんなの~?」
J 「…誰に聞いたソレ?」
雛「ttp://gigazine.net/index.php?/news/comments/20070922_condom_party/
雛「ここを見てたの~」
J 「(結構綺麗だな)」


J 「なんだってこんな状況に…」
紅「自業自得よ。」
翠「良いから早く作るです、ちび人間!」
J 「お前ら…コレがなんなのか知ってるのか?」
翠「水風船以外の何に見えるですか!翠星石のこと馬鹿にしてるですか!」
紅「…///」
J 「ま、いいか。」

蒼「JUM君何をしてるんだ!こんなもの使って!」
翠「こんなものって、コレは水風船ですよ蒼星石?」
蒼「…JUM君?」
J 「予め言っておくと俺は被害者の立場だ。」
蒼「僕の翠星石を穢したね?」
J 「聞いてらっしゃいます?」
蒼「ああ、翠星石。なんて可哀想なんだ。何も知らずにJUM君に穢されて。」
蒼「これからは僕が君を守り続ける。穢されることがないように蒼に染めて…」
J 「(なぁ翠星石…)」
翠「(蒼星石は過保護なんですよぅ…)」
J 「(そういうレベル超越してるだろ…)」

 


 

ジ「食費…か。」
ジ「仕方ない…。」

ノ「ジュン君このお金どうしたの!?」
ジ「さっき外貨で稼いだ。今月苦しいんだし綺麗なお金ではないけどさ。」
ジ「みんなの笑顔見れるならいいだろ?」
ノ「(´;ω;`)ジュン君」

ノ「今日は花丸ハンバーグよー!」
雛「わ~いなの~。」
翠「ノリのハンバーグは美味しいですからね。」
紅「ジュン、何をしてるの?早く席に着きなさい。」
ジ「はいはい。」


こうして今日も桜田家の食卓は守られているのです。

 


 

真紅は水銀燈に絆の力を思い知らせてやるそうです。

紅「水銀燈、今日こそ貴女に絆の力を教えてあげるのだわ」
銀「へぇ、どうやって?」
紅「これを一緒にやるのよ」

 つ【がんばれゴエモン2~奇天烈将軍マッギネス】【星のカービィスーパーDX】


銀「ヘルパー……貴方の力がなかったらこの宝箱は取れなかったわぁ。これが、絆の力……?」

紅「計 画 通 り」


水銀燈は真紅に絆の脆さを思い知らせてやるそうです。

銀「真紅ぅ……この前はよくもきれいに騙してくれたわね。(あの後全クリまでやったけど)今度は貴女に絆の脆さを教えてあげるわぁ」
紅「あら、どうするのかしら?」
銀「これを一緒にやるのよぉ」

 つ【ゴールデンアイ】【アイスクライマー】


紅「どくのよポポォォーーーー! その足場は私のものなのよ落ちるのだわぁーーー!」

銀「計 画 通 り」

 


 

薔薇雪華姉妹が映画を見ているようです。

薔「…うわ…痛そう…血が…ひっ…やりすぎ…」
雪「…」
薔「…終わった…」
ラプラス「酷く怯えておいででしたが何をご覧に?」
薔「…ハ○○バル・ライジング…怖いし痛かった…」抱きつき
ラ「よくご覧になりましたね。」なでなで
薔「…お姉ちゃんがいたから…」
雪「ぐきゅるる~~(お腹の音)あらいやだ、見ていたら…何か肉系は…」とてとて
薔「………ジョーク…だよね?」
ラ「………でしょうな。」

翌朝

しばらく銀ちゃんのとこに泊まります  薔薇しぃ

雪「…」
ラ「…(早く帰って来て下さいお嬢様ぁぁぁ!)
雪「ラ・プ・ラ・ス♪」
ラ「えっ…あのいや私お仕事が止めて引っ張らそこは調理室!」

トリビュアッーー!

血が出る映画は未だに苦手だよ保守

 


 

8巻最後の方より

ラ「おや? クク……得てして次の扉を見つければ、開けたくなるのが人のサガ。それでは皆様、ごきげんよう」
ガチャ

し●か「キャーーーー! ラプ太さんのエッチ!」
ラ「ウホッ! これはトリビァァァァァァァル!」
梅「(バリバリッ!)なんてお決まりな展開があるとでも思ったかい!? さぁLet's 薔薇男の世界!
ラ「ア゛ッーー! ウサギの穴ルだけはっ! 穴ルだけはぁぁぁぁぁっ!」


決して8巻を最終巻とは読んだりしない、それが俺のジャスティス、お帰りはウサギの穴ルから……

 


 

「カナカナカナカナ……」
ラ「夏も終わりとなり秋に入りつつあるこの頃、ひぐらしの鳴き声が身にしみますなぁ」
「カナカナカナカナカナ……!」
ラ「おや、ひときわ元気のいいのが一匹。威勢のいいことで……あれ?」
み「カナカナカナカナァーーーーッ! 私のカナはどこーっ!? むっ兎、さてはてめぇがかどわかしたのかぁーっ!」メメタァ
ラ「ぴグもンっ!?」


   ラ    プ    ラ    ス    の    な    く    頃    に


 惨劇(みっちゃん)に、挑め!

 2009年 ファビョリーコンピュータ専用ソフト 堂々発売            しません

そんな保守

 


 

電話保守

ジ「あ、もしもし僕だけど」
紅『ああ、ジュン……ッ! あぁッ!!』
ジ「あれ真紅姉、息が荒いよ? どうしたの?」
紅『い、今、水銀燈と運動してたのよ……!!!』
ジ「運動?」

銀『ほらほら真紅ぅ、もう降参なのぉ?』

ジ「銀姉……」
紅『ちょっと水銀燈! 激しすぎるのだわ!』
銀『なによぉ、貴女からヤリたいって言ってきたんじゃないの……ほぉら♪』
紅『や、嫌! ちょ、ちょっとそんなモノ入れないで!!』
ジ「入れ……ってちょっと二人ともorz」
紅『ち、違うのよ! 勘違いしないで頂戴! これは運動のメニューに…うっ!!』
銀『やだぁ~もう真紅ったらキツキツなのねえ』
紅『ま、待ちなさ……い、痛あッ!!!』
銀『うふふ。最初は痛いけどぉ、スグに良くなるわよぉ♪』
紅『な!? へ、変なことを言わないで! あ……あぁッ!!?』
銀『あはっ、もう終わりなのぉ? ざぁんねん』
ジ「真紅姉……」
紅『ジュン! 違うのこれは……』
ジ「はあ……もういいよ……」 ガチャ、ツーツー

銀「あらあら、嫌われちゃったかしらぁ」
紅「このジャンク! 怨むのだわ!」 

自宅保守

ジ「ただいま」
紅「遅かったわね」
ジ「え? ああ、うん」
紅「ところで、さっきのことだけど……」
ジ「いや、僕は良いと思うよ」
紅「だから、違うと言ってるじゃないの!」
ジ「隠す事ないさ、別に姉妹同士女同士好きあってても僕は色眼鏡で見たりは……むぐッ!!?」
紅「んっ……んん…………プハァ」
ジ「いっ、いきなり何すんだよ!」
紅「キスなのだわ!」
ジ「キスって……僕弟だぞ」
紅「たった今姉妹同士でも色眼鏡で見ないと言いかけたわ!」
ジ「あれは言葉のあやみたいなモンだ」
紅「あやでも何でも良いのだわ! 良いこと? 私が好きなのは貴方! 他の誰でも無いの!」
ジ「わ、わかった。わかったから落ち着いて」
紅「これが落ち着いていられて!? 貴方におかしな勘違いをされていたというのに!!!」
ジ「だぁ――ッ! もう良いって、アレだろ? ストレッチか何かをメニューに『入れた』んだろ!?」
紅「そうよ! だから最初はとても痛かったのだわ!!」
ジ「ああー…真紅姉そんなに身体柔らかく無いもんな」
紅「ええそうよ……理解はしてくれてるみたいね。でもまだ何か不安だわ……そう何か証を立てないと
  ……そうよ証よ! ジュン! 今直ぐ○○○○して私の身の潔白をを確かめるのだわだわだわ!!!」
ジ「何か怖いぞ真紅姉!」
紅「さあ、二人にとって素敵な初体験にしましょう……」

ジ「ちょ、待たんかい……アッー!」 

病院(携帯)保守

銀「ああ、もしもし……真紅? あんたさっきは良くもやったわね」
紅『あッ…あんなイタズラをしたのだものおぉッ! 当然の報いだわ…ひぃっ!』
銀「だからって救急車で病院に担ぎ込まれるまで殴る普通?」
紅『自業自得よ……あっ、ジュン!? ちょっとそんな後ろから!』
銀「まあいいわ。それより、貴女の様子がおかしいのだけど」
紅『そっ、それはッ、ジュンと、う…運動っしてるか…らだわッ! !!!??』
銀「貴女……人をこれだけボコボコにしておいて未だ根に持ってるワケ?」
紅『別に当てつけとかそういうのでは無いわ。只の運動よ…ぐえッ!』
ジ『真紅姉、電話してる余裕なんてあるのかなあ』
紅『あッ!? ま、待ってジュン! こ、こんな風にされたら……………………あ』
銀「ちょっと貴女達!? まさか本当にしてるんじゃ無いでしょうね!!?」
紅『はう……』
銀「私が先に捧げる積もりだったのに! 真紅! あれ、真紅ぅ?」
紅『…………』
銀「し、真紅ー? ……真紅ちゃーん?」

紅『御免なさい…こ、腰が抜けてしまったのだわ』
ジ『やべ……僕もだ』
銀「(#^ω^)ピキピキ」

紅『ふぅっ……どうやら、私の方から其方へ行く事になりそうね』
銀「いいわ、ジャンクにしてあげる――」

銀「で……後でジュン貸して」
紅『お断りよ』

 


 

蒼「見て、翠星石。この時間でもスレを立ててくれる人がいる」
翠「ありがたい事ですねぇ」
真「このスレの事を本当に思ってくれているのだわ」
雛「感謝、感激、ヤマアラシなのー!」
薔「…愛してるぜベイベ」
雪「では最後はお姉様に」
金「シめてもらうかしらー!」
水「まかせなさぁい。では元気よく~」
『保じゅ!』

皆「・・・」じ~
水「見ないで!私を見ないでぇ!!」

|