※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
  1-1
 
 
放課後の校舎に、ひとり。黒板の上の時計は、午後5時を指そうとしている。
高校2年生の少年――桜田ジュンは、3階の教室から外を眺めていた。

まだ残暑の厳しい、9月中旬。
開け放した窓から吹き込む風は、決して爽やかとは言えないまでも、
かつてのようにダクダクと汗を噴き出させるものでもなかった。


「今日は、いつになく夕陽が綺麗だな」

校庭から流れてくる野球部のかけ声を、聞くとはなしに聴きながら、
柄にもなく、センチメンタルな台詞を口にしてみる。
薄くたなびく雲間に見え隠れしながら、真っ赤な太陽が沈んでゆく。


「あと少し、か」

――今日も退屈だったな。彼は胸の内で、傲慢な感想を呟いた。
大した変化もなく、ただ平々凡々と過ぎてゆく日常。
事態が急変したなら、きっと取り乱して、右往左往するだけだろうに――
それでも、ジュンは刺激を求めていた。若い心が、なにかを渇望していた。
だから、面白そうだと思えたら、どんなコトにも手を出してみたり……。


しかしながら、今の今まで、彼の趣味が長続きしたことはなかった。
熱しやすく冷めやすい性分ではない……ハズなのだが。

いつからだろう。こんな風に、日々を退屈に感じ始めたのは。
ちょっとだけ……本当に一瞬だけ記憶を辿って、ジュンは徐に吐息した。

――くだらない。
そんな一言が喉元まで浮かんできて、毎度の如く、彼をシラケさせた。
思い出して、どうなる? それで、明日から刺激に満ちた毎日が始まるとでも?
どうせ、平凡な今日の延長線上にしか、明日はないと言うのに。

「そろそろ帰るか。いい加減、腹も減ってきたし」

この時間ならば、姉“桜田のり”も部活を終えて、夕飯の支度をしだす頃だ。
机の横に掛けたカバンに腕を伸ばし、椅子から腰を浮かせる。
……だが、完全に膝を伸ばしきる前に、彼はピタリと動きを止めた。
教室のドアが、遠慮がちに開かれたからだ。


「なんだ…………お前か」

ジュンは、不意に顔を見せた同級生の娘に、ぶっきらぼうな言葉をぶつけた。
カチン! そんな音が聞こえるほど、あからさまに表情を強張らせる。
これも、いつもどおりの反応。退屈だな、と……ジュンはまた溜息を漏らした。

「なんだ、とは何ですか! ムカツク野郎ですぅ。
 特別のお慈悲で、おめーの様子を見にきてやったというですのに」
「……ったく。どっちがムカツクんだか」
「きぃ――っ! 口の減らないヤツですねっ!」
「そりゃ、お前のことだろ」

なにを一人でヒステリックになっているのか。この娘は、いつもこうだ。
呆れたと言わんばかりに切り返すと、彼女はズカズカと歩み寄ってくるが早いか、
いきなりジュンの向こう臑を蹴っ飛ばした。

「痛ってぇ! なにすんだよ、この性悪女っ!」
「おめーが憎まれ口ばっか叩くからですぅ」

再び椅子に腰を落としたジュンを、腕組みした彼女が、怖い顔で見おろしてくる。
――ケンカ売ってんのは、お前の方だってば。
そう言ってやりたかったのだが、夕陽を受けて輝く緋翠の瞳に気圧されて、
ジュンは吐くはずだった悪態を、ぐいと呑み込んだ。


「……で?」
「ふえっ?」
「いや、だからさ……僕の様子を見にきて、どうする気だったんだ」
「あの……そ、それは――」

彼女――翠星石は、むくれた顔を崩すなり、一転して悲しげに睫毛を伏せた。
「おめー……じゃなくて、ジュンと…………ただ、話したかったですよ」

「僕と? いつも、してるじゃんか。同級生なんだし」
「あれは、その……まあ、そうですけどぉ。そうじゃなくて……ああ、もうっ!
 なんで解らねぇですか! 二人っきりで、話したかったですよ!」

それで、いまになって教室に顔を見せたワケだ。
何を語るつもりか知らないが、ジュンは机に頬杖ついて、翠星石を見上げた。

――とりあえず、話してみろよ。
ジュンの視線に促されて、翠星石は手近な机に腰を預けると、口を開いた。


「最近、笑わなくなったです」
「……誰が?」
「おめー以外に、誰が居るです。いつも仏頂面で、どこ見てるのか判らなくて」
「この顔は生まれつきだし。それに、どこ見てようが僕の勝手だろ」

翠星石は、また憂鬱そうに溜息を漏らして、顔を顰めた。
その、哀れんでいるかのような素振りに、ジュンは苛立ちを覚えた。

「そんなに、いまの生活が面白くねぇですか?」
「どっちかって言えば、つまらないね。大概のことは飽きるし」
「私たちと、一緒にいることにも?」
「……かもな。いつ、とは断言できないけどさ」

あくまで素っ気ない受け答え。翠星石は、壁にボールを投げている気分だった。
投げたボールは、壁に当たって、予想どおりの地点に跳ね返ってくる。
ああ言えば、ジュンはきっと、こう答える。
翠星石には、それが手に取るように解っていた。

だから、確信があった。彼は、私の誘いに乗ってくるだろう……と。


「おめーは少し、ココロの修養に努めるべきです」
「なんだ、いきなり? 新手の宗教の勧誘か?
 それとも、僕に、禅寺にでも籠もってこいとでも言うのかよ」
「違ぇです。夢の中で、人間的に成長してこいってコトですぅ」
「……? すまん、よく解らないんだが」

即座に訊き返してくる。興味がないなら、端っから聞き流しているだろう。
よしよし乗ってきた。翠星石は、ここぞとばかりに本題を切り出した。

「いいですか。おめーは、いまのままじゃ、ダメ人間になっちまうですよ。
 そう遠くない将来、七輪と練炭とガムテープに荷造り紐を買う羽目に――」
「おい……なんか、暗に酷いこと言ってないか?」
「黙っとれです」

翠星石は、ピシャリとジュンの言葉を遮って、得意げに人差し指を立てた。

「だ・か・らぁ。この私が、おめーのココロの成長を、手助けしてやるですぅ」
「なんだそれ? 恩着せがましいな、おい」
「遠慮しなくたっていいですよ?」
「してないし。頼む気もないね」

放っておいたら、勝手にトチ狂って、鬱陶しいことになりそうだ。
ジュンは面倒くさいなと辟易しながら、はっきり言ってやることにした。

「僕のココロを成長させるだって? は! なんだよ、それ。
 お前に、なにができるんだよ。同い年の、親離れしてない子供同士じゃないか」

初めこそ穏やかだったが、彼の声は次第に熱を帯び、大きくなっていた。
どうにも満たされない憤懣が、暴力的な言葉となって、少女にぶつけられる。
翠星石はたじろぎ、じわりと後ずさった。
だが、逃げない。震える脚が机に止められたところで、気丈に顔を上げた。

「で……できるです」
「……あ?」
「私なら、できるですよ!」
「お前、まだそんな――」

ジュンは舌打ちすると、翠星石に詰め寄って、小柄な彼女を机に押し倒した。

「ひぃっ! なっ、なにするですっ!」
「僕を、オトナにしてくれるんだろ? だから、こうして――
 二人っきりになれるのを、待ってたんじゃないのか?」
「い、意味が違ぇですよ、おバカ! やぁっ、やめるですぅっ!」
「そんなこと言って、本当は僕に抱かれたいんだろ?」
「お――――思い上がりも、いい加減にしやがれですっ!」

カァッと。
翠星石は、夕陽に染まってなお判るほど頬を紅潮させて、ジュンを突き飛ばした。
体勢を立て直す間もあればこそ。
蹌踉めいたジュンの横っ面を、翠星石の平手が、痛烈に殴りつけた。

「おバカ! それが身勝手で子供じみた発想だと、なんで解らねぇですか!
 いまの生活が、つまらない? 大概のことは飽きる? なに抜かすです!
 おめーは何もしてねぇです。何も見えてないから、そんな戯言を吐けるですよ!」


今度は、ジュンがたじろぐ番だった。
反論の暇さえ与えられず、翠星石の勢いに呑まれるまま。

「黙ってないで、なんとか言ってみやがれです!」

少女の涙声が、少年の胸を深く抉った。
痛くて、苦しくて……陸に打ち上げられた魚みたいに、口をパクパクさせるだけ。

――でも。言わなければいけないことは、ちゃんと解っていた。
そこまでガキじゃない。プライドのカケラくらいは、あるつもりだった。

「……ゴメン。お前の言うとおりだ」

だけど、いまはまだ、顔を背けていなければ謝ることさえできない。
そんな彼のことを、翠星石は、もう責めなかった。
ただ、しゃくりあげながら、頬に残る涙の軌跡を指で拭って――
どこに隠し持っていたのか、おず……と、ラッピングされたお菓子を差し出した。


「これは?」
「ユメの実、です」
「……いつものスコーンだろ?」
「作った私が、ユメの実だってんです。だから、違わねぇですよっ!」

どう見てもスコーンの詰め合わせだが、水掛け論になるのも馬鹿げている。
ジュンは小声で礼を言いながら、彼女の手から、お菓子の包みを受け取った。

そして、小腹も空いていたことだし、早速ひとつ頂こうとした時……
翠星石に待ったをかけられた。

「まだ、食べちゃダメですぅ」
「ん? なんでだよ。熟成させると旨くなる、とか?」
「そうじゃねぇです。ユメの実は、眠る前に……ひとつだけ食べるです」
「ふぅん。そうすると、どうなるんだ?」
「それは――」

翠星石は、これまでジュンが見たこともないほど妖麗に微笑んで、
「食べてみての、お楽しみですぅ~」
ふわりと身を翻すと、制服のスカートを靡かせ、小走りに教室から出ていった。

ジュンは暫しの間、薄暗くなった教室に一人、立ち尽くしていた。
とうに陽も落ちて、野球部のかけ声も、もう聞こえなくなっていた。




――その夜の、就寝前。彼は教えられたとおり、ユメの実をひとつ食べた。

これで、なにが変わると言うのだろう。正直、半信半疑。
あの時、翠星石は奇妙に自信ありげだった。それを思い出して、頭を振る。
半分でも彼女を信じたがっていることが、ジュンには信じられなかった。

「とりあえず、眠ってみれば判るさ」

メガネをはずし、瞼を閉ざすと、睡魔は思いもよらず速やかに訪れた。


  ~  ~  ~


「ああ、やっと来たですぅ。たらたらしてんじゃねぇですよ」

優しく――だが馴染みのある毒舌が、ジュンを包み込んだ。
即座に、彼は思った。
最悪だ。夢の中でまで、あの性悪女に付きまとわれるなんて……と。

このままタヌキ寝入りを決め込もうかと考えたが、
理不尽な暴力で叩き起こされるのは、容易に想像がついた。
だったら、痛めつけられる前に起きてしまうほうがいい。


諦めて瞼を開くと、渦巻き模様のワンピースを着た、翠星石が立っていた。
いや、そもそも、自分は横たわっていなかったっけ?
そう思って、ジュンは初めて、ここには方向感覚が無いと気付いた。

「約束どおり、ユメの実を食べてくれたですね」
「あ、ああ……。それにしても、ここは、どこなんだ?」
「おめーの夢の中に決まってるです」
「……はい? いや、そうアッサリ言われても困るだろ……。
 大体だな、ここが僕の夢なら、お前は何なんだ? ただの幻か?」
「私は、本物の翠星石ですよ。おめーの夢に、お邪魔してるですぅ」

にこにこと微笑みながら、翠星石は、事も無げに言う。
そして、ジュンは――

「いやいやいや…………有り得ないって」

常識という『思い込み』に縋りついて、脆い理性を保とうとした。
さもありなん。翠星石の細められた眼差しが、そう語っていた。

「お前、やっぱり僕の夢だろ? 妄想の産物なんだよな?」
「このバカちん。本物の翠星石だと、何度も言ってるじゃねぇですか」
「だけどさ、これはないよ。常識はずれだって。僕の夢にお邪魔してるだと?
 はは……馬鹿馬鹿しい。できっこないよ」
「ところが、できちゃうですよ。この、私――
 ドリームキャストの紋章を持つ、翠星石には、ね」

ドリームキャスト! マジ有り得ねえーっ!
いくら夢でも、これはひどい。翠星石の服の蚊取り線香マークは、そういう意味か。
ジュンはあまりのショックに頭痛と眩暈を覚えて、吐き気を催した。
だが、翠星石は彼の急変などお構いなしに、話を進めてゆく。

「他にも、プレイステーション2の紋章を持つ金糸雀とか、
 N64の紋章所持者である、蒼星石×雛苺ペアも居るですよ」


もうやめてくれ。そう叫びたかったが、口を開けば吐いてしまいそうで、
結局、なにも言えなかった。
とりあえず、ラマーズ法で吐き気を抑え込んで、ジュンは訊ねてみた。

「僕を、どうする気だ」
「おめーには、これから夢の中でココロの修養を積んでもらうです」
「…………どうやって?」
「モチロン、7日間短期集中エクササイズですよ。
 スィーズ・ドリーム・キャンプですぅ」
「……マジ有り得ねえ」

もう夢から覚めよう。ジュンは本気で、そう思った。
まだ夜中かも知れないけれど……こんな茶番には、付き合っていられない。

だが、彼の思惑くらい、翠星石はお見通しだった。
彼女は、起きようとするジュンの手を、そっと握って、ふるふると頭を振る。

「逃げるなです。この世界のどこかに、おめーの『樹』があるですよ」
「だから、なんだよ」
「おめーは、この夢の世界を旅して、自分の『樹』を見つけなきゃならんです。
 いまはまだ小さな『樹』ですから、すぐには見つけられないでしょう。
 でも……旅での色々な経験は、ちゃーんと『樹』の養分になるです」
「……ってコトは、なにか? この世界で、僕が精神的に成長すれば、
 その『樹』とやらも大きく育って、見つけ易くなるのか?」
「そうですぅ。やっぱり、おめーは見所があるヤツですね。
 私の目に、狂いはなかったですぅ♪」


どうしてなのか。翠星石は、とても嬉しそうだった。

そんな彼女の笑顔を見ていたら――
ジュンの中に、久しく忘れていた感情が、ありありと甦ってきた。

『自分だけが――』ではなく、
『誰かのため――』に、頑張ってみようという意欲が。


「わかったよ、翠星石。少し、努力してみる」
「ホントです?」
「うん。ただ……問題は、7日間も眠りっぱなしなのかってコトだけど」
「心配いらねぇですよ。夢の世界と、現実の世界では、時の流れが違ぇです。
 こんな経験はねぇですか? 夢の中でかなりの時間を過ごしたハズなのに、
 起きてみたら、ほんの数分しか経ってなかったってコト」
「ああ……それなら、しょっちゅうだ」

実際、ジュンは授業中の居眠りで、よく体験していた。
夢の中では授業が終わったのに、目を覚ませば1ページと進んでいなかった、とか。
あんな感じならば、大して心配もない。

「それじゃあ行ってみるか……ってさ、ところで、どこがスタートだ?」
「スタートラインは、あそこ――」

翠星石が指差す先には、ぽっかりと口を開けた、小さな四角い穴が。

「おい。あれって、ダストシュートってやつじゃないか?」
「そう見えるのなら、きっと、ジュンのココロが、そう見せてるです。
 普段の日常なんてゴミみたいなもの――そう思ってたんじゃねぇですか?」

図星。確かに、退屈だと蔑むあまり、そんな風に考えたりしていた。


その結果が、ダストシュート。
いつの間にか、こんな狭い感受性しか、持てなくなっていた。
――いや。こんなにも、自らココロを閉ざしていたのだ。

いざ目の当たりにして、ジュンは恥ずかしくて堪らなくなった。
そして、いますぐにでも、目の前の穴に入りたい気持ちになった。


(本当に……あのままだったら、練炭と七輪を買いに行ってたかもな)

ジュンは自嘲した。恥ずかしくて、笑うことしか出来なかった。
世間知らずの、思い上がったガキ。それが、いままでの自分。

だけど、扉はもう目の前にある――
翠星石が、導いてくれたから。


「翠星石」
「はいですぅ?」
「あのさ……ありがとな。ちょっと、自分を鍛えなおしてくる」
「……ま、せいぜい悪あがきしてきやがれです」

見送りの時まで憎まれ口。でもまあ、その方が彼女らしい。
ジュンは清々しい気分で、笑いながらダストシュートに飛び込んだ。
この先にある、自分だけのブレイブ・ストーリーを探しに。


だけど、ジュンは確かに見ていた。
翠星石の姿が見えなくなる寸前……彼女の唇が、声もなく動く様子を。



――気をつけて、いってらっしゃい。



翠星石は、間違いなく……
今しも涙を落としそうな眼をして、そう語っていた。
 
 

|