※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

151

巴「桜田くん…」
J「へ?か、柏葉…?」
巴「ピトッ」
J「ななな!?かかか柏葉!?そんな背中にもたれかかって…どどどどうしたんだよ、またお酒飲んだのか!?(cf:121)」
巴「ばっちりしらふ」
J「いやいやじゃあなんで急にこんな…ん?…柏葉って…こんなに胸大きかったっけ…
  って何考えてるんだ僕は!!…でもなんか違和感感じるような…あれ?おかしいな…」
巴「ニヤァ~」

巴「そこまでよ!」
巴?「チッ」
J「へ?あ、あれ?か、柏葉が二人?」
巴「桜田くんから離れてよ、この破廉恥人形!」
J「え?え?いったい何がどうなって…」
巴?「ばれちゃったら仕方ないね。そう、私は柏葉巴をベースにつくられた精密球体関節人形、その名も巴メイデン1号!」
J「ええええ!?」
巴「わかったらさっさとそこから離れて、あなたには恥がないの?」
巴メイデン1号(以下1号)「0号さんうるさい」
巴「0号言うな!」
1号「っていうか、そういうこと言っていいのかな」
巴「どういう意味?」
1号「だって、私の思考はあなたの煩悩をベースにつくられてるのよ。つまり、私はあなたの願望を具現化させているわけ。
   あなたのこうありたい、こうしたいっていうのを、私が代わりにやってあげてるのよ」
巴「え…あ…そ、それは…」
J「願望…じゃあ、この柏葉は…そっか…」
巴「ち、ちち、違うの、桜田くん、違うの、これは…」
J「柏葉…気にするなよ、女は胸じゃない!」
巴&1号「待てなんの話だ」



152

巴「ジトー」
J「あー…その、なぁ、1号…」
1号「…なに?」
J「なんか…視線が痛いんだけど…」
1号「へぇ~」
J「いや、へぇじゃなくてさ…お前、柏葉の姿でそんな、あんまりひっつかれると…」
1号「いいじゃないベタベタ」
巴「…!い、いい加減にして…人の姿でそんなこと…!」
1号「嫉妬してるの?」
巴「!?…そ、そんなことは…」
1号「…前にも言ったけれど、私はあなたの願望なの。つまり、私はあなた、あなたは私、OK?」
巴「え…えっと…う、うん…」
1号「だから妬く必要なんてまったくないのよ」
巴「そ、そっか…」
1号「というわけで、桜田くん…」
J「へぇっ!?」
1号「スリスリ」
J「あ、ちょ…だ、だから…その…」
巴「……だいじょうぶ、あれは私だから…」
1号「ペタペタ」
J「あの…その…」
巴「……そう、あれは私で…って納得できるはずないじゃない!」
1号「やっぱり?」
J「……なぁ、ずっと考えてたんだけど……」
巴「桜田くん?」
J「僕的には3人も有りっていうかむしろそっちのほうがいいというか…」
1号「これのどこを好きになったの?」
巴「……しらない」



153

巴「隕石が降ってくるんだって」
J「…それはたいへんだな」
巴「日本に直下してるんだって」
J「まずいじゃないか」
巴「桜田くんの家に直撃だって」
J「それならはやく逃げないと」
巴「衝突は2分後だって」
J「え?」
巴「逃げられないね」
J「じゃあ助からない?」
巴「かも」
J「……なぁ、柏葉」
巴「なに?」
J「ありがとう」
巴「うん」

……スンスンスン



154

巴「それじゃあ次は火事で…」
J「ようやく現実的なものになってきたな…えーっと、これだけもって避難…と」
巴「割と冷静だね」
J「まぁ訓練ってわかってるし…」
翠「二人とも何してるですぅ?」
J「ああ、翠星石か。最近物騒だから、何があっても驚かないように、
  危険や災害を想定して訓練してるんだよ」
翠「またお前ら、暇なことをしてるですねぇ…ふぅん」
巴「…?どうしたの、翠星石。窓の外なんて見て」
翠「……ああっ!梅岡の野郎が来やがったです!」
J・巴「!?」
翠「なーんて、嘘ですよ…なにびびってやがるです」
J「おま…や、やめろよ、そういう生々しいのは…」
翠「ふん、訓練が聞いて呆れるですね。…巴?顔色悪いですよ?」
巴「梅岡…先生……」



梅「桜田は二学期からは来てくれるかなぁ…。
  手紙や色紙もだめとなると…そうだ!ビデオレターだ!これなら桜田もきっと心を開くに違いない!
  よし、二学期になってもこなかったら、きっとやってやるぞ!クラスメートの美しい友情、桜田きっと喜ぶぞぉ!」
巴「え……」



巴「………桜田くん…無力な私を許して……」
J「な、なにが?」



155

巴「雛苺、ほら、かしわもち」
雛「ありがとなの、すっごくおいしそうなのね、いただきまーす、なのー!」
巴「おあがりなさい」
雛「ハグハグ、かしわもちおいし~の~」
巴「…ねぇ雛苺…このかしわもちを見たら、桜田くんはドキドキするかな…」
雛「…うゅ?…しないと思うけど…どうしてなの?」
巴「私ね、さくらもち見ると少し胸が高鳴るの…」
雛「ほぇ…」
巴「でも、私だけドキドキするなんて不公平…」
雛「う~…そんなこと言われても…」
巴「私はジュンク堂の看板とか見るたびに心臓が一瞬びくってなるのに…」
雛「そ、そうなの…」
巴「だからね…私の目標なんだけど、桜田くんには巴投げを見るたびに、ちょっとドキッとしてほしいんだ…」
雛「…それで、ヒナはどうすればいいの?」



156

巴「ほんとのこと知りたいだけなのに、夏休みももう終わり。おはよう桜田くん」
J「はいはい、どうせ僕は一年中夏休みですよ」
巴「…私、まだ何も言ってないんだけど」
J「どうせそういう話題にもってくつもりだったんだろ?いままでそうだったじゃないか」
巴「桜田くん…そんなにひねくれて…」
J「悪かったね。ふん、僕は8月31日に慌てる必要もないし、楽なもんさ、僕にはこれがお似合いなんだ…」
巴「……いい加減にしてよ」
J「……柏葉?」
巴「人の気持ちも考えて」
J「……」
巴「あなたはサザエさんと同じくらい気遣いがないわ」
J「……は?」
巴「全国放送の朝にやってる報道番組の司会くらい気遣いがないわ」
J「なにがいいたいんだ」
巴「みんながみんな、夏休みの終わりが8月31日だなんて思わないで!」
J「……柏葉が昔引っ越した先、東北だったのか?」



157

巴「桜田くん、お昼ごはん…つくったの…」
J「えっ…あ、ありがと…助かるよ、今日、姉ちゃんいないし…」
巴「う、うん……どうかな?」
J「えっと…あ、ああ、お、おいしいよ、すごく…」
巴「ほんと?よかっ『この匂いは玉子の匂いかしらー!』…え?」
J「うわっ…おま、か、金糸雀!?」
金「この薔薇乙女一の策士金糸雀が!楽してずるして卵焼きをいただきかしら~!」
J「あっ…お、おい…や、やめろ、それは…!」
金「ヒョイパクッ………って、ぜ、全然甘くないかしらー!?」
J「だからやめろって言ったのに」
巴「私、砂糖入りの卵焼きって卵焼きだと思えないんだよね…」
金「う…うぅ…味が…味がないかしら…」
J「砂糖入りばっか食べてるからそう思うんだよ」
巴「つ醤油」
金「びゃあああん!」
J「…柏葉、僕は、お前のスタンスは正しいと思うんだ」
巴「そ、そう…?」
J「うん。……でもさ、なんでその考え方で、あれができるんだ?」

雛「このお味噌汁いちごが入ってるのー!すごいのー!」

巴「雛苺が…喜ぶと思って…」
J「実際どうして喜んでるのか不思議で仕方ない」
金「…かしらー…」



158

巴「久しぶりですね」
め「もー、やめてよ敬語なんて!私なんて学校にも行かないで入院生活続けてるグズなんだからさ」
巴「…あの、そういうのは…」
め「真面目なんだから。いいのよ、私このなにもしなくていい状況、けっこう気に入ってるしね。働いたら負けかなと思ってる」
巴「またそんなことを…」
め「ね、桜田くんもそう思うよね?」
J「え、あー、まぁ…」
巴「さ、桜田くんに変なことを吹き込まないで…」
め「だって実際そうじゃない。あくせく汗水流して働くなんて合わないわ。そんなことしたって無駄よ無駄。
  私には必要ないの。桜田くんだってその才能を使えば適当に生きてても食べていけるんじゃない?」
J「そ、そんなことないよ…僕なんて…」
め「でも、できるならその方がいいでしょ?」
J「まぁそれは…働かなくていい生活って憧れないってことはないけどさ…」
巴「ああ、二人して…労働は国民の義務よ?わかってる?」
め「きゃー、真面目星人が怒ったー!斬らないで、私を斬らないで剣士様~」
J「安心しろ、柏葉の刀じゃ人を殺すことはできないさ」
巴「ちょっと…」
め「飛天柏葉流!あまかけるともえのひらめき!」
J「ブッ…!」
巴「ふざけないでよ、もう!」
め「働きたくないでござる!絶対に働きたくないでござるぅ!!!」
J「あはははは、いいぞ柿崎!」
巴「ブシャアァァッッ!!」
J・め「二重の極み!?」
巴「…いい加減にしろよヒッキーズ(ボソ」
J・め「すみません」



159

巴「さ、桜田くん…」
J「な、なんなんだよお前ら…」
紅「巴は下がってなさい。ジュン!あなたは本当に毎日毎日巴と一緒に…私の下僕という自覚があるの!?」
翠「翠星石の方が100倍は可愛いのにお前の目は節穴ですか!?
  べ、別にジュンが誰といようが関係ねぇですけどぉ、すぐ傍にこーんな可愛い翠星石がいるのに無視する態度が気にくわんです!」
J「む、無視してるわけじゃ…というかお前ら何怒って…」
雛「ジュンとトモエ、二人でばかり一緒にいて最近ヒナと一緒にいる時間がすごく少ないのー…」
巴「あ…ご、ごめんね雛苺…」
銀「ほんっとうにわからないわぁ…ジュンはこの関東平野のどこがいいの?」
巴「…か、関東平野…そんなに小さくない…」
J「はぁ…僕と柏葉が一緒にいるってだけで、なんでそんなに怒るんだよお前ら…」
紅「だ、誰が怒って…」
み「はいはーい、そこまでそこまで。この大人の女、みっちゃんが調停してあげるから」
J「うわっ…こいつどっから…」
み「まったく幸せねージュンジュンは!嫉妬の怒りなんてされる方は嬉しいものよ」
翠「ししし嫉妬ってなんなんですか!そんなんじゃねぇです!」
み「はいはい。でもねジュンジュン、こんなの怒りの内に入らないんだから」
J「なにがいいたいんだよ」
み「…そういえば、ジュンジュンこの前言ってたよねー…
  『毎日毎日同じ顔、柏葉と一緒にいるのももう飽きたよ。胸もないしさなにあの庄内平野。
   水銀燈はいいよな、スタイルいいし可愛いし…ドレスのデザインしてやりたいよ。柏葉とかもうほんといいから…』」
紅・翠・雛「ふ、不潔なの(だわ、ですぅ)!」
銀「ジュンったら…ポッ」
J「わー!わー!何平気な顔で大嘘ついてるんだよ!?そんなこと言うわけないだろ、柏葉、こんなの…」
巴「私、別に気にしてないよ?」
J「そ、そう?ならいいんだけど…」
巴「うん。じゃあ、私帰るから。しばらく来ない。家にも来ないで。さ、雛苺、これからは二人でたくさん遊べるからね…」
雛「と、トモエ…目がなんだか…う、うゅ、い、一緒に帰るの…ビクビク」
J「あ…その…柏葉…さん?」
み「このタイプの怒り方する子が一番怖いのよねー」



160

巴「はい、いちご大福…」
雛「わーい、トモエ大好きー!」
巴「……ねぇ、雛苺…」
雛「ハグハグ…うゅ?なぁに、トモエ?」
巴「私といちご大福…どっちが好き…?」
雛「うny…トモエなのー!」
巴「……ほんとに?」
雛「ほ、ほんとにほんとなのよ!」
巴「……そう」
雛「ハグハグ」
巴「……私と桜田くん、どっちが好き…?」
雛「ほぇっ…!?そ、そんなの、決められないの…ヒナはジュンもトモエもおんなじくらい大好きなの!」
巴「……そう」
雛「ハグハグ」
巴「じゃあ、桜田くんといちご大福なら、どっちが好き…?」
雛「うにゅーなの」



戻る
|