※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ではマジェ・スイ支援でも…

お江戸(風味)メイデン

『あうっ』
栗色の髪を身の丈ほどまで伸ばした女の子が、まさにその髪の毛を自分で踏んですっ転ぶ。
べちんと音を立てて、女の子はおでこを地面へと打ちつける。
それぞれの速さで歩んでいた人々も、一様に彼女に目をむけ、止まる。
うう、何そんなにジロジロみてるですか。そんなにわたしが転んだのがおもしれぇですか。
そう言いたくもなるけれど、おでこの痛みと、大多数の他人からの視線に、彼女は押しつぶされる。
何事もなかったかのように、立ち上がり、また歩き出そうとする女の子。
そこに、手が差し伸べられた。
『大丈夫?』
その視線の先には、メガネをかけた男の子が立っていた。
『おでこ、すりむいてるね』
『べ、別に痛くもなんともねぇですし、気にすんじゃねぇです。とっととどっか行っちまえ、です』
『でも、涙が出てるよ』
『こ、これは土が目に入っただけですぅ!』
『なら顔も洗わなきゃね』
男の子は少し強引に女の子の手を引っ張ってゆく。
それに引きずられるかたちで、もう一度…
『ぷぎゃ』
『ご、ごめん』
女の子はまたすっ転ぶ。今度は髪を踏んだのではないではあるが。 

『ど、どしたの?』
『おめぇがあんまり引っ張るから…あーッ、ぞうりの鼻緒が切れちまったです!』
『ご、ごめん。でもこれならすぐ直せるから。貸して』
『え?』
女の子が返事をする前に男の子は彼女のぞうりを剥ぎ取る。そして返事をする前に直してしまったのだ。
『もう、直っちまったですか?』
『うん。慣れてるからね』
『おめぇ見かけによらずすげぇ奴ですね』
『ぼくん家は呉服屋なんだ。だからよく縫い物とかするんだ』
『とっても綺麗になってるです。おばばより上手です』
『それは嬉しいな。それじゃ、行こう』
『どこにですか?』
『ぼくん家。すぐそこだから、薬塗って顔洗うくらいならできるよ』
女の子はこの申し出を断ろうと思ったが、それはとてもできなかった。
それは、彼が優しく、柔らかく微笑んだから。そんな彼に彼女は興味を持ったから。
『しゃーねーです。鼻緒も切られちまったし、お詫びくらいさせてやるです』
『そうするといいよ』
そして、彼はもう一度笑った。

辺りはいつの間にか、夕日で薄赤に染まっている。
二人は長い時間を、男の子の家で過ごしたことには気付いていない。
『…また、遊びに来てもいいですか?』
『うん。いつでもまた、遊びにきてよ』
『ありがとです。それじゃ、また。―――――くん』
『じゃあね、翠星石ちゃん』
そして女の子が、再びこの家に遊びに来たとき、既に男の子はこの家には居なかった。
理由は聞かなかった。どうせ自分にできることは何もないのだから。
目から溢れる涙を、きっとあの日、目に入った土の所為だと自分に言い聞かせながら、家路についた。






「翠星石、起きて」
夢を、見ていたらしい。
遠い昔の、懐かしく愛しい夢を。
妹に揺り起こされて、かつての女の子は目を覚ます。
彼女は、すらりと背筋の伸び、凛とした雰囲気を漂わせる、美しい女性へと成長していた。
そんな彼女も…
「今日は将来の旦那さんと顔合わせなんでしょ? お化粧しなきゃだよ」
嫁入りの準備をしているところだった。
なんであんな夢を見てしまったのだろう。こんな日に。
思い出してしまう。あれが私の最初で最後の恋だったってことに。
私に言い寄ってきた男性は多くいた。でも全部蹴っ飛ばしてやったら、二度と顔を見せなかった。
今さらながら、なぜそんなことをしたのだろうか、と思う。
幼い何も知らない頃の相手を思ってやったのだろうか?
…名前も覚えていないような相手のために? この私が? 馬鹿馬鹿しい。
ほんっとうに、馬鹿馬鹿しい、わよね。そんな相手のためにだなんて。
私は妹に尋ねる。
「えー…っと、何でしたっけ? 相手の名前」
ため息をつきながら、妹は答える。
「そんなんでいいの? ほんとに。桜田ジュンさんだよ、桜田ジュン」

…カチリ
どこかで、歯車が噛み合ったような音が聞こえた。

|