※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

高校生-放課後
薔「・・・・・・ジュン」
J「ん?なんだ薔薇・・・・・・なにこれ」
薔「・・・アッガイ」
J「なんかやたら大き・・・うわぁ!?」
薔「型ビックリ箱・・・引っかかった・・・」
J「お、おいコラ!・・・行っちゃった・・・」


薔「次は・・・何しようかな・・・♪」
銀「薔薇水晶、帰りましょお」
薔「あ、銀ちゃん。うん、一緒に帰ろう!」


銀「ねぇ、薔薇水晶」
薔「なぁに、銀ちゃん?」
銀「よくジュンに悪戯してるけど・・・なんでぇ?」
薔「え、えっとね、その・・・」
銀「?」
薔「わ、私ね、ジュンのとこが・・・ね・・・す、好き、なの・・・」
銀「うふふ~やっぱりぃ~♪ジュンと話すときのあなたの顔見れば分かるわよぉ」
薔「そ、そうなの・・・?」
銀「そうよぉ、分からないのはジュンくらいよぉ・・・」
薔「あぅ・・・」
銀「けどそれならぁ・・・悪戯ばっかじゃなくてもっとアプローチしなきゃダメよぉ?」
薔「だ、だって・・・なんて・・・言えばいいのか・・・分からないんだもん・・・」
銀「そうねぇ・・・貴女そういう事には疎かったわよねぇ・・・いいわぁ・・・私が色々教えてあげるわぁ」
薔「!・・・いいの?」
銀「もちろんよぉ、親友の恋愛だもの・・・応援するわよぉ。」
薔「う、うん!」




その頃
J「はぁ・・・」
笹「うん?どうしたのジュン、ため息なんか」
J「笹塚か・・・それがさぁ・・・最近薔薇水晶の悪戯が酷くって・・・」
笹「薔薇水晶の悪戯・・・(・・・僕には好きでちょっかい出してるようにしか見えないけどね・・・)」
J「うーん・・・俺嫌われてるのかな・・・?」
笹「い、いや、そういうわけじゃないと思うけど・・・」
J「けどなぁ・・・話しかけてもすぐどっか行っちゃうし・・・」
笹「そ、そうなんだ・・・(顔が真っ赤なところとかは気付かないんだ・・・)」
J「よし、これからは少し距離を置こう」
笹「え?」
J「やっぱり好きな相手に嫌われると辛いし・・・相手に不愉快な思いをさせるのは嫌だしね・・・」
笹「え、いやそれなら丁度両おm」
J「おっと、もうこんな時間か・・・じゃあな、笹塚。また明日」
笹「ちょ、ジュン、待っ・・・・・・どうしよう」


翌日
薔「よし・・・お化粧もしたし・・・香水もしたし・・・ジュンは・・・あ、居た♪」


薔「ね、ねえ・・・ジュン・・・?」
J「ん?」
薔「あ、あのね・・・」
J「すまん、俺急いでるから」
薔「え・・・?」
J「じゃあな」
薔「・・・・・・ジュン?」




銀「さぁて・・・薔薇水晶はうまくやったかしら・・・あ、薔薇水晶ー」
薔「・・・・・・」
銀「・・・薔薇水晶?」
薔「・・・・・・ヒック・・・ヒック・・・銀・・・ちゃん・・・」
銀「ちょ、ちょっとぉ・・・どうしたの?」
(説明中)
銀「そぉ・・・そんな事が・・・」
薔「前なら・・・最後まで・・・話聞いてくれてたのに・・・・・・私・・・嫌われ・・・ちゃったのかな・・・」
銀「まだ結論付けるには早いわよぉ。ただ時間が無かったのかもしれないし」
薔「・・・・・・」
銀「とにかく・・・ちょっと調べてみるわぁ・・・私にまかせて、ね?」
薔「・・・・・・うん」


銀「さあて・・・やっぱりこういうのはジュンの友達に・・・あ、笹塚君、ちょうど良いとこに」
笹「なに?水銀燈さん」
銀「ちょっと聞きたいことがぁ・・・」
(聞き込み中)
銀「・・・・・・相変らずジュンは鈍感ねぇ・・・」
笹「筋金入りのね・・・」
銀「わかったわぁ・・・ありがとぉ」


銀「まったく二人ともしょうがないわねぇ・・・ここは一つ私が一肌脱ぐわぁ・・・」




1~お出かけ先でばったり対面してそのまま一緒に作戦~
銀「ふふふ・・・薔薇水晶のお母さんのお買い物にわざと重いものを沢山・・・」
笹「なんか・・・」
銀「大丈夫よぉ、二人とも初心だから」
笹「そうい事じゃあ・・・」
銀「二人ともぉ?首尾はどお?」
べ「ジュンの方はちゃんと誘導できたぜ銀嬢!」
金「薔薇水晶もお母さんに頼まれたお買い物終わってよろよろしながら遭遇地点に向かってるかしらー!」
銀「ふふふ・・・涙目で重い荷物をいまにも転びそうになって歩いてる薔薇水晶をジュンはどうするのかしらぁ・・・?」
笹「・・・・・・」


薔「うぅ・・・重いよぉ・・・転んじゃうよぉ・・・(ヨロヨロ」


J「ん、あれは薔薇水晶・・・?」
薔「うぅ・・・(ヨロヨロ」
J「な、なんか危なっかしいなぁ・・・手伝いたいけど・・・・・・これ以上嫌われたら・・・」
薔「あ・・・きゃ!?(転ぶ」
J「あ!・・・くそ!」
薔「くすん・・・痛い・・・」
J「大丈夫か?」
薔「え、あ・・・ジュン・・・」
J「こんなに荷物もってればそりゃ転ぶよ・・・半分持ってやるから・・・立てる?」
薔「う、うん・・・」
J「それじゃ・・・行こうか?」
薔「うん・・・・・・ありがとう、ジュン・・・」
J「あ、ああ・・・」


銀「うふふふ・・・二人とも真っ赤ねぇ・・・ちゃんと写真に撮っておかないと」
笹「・・・(後で強請る気なんだろうな・・・)」



2~歩いてると間違ってホテル街に迷い込みドキドキ作戦~
銀「買い物の途中でホテル街に迷い込む男女・・・ふふふ・・・」
笹「・・・なんだかな」
銀「二人とも、どぉ~?」
金「看板は付け替えたかしらー」
べ「こ・・・っちも・・・!人ごみを誘導・・・して・・・は!しまった!警察だ!!」
警「そこの君!大人しくこっちに・・・」
銀「終わったのねえ、ならいいわぁ」
べ「え!ちょま、うわあああああああああああああ」
笹「・・・(ベジータ・・・哀れだ・・・)」


薔「・・・(ど、どうしよう・・・道間違えちゃった・・・)」
J「・・・(こ、ここって・・・)」
男「ふふ・・・良かったよ・・・♪」
女「また来ようね・・・♪」
薔「・・・・・・・・・(わ、私たちと同じくらいの・・・)」
J「・・・・・・・・・(ふ、普通未成年ってだめなんじゃ・・・)」
薔「・・・・・・・・・・・・(み、道間違えたこと伝えなきゃ・・・!)」
J「・・・・・・・・・・・・(い、いったん引き返そう・・・!)」
薔&J「「あ、あの!」」
薔「・・・・・・な、なぁに?」
J「い、いやその・・・・・・」
(数十分後)
薔「で、でね・・・道間違えたの・・・」
J「あ、ああ、それなら早く引き返そう、うん」
薔「う、うん」


銀「うふふふふ・・・楽しいわぁ・・・写真もしっかりと・・・」
笹「・・・(目的が違うような・・・)」



3~なんか周りがカップルだらけでピンクな空気作戦~
銀「次の誘導地点はデートの名所の公園よぉ」
笹「そこで茂みで望遠鏡をのぞく僕達って・・・」
銀「デバカメじゃないわよぉ・・・二人とも、どう?」
べ「あ、ああ・・・なんとか警官も振り切ったぞ!」
金「こっちも終わったかしらー!」
銀「あとは二人が・・・ああ!」
笹「ど、どうしたの・・・って何覗いて・・・!」
銀「きゃあぁ~すごぉぉい~♪」
笹「・・・ダメだこりゃ」


J「それでさ・・・どうした、薔薇水晶?」
薔「う、うん・・・」
J「ん?・・・・・・は!?」
男「ふふ・・・今日も可愛いね・・・」
女「貴方も素敵よ・・・」
J(し、しまった!?周りはカップルだらけだ!)
薔「・・・・・・・・・(////)(チラ」
J(ちょ、頬赤らめながらこっちチラチラ見るな・・・やばい可愛い)
薔「・・・・・・ね、ねえ・・・」
J「・・・・・・な、なんだ?」
薔「その・・・・・・・・・な、なんでもない!!」
J「そ、そうか」
薔「う、うん・・・・・・」


銀「はぁ・・・凄かったわぁ・・・あれ、いつのまにか良い雰囲気?」
笹「肝心なとこ見てないんだね・・・」


4~家に帰ってお母さんに上がっていきなさいと言われて部屋に通され二人きり作戦~
銀「あとは二人がうちに帰るだけよぉ」
笹「これで終わりなの?なんか肝心なことやってない様な」
銀「大丈夫よぉ~後は薔薇水晶のお母さんにお任せよぉ」
笹「お母さん協力者なんだ・・・」
銀「とういわけで、はい金糸雀、約束の高級砂糖と卵よぉ」
金「ありがとうかしらー!さっそくみっちゃんに玉子焼き作ってもらうかしらー!」
銀「はぁいベジータ。約束の蒼星石と翠星石の写真よぉ」
べ「うはwwwwwwwwパンチラktkrwwwwwww」
笹「い、いいの!?」
銀「だいじょうぶよぉ」


蒼「あれ、ベジータ君」
翠「なにをもって・・・な、なんですかこれは!!?」
べ「あ、いや、これは!!」
蒼「水銀燈に言われて来てみれば・・・よくも・・・!」
翠「許さんですぅ!!」
べ「ちょ、まぁw背drftgyふじこlp;@「:」」


笹「・・・なるほど」
銀「そうよぉ・・・」


銀「さぁ~て、後は二人に任せるわぁ」
笹「あれ、もう覗かないんだ」
銀「あらぁ、私だって友達の家覗いたりしないわよぉ」
笹「それもそうか」
銀「それに・・・薔薇水晶のお母様は話しのわかる人よぉ・・・」
笹「え?」




J「ふぅ、着いたな」
薔「うん・・・ありがとう・・・荷物持ってもらって」
J「いいって、あんなフラフラな状態でほっとく訳にも行かないよ」
薔「うん・・・・・・」
J「・・・それzy」
ガチャ!
薔母「あら、薔薇水晶」
薔「あ、お母さん・・・ただいま」
薔母「おかえりなさい、あらぁ・・・彼氏?」
J「な゛・・・・!」
薔「お、お母さん!いきなりなに言うの!!?」
薔母「あらぁ違うの・・・残念ねえ・・・ついに薔薇水晶にもコレが出来たのかと思ったのに・・・」
薔「も、もう・・・ご、ごめんね、ジュン・・・」
J「い、いや・・・」
薔母「あら、ジュン君っていうのね?はじめまして、薔薇水晶の母です。」
J「あ、はじめまして・・・」
薔母「もしかしてお荷物もってくれたの?ありがとうねぇ、そうだ、少しあがっていかない?」
J「え、いや・・・」
薔母「そうと決まればお茶用意しなくちゃね~♪」
薔「あ、お、お母さん・・・!」
薔母「二人ともはやくあがりなさーい、寒いでしょ?」
J「え、あ、はぁ・・・」
薔「・・・もぉ・・・お母さんったら・・・」




J「おじゃまします・・・(女の子の部屋なんて始めてはいるぞオイ)」
薔「ど、どうぞ・・・(ど、どうしよう・・・枕の下に・・・ばれちゃったら・・・)」
J&薔「・・・・・・・・・・・・・・・・・」
J「・・・・・・・・・(き、気まずい・・・)」
薔「・・・・・・・・・(ど、どうしよう・・・)」
J「・・・・・・あ(や、やべ、ちょっと身動きしたら手、手が・・・)」
薔「~~~~!!??(じゅ、ジュンの手が・・・私の手に・・・!!?)」
J「ご、ごめん、そんなつもりzy」薔「わ、私まだ心の準備g」
ガチャ
薔母「お茶入ったわよ~」
J「あ、ありがとうございます!!!」
薔「あ、ありがと!そこ置いといて!!!」
薔母「・・・?」


薔(せ、せっかく二人っきりなのに・・・)
J(ああ・・・どうしよう・・・気まずい・・・)


J「ご、ごほん、あー・・・(ひ、ひとまずこの雰囲気をどうにか・・・あれ?)」
薔(えっと、とにかく、お、お天気の話とか・・・)
J「これは・・・僕の写真・・・?」
薔「あ!?」
J「え、えっと、これは・・・?」
薔「・・・ご、ごめんなさい」
J「え?」



薔「その・・・お願いだから・・・嫌いにならない・・・で・・・」
J「ば、薔薇水晶?」
薔「気持・・・悪いよね・・・こんな・・・人の写真持ってたり・・・」
J「・・・!?」
薔「悪戯するふりして・・・髪の毛とかとったりして、おまじないに使ったり・・・」
J(え、とられてたの?)
薔「・・・ごめん・・・なさい・・・」
J「べ、別に嫌いになんてならないって・・・だって、その・・・てっきり・・・」
薔「え・・・?」
J「お、俺さ、悪戯とかされるから・・・てっきり薔薇水晶に嫌われてるんだと思って・・・」
薔「ち、違うよ!嫌いなんかじゃないよ!」
J「う、うん・・・わかってる・・・だって・・・ほら」
薔「あ・・・こ、これ私のおまじないの本・・・」
つ[恋のおまじない]
薔「~~~~~~~~~!!!!???」
J「いや、その枕のそばに・・・」
薔「あ、あ・・・・・・えっと、その、私・・・」
J「お、俺は、薔薇水晶のこと、好きだよ」
薔「じゅ、ジュン君・・・・・・グスン」
J「ちょ、な、泣くなよ・・・」
薔「だ、だって・・・嬉しいんだもん・・・」
J「・・・薔薇水晶、好きだ」
薔「・・・私も、ジュン君が、大好き」
J「・・・両思いだったんだな」
薔「・・・うん、全然気付かなかった・・・」



J「なあ、あの写真は・・・何のおまじないに使ってたんだ・・・」
薔「あれはね・・・部屋にいるとき・・・良く眺めてたんだ・・・」
J「おまじないじゃないのか?」
薔「おまじない・・・かな?だって・・・見てるだけで幸せになれるんだもん・・・」
J「う・・・(可愛い)」
薔「あとね・・・」
J「?」
薔「今日も、夢の中でもジュン君に会えますように、って」
J「・・・可愛い」
薔「・・・照れるよ・・・」


部屋の外
薔母(ふふふ・・・二人とも真っ赤になっちゃって・・・初心ねぇ・・・明日からは当分このビデオで薔薇しぃーちゃんを弄れるわ・・・♪)


次の日
銀「うふふ~ホテル街を歩くカップル・・・絵になるわぁ・・・」
J「・・・・・・なにかおごろうか水銀燈さん?」
銀「ひとまずぅ~、ヤクルト30ダースねぇ~」
J「・・・・・・!(・・・薔薇水晶とのデート代がぁぁぁあああああ!!!)」


薔母「ふふふ・・・娘の恋愛記録・・・これからも撮り続けるわよ!」
薔「あ、あうぅ・・・お母さんのバカぁ・・・・・・」
薔母「それじゃあお父さんも喜んでたしね」
薔「な、なんで家族上映会なんて・・・うー・・・」
薔母「そうそう、挨拶はお父さんと私がいる時にしてね?」

|