※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ローゼンの創世神話

昔々、この世界が出来る前、ここには《世界》はなく《場所》だけがありました。
そこにはたくさんの神々と、神が暇をもてあまして創った生き物だけがいました。
神様の中で一番えらいのは《お父様》と呼ばれる神様です。
《お父様》は、7人の完全な少女を作り、自分の娘としてかわいがっていました。
少女達の名前は、《アリス》といいます。
アリスは、人間にして人形で、そして、天使で神様でした。
《お父様》は退屈でしたが、アリスたちと楽しい楽しい日々を過ごしていました。
あるとき、神様がどんどんいなくなりだしました。
《お父様》は不思議に思い、ある神様に尋ねます。
「いったいどうしてみんないなくなるんだい?」
その神様は答えます。
「別の、世界とやらから兎の神様がきたんです。
 みんな、その人の来た、《世界》とやらの話を聞いているんです」
《お父様》も、その兎の神様に会いに行きました。
兎の神様は、とても不思議な人でした。
兎の神様は世界について教えてくれます。
兎の神様は、世界に案内してくれます。
たくさんの神様達が、《世界》へと引っ越していきました。
兎の神様とすっかり仲良くなり、《世界》の話を詳しく聞いた《お父様》は、自分も《世界》を作ってみようと考えました。
兎の神様に《お父様》は尋ねます。
「いったいどうすれば、《世界》を作ることが出来るんだい?」
兎の神様は答えます。
「《世界》を作るには、一回この《場所》を壊さなければいけません。
 そして、場所がなくなったところに、広がりと、時、そしてたくさんの生き物を与えればいいのです。」 

「《場所》を壊すとどうなるのかな?」
「神様と天使は助かりますが、生き物は皆消え去ります。
 消え去るときに納得して消えてもらえないと、次にそこに《世界》はうまく作れません。」
《お父様》はそう聞いて、さっそく生き物達の説得にかかりました。
といっても、みんな《お父様》や、他の神様が創った生き物なので、生き物達を説得するのはとても簡単でした。
そして、ついに最後の一人の番になりました。
その最後の一人は、人間の、少年の姿でした。
《お父様》は尋ねます。
「新しく世界を作りたいんだ。そうすると君は消えてしまうけれど、いいかい?」
少年は答えました。
「いやです。僕は消えたくありません。」
《お父様》はそんなことをいわれるとは思いませんでした。
だから、一生懸命説得します。
けれど、少年は頑として首を縦に振りません。
《お父様》は困ってしまい、兎の神様を振り返りました。
「大丈夫です。一人ぐらいなら納得していなくても。多少不完全な世界になりますが。」
《お父様》は、その言葉に安心し、早速《世界》を創り始めました。
まず《お父様》は《場所》を壊します。
すると、生き物は消え去りました。
少年も、《お父様》をにらみながら消えていきました。
兎の神様が囁きます。
「次は、広がりをお創りなさい。」
《お父様》は広がりを創ります。
《お父様》のまわりは、とてもとてもひろくなりました。 

「次は、時をお創りなさい。」
《お父様》は、ときを創りました。
すると、時は思ったようには創れず、流れになってしまいました。
進むことは出来ても、戻れなくなってしまったのです。
兎の神様は又囁きます。
「仕方ありません。一応時は出来たんですから。それで良しとしましょう。
 次は、生き物をお創りなさい。」
《お父様》は生き物を創りました。
すると、見たことも無い不思議な生き物がたくさん生まれてきました。
《お父様》は思わず目を見張ります。
香りのついた花も、《お父様》には始めて見るものでした。
広さと時と生き物を眺め回した後、《お父様》は尋ねました。
「これが《世界》かい?」
「はい。そうですよ。多少不完全ですけれど。」
「なぜ?」
「世界とは本来それを作った神の思う通りになるもの。
 けれど、あそこを御覧なさい。」
《お父様》は、兎の神様の指差した先をご覧になりました。
すると、あの少年がいたのです。
その少年は《お父様》のほうに向き直ると、こう叫びました。
「僕はここを《世界》と認めない!あなたも神と認めない!」
《お父様》は、狼狽されました。
しかも、よく目を凝らすと少年のほかにもたくさんの人間が見えました。
それは、お父様の創った人間ではなく、勝手気ままに動き回る、『人』でした。 

「どうしたらいいんだろう?」
すっかりこまってしまった《お父様》は兎の神様に助けを求めます。
「どうしようもありません。
 まさかここまで不完全な世界になるとは。
 まあ、初めて世界をおつくりになられたんだから仕方ありませんよ。」
兎の神様はそういって《お父様》を慰めます。
仕方が無いので、《お父様》はもう一度、世界を創り直しました。
今度は生き物達を納得させないで。
けれどちっともよくなりません。
前と全く同じです。
「ほらほら。納得させないで消し去ったから、世界はますます酷くなりましたよ。」
兎の神様の言う通りでした。
生き物達には寿命が出来、人間達は神様達をあがめなくなりました。
そして、アリスたちは人形へと変わってしまいました。
「ああ、なんていうことだろう。」
《お父様》はお嘆きになり、《世界》の隣にもう一度、《場所》をおつくりになられました。
そしてそこで、人形となってしまったアリスたちに言いました。
「もう一度、君たちがアリスになれたらここにおいで。
 又、楽しく暮らそう。」
元アリスたちは必死に考えます。
どうしたらもう一度アリスになれるのか。
少女達は、兎の神様に助けを求めました。
「君たちがアリスから人形になってしまったのは、人間のせい。
 だから、人間とすごしなさい。
 そしてお互いに少しづつ残っている、アリスの欠片を集めなさい。」 

少女たちは悲しみました。
人間と過ごさなければいけない上、お互いにアリスの欠片の奪い合いをしなければいけないなんて。
けれど、《お父様》はアリスにもう一度なれたら一緒にすごそうといわれました。
少女達は嘆きながら、人と共に殺し合いを始めました。
いつかアリスになれる日を夢見ながら。
人間達は少女達の力を求めました。
そして、兎の神様に手伝ってもらって一人の少女を作り上げました。
なんで、兎の神様が手伝ったのかはわかりません。
単なる気まぐれなのでしょう。
世界は支持する少女と共に、八つに分かれます。
最初は互いに戦っていました。
同じ《世界》で。
けれどいつしか繋がりは薄まり、少女を通してしか接点を持つことの無い、全く別の次元、全く別の世界へとなって行きました。
《お父様》は驚きました。まさか自分があんなに苦労して創った世界を、少女達と人間達がバラバラの、八つの世界に分けてしまうなんて。
しかたがないので、兎の神様に頼みます。
「僕の居る場所の隣に、八つの世界の重なるもう一つの世界を新しく創ってくれ。」
兎の神様は言うとおりにしましたが、もはやその世界は少女達と人間の世界。
《お父様》の力は及びません。
もう、少女達の戦いをとめることすら出来ません。
兎の神様は時々顔を見せますが、《お父様》はほとんどいつも一人です。
《お父様》は兎の神様と違って、《世界》の間を動けません。
新しく作った《場所》にいくことが出来るだけです。
お父様はいくつもいくつも《場所》を創り、少女達の面影を求めます。
少女達も、いろんなところから《お父様》の創ったたくさんの場所に入って《お父様》の面影を求めます。
人間達はすべてを忘れ、無知の幸せを享受しています。
いまだに、この鬼ごっこは続いているのでしょう。
人間達の知らないところで。

|