※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

3:45 a.m.

一応未成年だけど、もうすぐ二十歳。
まぁ、いっか。

「74番」

-Mid(K)night-


最近吸いだしたタバコも、慣れるとなんでもない。
むしろ本数が増えて、危機感を「多少」覚える。

でもそんなことは気にしない。

「320円のお買い上げです」

コンビニ店員にしては珍しい、まぁきちっとした言葉づかい。
「~になります」は多少嫌悪感を覚えていたから。

コンビニ前でちょっと一服-灰皿があるのはうれしい。

アイスミントって書いてある割に、メンソールがもんのすごいきついわけじゃなかった。
まぁ、いいんだけど。

ちょっと前に少し厭になることがきっかけで吸い始めたタバコ。
いつの間にか6mgまで上がっていた。

高い金出して煙に消えて、なおかつ体まで悪くする。
こんな厭世的なものはない。 

「アイスミントか。お前らしいな」

ふと声をかけられる。
こんな時間に誰だろうか?

「・・・ジュンじゃなぁい。どうしたの?」
「いや、なんか喉渇いたから」
「ふぅ~ん」
「とりあえず買ってくるわ。ちょっと待ってて」
「いいわよぉ」

彼にタバコを吸ってるところを見られた。
精一杯の虚勢を張ったつもりだったけど、たぶんどっかで出てたと思う。
彼は水を買ったようだ。
私のこんな姿も、流してほしいもの。

「お待たせ」
「別にぃ」
「パッケージの色がお前っぽいよ。それよかきっかけは?」
「フ●テレビ」
「おいw」
「嘘よぉ。ちょっとね・・・」
「まぁ色々ってやつ?」
「そうねぇ・・・」

彼は別に何とも思ってないような様子。
それもまた、なんとなしにさみしい気もする-私らしくもない。

「一本くれる?」
彼は意外なことを言ってきた。

「え?」
「だからさ、一本ちょうだいって?ダメか?」
「いいわよぉ」

彼は徐にポケットからジッポーを取り出して、火をつけた。
なんか、慣れてない?
「なかなかいいな、コレ」
「そう?」
「うん。スッとするわ」
「ふ~ん」
「なんだよ?w」
「別にぃ。ジュンもタバコ吸うんだぁって」
「まぁな・・・」

彼にも何かあったのだろう。
そんな感じがした。

「僕もコレに変えるわ」
「そう」
「相変わらず素気ないなw」
「うるさいわねぇ。仕様よ、し・よ・う」
「お前の口からその言葉が出るとは予想外w」
「なによぉ」

なんか、落ち着く。
彼としゃべってると、不思議とそんな感じがする。

「ねぇジュン?」
「ん?」
「朝まで一緒にいてって言ったら怒るぅ?」
「別に?いいけど」
「なら決まりねぇ」
「その前にいいか?」
「何?」
「ちょっとそれ買ってくる」
「勝手にしなさぁい」

何故か朝まで、どうでもいいことを話し続ける選択をした。
何故かは本当にわからないけど。所謂、なんとなくってやつ?
「お待たせ」
「遅いわぁ」
「いや、さっきと変わんねーだろw」
「じゃあ、行きましょ?」
「あぁ、公園でも行くか」

その後2人でどーでもいいことや、タバコのこと、タバコを吸い始めたきっかけを話してた。
なんか落ちつく。なんでだろ?

「ねぇジュン?」
「ん?」
「またこんな風に会ってくれる?夜中に」
「気が向いたらな」
「なによぉ」

こんな会話を続けていた。
それから2日に一度くらいだろうか?夜中に会うように。
別に何があるわけじゃないけど。少なくともその時はそう思っていたけど。

あの日がきっかけで、お互い同じタバコを吸うようになって・・・
気がついたら、昼間も一緒にいた。

「ねぇジュン?」
「ん?」
「あんた彼女いないの?」
「どう思う?」
「いないんじゃなぁい?」
「まぁ、あたりかな?」
「何それ?」
「彼女みたいなのは一人いるけど」
「ふ~ん」
「そいつもおんなじタバコ吸ってるよ」
「私もなんとなく彼氏みたいなのはいるわぁ」
「へぇ~」
「その人もおんなじタバコ吸ってるし。ジュンはその人のこと好きなの?」
「うん、好きだね。お前は?」
「・・・私も、好きよぉ」
「そっか」
「そうよぉ」
「じゃあ、付きあおっか?」
「そうねぇ。仕方ないから付き合ってあげるわぁ」
「なんだよそれw」
「仕様よ、し・よ・う♪」
「はいはいw」

こんな告白も、いいのかな?
それからも、こんな関係が続いてるし。

|