※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

質屋のお客達その5

ついに来たエアコン………遅いよ。確かにまだ暑いけどもうエアコン無しでも耐えられるよ。
まあいいか…。涼しいし。

「あら本当に暇そうね。水銀燈達の言うとおりね。ジュンこの店はきちんと経営できているのかしら?」

そんな容赦無しの感想を言いながら店に入ってきたのは僕の天敵。
金髪のツインテールをなびかせた僕と同い年の真紅である。

「真紅か…なんだよ。お前が質屋に来るなんて……蒼星石も似合わないけどお前もかなり似合わないぞ。」
「そうね。できれば一生来たくないわ。でも今日は貴方に頼みがあるのよ。」

真紅が僕に頼みなんて……いやよくするか。
紅茶を入れろだの紅茶を入れろだの紅茶を入れろだの紅茶を………紅茶の印象が強すぎて他に何を頼まれたか思い出せない…。

「まあいいや。頼みとは?」
「それにはまず思い出してもらわないことがあるわ。貴方は私の下僕よ。これは会った時から言っていたわよね?」
「そうだな。言われ続けて定着してしまった僕の忘れたい称号だ。」

下僕ってパシリよりひどい言いかただよ。なぜ定着させてしまったのか…。

「それともう一つ。ついに私の夢の一つである紅茶専門店を作ることにしたわ。」
「ふ~んなのにお前のマイカップを持ってきたのか?質屋に?」

まあ紅茶専門店と言うのがどんな物か気になる所だけど……。今はそれより真紅の持ってきた物に目がいく。
真紅は学生時代目が腐るほど見たマイカップ…のセットを持ってきていた。 

「そうね。でもその前に私の言い分を聞きなさい。さっき言った私の店。従業員が一人も居ないの。…というか誰がやるか決まっていないのよ。それで…」
「僕にやらせる気か…?」
「あらよくわかったわね。そうよ。私の下僕で扱いやすい。それに紅茶を入れる技術もある。これ以上の人材はなかなかいないわ。」

つまりこのカップセットのお金で僕を雇うと…。しかし言い分の理不尽さがひどい。

「それで幾らくらいになるかしら?」
「まあ人一人雇うのくらいは楽勝であるよ。ただ…」
「ただ…なによ?」
「唐突にも程がある。もう少し考える時間はないのか?」
「あるわよ。オープンは1ヶ月後だから……それまでにこの店でやり残したこと、私の店では何をやればいいのか…。考える時間はたっぷりあるわよ。」

何がたっぷりあるわよ。だよ。
しかも考える時間って…僕が真紅の店に行くのは確定事項なのか?

「それじゃあね。詳細は今度会った時か電話でするわね。」
「ちょっと待てよ。お前の言い分は…」
「ああそれと私の店に来るからには上等なティーカップを持ってきなさい。それじゃあまた今度会いましょう。」

僕の話を聞く前に真紅は店から出ていってしまった。……上等なティーカップ?
つまりこれを返せと……。理不尽にもほどがあるだろ!?
ああ……でもやっぱりやらなきゃならないんだろうな…。
はぁエアコン取り付けたの…無駄になったな。
でも真紅と一緒に働く…か。まあそれも悪くないかもな。

続く

|