※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリアハン

ジ「商人を連れて来て欲しい、か」
銀「でも私達がしってる商人といえば…」
紅「…みっちゃんなのだわ」
翠「アレじゃイマイチ不安ですね…」

?「え、みっちゃん?あなた達みっちゃんを知ってるのかしら?」

雛「うゅ?」
紅「貴女は?」
金「あ、申し遅れたかしら。カナは金糸雀。商人の見習いかしら!」
銀「商人の…って、あなた今みっちゃんって…」
金「みっちゃんはカナにとってお姉さんみたいな人かしら。カナはみっちゃんみたいな
  立派な商人になりたくて日夜修業中かしら!」 

ジ「みっちゃんみたいな…」
紅「立派な商人!?」
金「どうしたのかしら?」
翠「いや、まぁ…ある意味立派ですけど…」
金「…?ある意味?」
銀「な、何でもないわぁ!それより金糸雀はみっちゃんへ会いに来たのよねぇ!」
金「あ、そうだったかしら!早くみっちゃんに会いに行くかしら!」

み「か、カナぁ!」
金「みっちゃん会いたかったかしらぁ!」
翠「…アレのどこがいいんですか?」ボソッ
銀「しっ!」
み「あ、そうだ、ジュンジュン私に話って?」
ジ「あ、ああ…実は…」


み「…町造り?私が?」

ジ「もちろんアンタの都合がよければ、だけど」
み「…………キ…」
ジ「?」
み「キタ━━━(゚∀゚)━━━ !!!」
銀「な、何なの!?」
み「なんという人生のビッグチャンス!この機を逃す手は無し!」
ジ「予想以上の食いつきだな…」
み「そんな訳でカナ!仕事が入ったから私行くわね!」
金「えっ…もう行っちゃうのかしら…」
み「…ごめんね、カナも連れて行けたらいいんだけど…」
金「…仕方ないかしら。カナはここで待ってるから、みっちゃんお仕事頑張ってくるかしら!」
み「…か、カナぁ~」ジーン…

み「ゴメン!ゴメンねカナ!この仕事が終わったら必ず迎えに来るからね!」スリスリスリスリ…
金「ちょっ…みっちゃん…摩擦で…ま、まさちゅ~せっちゅ…」
雛「ケ、ケムリがでてるの…」
銀「…特殊攻撃?」

ジ「さて、それじゃあ出発だけど…誰か置いていかないとな…」
翠「だったら翠星石が残って(ry」
ジ「船に乗るまいとしてるんだろうがそうはいくか」
翠「ふぐぁっ!」
ジ「水銀燈はダーマで一回休ませたから…今回は真紅が残ってくれ」
紅「仕方ないわね…早く戻ってくるのよ?」
ジ「わかってるよ…じゃ、行こう!」

スー近海

雛「う~み~はひろい~なおおき~いな~♪」
銀「もうすぐ着くわねぇ…」
翠「な、なんでもいいから早く…ウプ」
ジ「…いい加減慣れろよ…!魔物!?」

テンタクルスが現れた!

ジ「こんな時に厄介な奴が…!」
銀「ここは私達に任せて貴女は(ry」
み「ドラッシャアァッ!」ボグシャー

テンタクルスを倒した!

ジ「い、一撃…しかも素手で…」
み「私の夢を阻む者には死あるのみ!」ジャキーン
雛「みっちゃんつよいの~♪」
翠「は、早く…陸へ…オウップ」

アリアハン

紅「アラ、意外と早かったわね」
ジ「まあ、送ってくだけだったしな」
翠「つーか、みっちゃん異様に強かったですぅ」
銀「テンタクルスを素手で一撃!…アレはなかなかできないわぁ(キレた真紅以外)」
金「流石みっちゃんかしら~。カナも頑張ってみっちゃんみたいになるかしら!」
ジ「いや、アレは特殊なだけだから」
銀「それにしても…張り切ってたわねぇ、彼女」
翠「世界一の街にするんだ!…って、言ってましたね」
ジ「ああ………」



ジ・銀・翠(……何故かイヤな予感がする)
金「?」

レイアムランド近海

翠「………ウプゥ」
雛「翠星石、だいじょーぶ?」
紅「ハァ…また何処かで休まないと」
ジ「そうだな…ん?」
銀(……この辺りは…)
ジ「どうした?」
銀「えっ…!?」
ジ「元気ないな…お前も船酔いか?」
銀「な、なんでもないわ、大丈夫よぉ」
ジ「だったらいいけど…」
翠「……オゥップ」
紅「……限界ね。ジュン」
ジ「わかった、その辺に着けるよ」

翠「う~…」
紅「大丈夫?」
雛「ジュン、あっちに村があるの」
ジ「よし、そこで一休みするか」
銀「あ………」


銀(…………)

???

ジ「……何だよ…コレ…」
紅「ひどい…」
雛「……だれもいないの…」
銀「………………」
紅「…どうやら何かの襲撃を受けた跡のようね」
ジ「何かって?」
紅「そこまでは…」
銀「………バラモスよ」
ジ「水銀燈?」
銀「正確には、バラモスの軍勢…ここはバラモスに盾突いたために滅ぼされた村なの」
紅「随分と詳しいのね…」
銀「…当然よ。この村…テドンは…」










銀「………………私の故郷だもの」


続く

|