※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

護衛ただそれだけの関係?

第三章~呼び名~

今回は水銀燈視点ねぇ……

電車を降りても15分も歩くなんて……もっと近くに線路引いてほしいわね……
「水銀燈さん、ちょっと」
同い年でさん付けって……そんなに老けて見えるのかしら……

「さん付けはあんまり頂けないわねぇ。」
「すみません、ですが立場上「水銀燈と呼びなさい。分かったわねぇ?進士?」……わかりました。」
ちょっと脅し利かせ過ぎたかしら?
「で、どうしたのよぉ?」
取り敢えず本題に戻さなきゃねぇ……
「いえ、聞きたいことはもう聞きました。
金糸雀さん、「カナもさん要らないかしら~」はい、分かりました」

呼び方決めるためにわざと呼んだってことねぇ……結構考えてるじゃない。
でもこの水銀燈だけに言い訳するなんて…ジャンクにしてやろうかしら……… 

「おい、水銀燈、睨みすぎだろ」
……ジュンに進士を睨んでること気付かれちゃったぁ。
「気付くとは、それでこそ私の未来のお婿さんに相応しいわぁ……」
政略結婚……親同士が一方的に決める結婚のこと。
重婚…………一夫多妻、またはその逆
桜田家は今、貿易会社を設立している。数年前まではなかなか儲かっていたらしい。
でも、今は物価の上昇で、今や風前の灯となっている。
だからローゼン家八人と政略結婚、重婚をしなければならない。
ま、ジュンのこと好きだから良いけど……

「人前ではそれを言うことはあんまり推奨しないぞ。」
「でも本当のことでしょう?」
「まあそうだが……」
ジュンはいっつも私と喋るときは尻切れトンボ……何て言うかちょっと悲しい。 

「ジュンさん、なんか呼びにくいですね…………」
確かに、そういえば冬○ナでもそんな名前の人いたわねぇ……
「そうだな、僕も呼び捨てでいいや」
「了解しました。」

「丁度着きましたね。」
何事もなく学校に着く。正直護衛いらないんじゃないかしら……

平和ねぇ……………

第三章~呼び名~ 完

|