※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

夢をみていたいのさ あきらめたりせずに
出来るだけの事を 時が足りない程さ

夢を見ていられたなら 時々は壊れよう
この胸に刻んだ この熱は冷めやしない


ドサッ。ジュンが倒れた。
私は混乱しながらも、なんとか救急車を呼ぶ。
ジュンの手を握り、ジュンの名を呼びながら、私はこんなことを思い出していた。

LUNA SEA 第十話 「SHINE」

犬が死に、ジュンにてつだってもらってお墓を作った時。泣きながら犬を埋めたその時。
終わった後、二人で話をした。
「ねぇ。ジュンはどこにも行ったりしないですよねぇ?」
「は?どうしたんだよ。いきなり」
「答えるです。突然ジュンはいなくなったりしないですよね?」
「うーん。どうかな?」
「はっきり答えるです!くんくんみたいにジュンも、いなくなったりしないですよね!
くんくんがいなくなって、悲しいのに、ジュンまでいなくなってしまったら、
翠星石はどうしたらいいですかぁ!」 


「う~ん、多分。約束してやるよ。
ずっと一緒にいてやるから、な?
泣きやめって。いつもの性悪なほうがお前らしいぞ」
「な、なに言うですか!このチビ!ふざけるなです!こんな時に!」

ここからはいつも通りのケンカになってしまった。
まぁ、ジュンは私を元気づけようとしたんだろう。
やり方は悪かったが、確かに私は調子を取り戻したんだった。

シャリシャリ。よくある1シーンのように、林檎を剥いている。
一応持ち直したものの、予断を許さない状況だそうだ。

「ごめんな、翠星石。心配かけて」
「いいんですよ。まだこうしてくれているんですから」
「でもなぁ、もう少しもってくれると思ってたんだけどなぁ」
「そんなこと言わないで欲しいです。一緒にいられるだけでも、翠星石は幸せなんですから」



彼の話によると、ガンが発覚し、すぐに手術で取り除いたらしい。
そして二週間ほどで退院、それからは抗がん剤の治療のため、三週間は通院。
だが、その抗がん剤が合わなかったため、今の経口剤に切り替わったとのこと。
医者からはガンの詳しいことは教えられなかったが、
のりの様子を見て、これはおかしい、と気付き、問い詰めた所、知ったそうだ。

…一時は自殺まで考えた。

その言葉が私に重くのしかかる。

そうして、自暴自棄になっている所を、蒼星石と、
例のジュンにアプローチをかけている上司のおかげでなんとか立ち直れたらしい。

その後、その二人への恩返しで一ヶ月半、今までに関わった人への別れを告げるのに、一週間ほど、
私の所へは、一番最後。
一番別れを告げにくかったと言う。

私は怒りたかった。けど、怒れなかった。
ジュンの気持ちは、はっきりと伝わってくる…。
切ないほどに、哀しいほどに。



話は変わるが、お見舞いには、のり、蒼星石、そして、例の上司が来る。
真紅さんというらしい。
彼女と初めて会った時、私は本当に見とれてしまった。
綺麗な人…。
まぁ、私自身、極度の人見知り、というのもあるのだが。
会話にはならなかった。
何度か会うにつれ、少しずつ慣れてきたが。
話して分かったことだが、本当にできる人なんだな、と思った。
女王様のような威厳の中に、ふと見せる優しさ。
彼女は上に立つ人間であることは強く印象づけられた。
…よくこの人にジュンはなびかなかったな。
きっと彼はこんな人には弱いと思うのに…。

他にもお見舞いではなく、雛苺という看護師がよく遊びに来る。
仕事ではなく、本当に遊びに、だ。担当ではあるそうなのだが…。
仕事の時は、かなり手際よく、要領がよいのだが、精神年齢が幼すぎる。
本当に成人、いや、本当は小学生じゃないのか?と疑ってしまうほどに。
だが聞くところによると、この性格に癒される人も多く、アイドル的な存在らしい。
…う~ん。少しいじめたい。



また、気になることもある。
皆、妙にコソコソしている感があるのだ。一体何を?
気にしないふりなんて、できるはずもなく、一人一人に問い詰めてみても知らんぷり。
…寂しい。何で今になって私を除け者にするのだろう。
泣きたいけど、泣いちゃだめだ。
そう我慢し続けた。

そんなこともあってか、私にはこんな気持ちが強くなった。

彼との強い絆が欲しい。

私のワガママだとは思っている。
彼のためではなく、私のために。

私には彼に伝えたいことがある。…出来ることなら、他の誰にも聞かれたくない。
このことを、女である私から言い出すのも何か変な感じがするのだが。
こんな状態の、それ以上に奥手である、彼からはきっと言ってくれないようなことを。

ある日、私と彼しかいない病室。
夕焼け色に綺麗に染まった部屋で、私は伝えることに決めた。



ドクン、ドクン。

彼は断るのだろう。それでも伝えたい。

「ジュ、ジュン」
「ん?なんだ?」

いつもの間の抜けた返事。

「聞いて欲しいことがあるんです」
「何だ?言ってみて」
「ジュン、す、す、翠星石と、け、け、け…」
「あ、そうだ、翠星石」

私が言い切れない所に声を割り込ませてくるジュン。

「な、何ですかぁ?」
完全に声が裏返ってしまった。

「翠星石、いや、翠星石さん。僕と結婚してください」

…え?


第十話 「SHINE」 了

|