※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

護衛依頼ただそれだけの関係?

第一章~またベタな……~

男は困る。昨夜聞き忘れたことがあったから。だが時刻はもう朝七時を十二分も回っている。

(朝のHRで紹介されると思うんですが……昨日依頼の事聞いたからな……
てか、早く行かないと……電車間に合いますかね~?)

駅到着

駅に着き、彼は何かを見つける。
(………?短髪栗毛………近づかないと目の色までは………仕方ない、ベタな出会いでも演じてみますか………。)

彼が見つけたのは恐らく昨夜聞いた人物の一人 

(……確か四女でしたかね?)

取り敢えず近づく。更に近づく。そして近づく。終いには………

「………あだっ」
「………うわっ!」

転けてしまい、その人と一緒に薙ぎ倒す。ベタベタな展開。それもラブコメを始める訳でも無し。

「すみません。大丈夫ですか?」
「ううん、大丈夫。僕もちゃんと避ければ………ってどうしたの?」
「ああ、すみません。ちょっと見とれてました。」
「………////え、ちょ、いきなり………ふぇ?!」 

本当にベタだ。
いきなり口説きにかかる男、そして、驚き戸惑う女。

「すみませんいきなり。取り敢えず立たないと………」

営業スマイルを使って、場を和ませようとする。だが彼女は更に赤面し、余計戸惑うばかり。
(取り敢えず立たせたけどこれはちょっと困りましたねぇ。)

男は朱髪で朱目。そこに嫌悪感を抱いたのだろうか?

「(早く馴染んどかないとやりにくそうだよなぁ………)そういえばうちの制服を着てるみたいですけど、転校生…ですか?」 

「えっ……あ、あのその……うん。」
「よく似合ってますよ♪」
「ふえぇ?!あうぅ………///」
(おや、逆効果)

次の手を考えていたそのときだった

「てめぇうちの蒼星石になにしてやがるですかぁ!!」

不意討ち。そしてまた倒れる男
(今日はよく転けたり倒れたり…………厄日?)

今度は何も倒すことなく顔面と地面で固さ比べ。当然顔面の敗けで額からは血。

「結構痛いもんですね。」
「あったり前ですぅ!この翠星石が渾身の一撃を放ったんですから!!」
(長髪栗毛オッドアイ………)
「なにやってんのよぉ……二人とも!騒がないの!!」
(銀の長髪………)
「翠星石はいつもいつも煩いかしら!」
(蔦色………) 

「貴女も十分煩いのだわ、金糸雀。」
(金髪蒼眼………)
「うにゅー食べそびれちゃったのよー」
(金髪緑眼………てかロリキャラ!?)
「雛菊のイチゴ大福だけでなく私も朝食がたりないですわ……ばらしーちゃんがおいしそうに見える………。」
(あのロリ語を理解するとは……この桃色眼帯でき………あれ?この人食人家!?)
「………うわーたーべーらーれーるぅー。……ジュン……お助けー」
(大根やくゲフンゲフン……薄紫髪に眼帯………) 

「全く………ほんとに煩いな………」
(眼鏡でちょっと女々しい感じですね。この方が九人目ですよね………?)
「えっと……ジュンと呼ばれてましたか……ちょっとこちらに」
疑問符を頭に浮かべ、少し離れた所に連れていかれる眼鏡の少年。
男と比べると家なり背が低いようだ。

「用件なら早目にね、あいつら止めないと……」
「ええ、分かってますよ。では本題ですが、あなたの周りに護衛が付く……というのは御存じで?」
「ああ、知ってるよ。もしかして………」
「そうです。俺です。一応名乗っておきましょうか?」
「ああ、呼び方に困るからな。」
「藤河 進士です。フジカワシンジ」
「分かった。早速だけど止めるの手伝ってくれないか?そろそろ水銀燈……あの銀髪の娘がキレるから。」
「御意に。」

さあ、主人公は揃った。
物語は今、始まる。

第一章~またベタな~ 完

|