※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ランシール

ジ「…落ち着いたか?」
翠「な、何とか…吐き過ぎてクラクラしますけど…」
ジ「無理するなよ。ここで一休みしよう」
翠「な、何言ってるです…!翠星石は無理なんてちっとも…ホェ~」フラ~
ジ「駄目だなこりゃ…仕方ない、宿屋へ行こう」
翠「翠星石は大丈夫だって言ってるです~」
ジ「どこが大丈夫なんだよ…水銀燈も真紅もいないんだから、
  無茶する訳にはいかないんだぞ」
翠「あの二人がいないくらいで…ん…?二人が…いない!?」
ジ「ん?どうかしたか?」 

翠「どどどどういう事ですか!?二人がいないって!?」
ジ「覚えてないのかよ…バシルーラで飛ばされただろ」
翠「そ、そういう事言ってるんじゃねぇですぅ!」
ジ「はぁ?」
翠「だって、だって、だって!」

翠(ジ、ジュンとふたりっきりですぅ~~~~!!///)

ジ「…どうした?」
翠「な、ななな何でもねぇです!…あっ」クラッ
ジ「危ない!」グイッ
翠「ほわっ!?」ポフッ(抱き寄せられる)
ジ「…ったく、ボーッとするなよ」
翠「!!!!くぁwせdrftgyふじこlp;///!!!!!」

翠「だだだ大丈夫ですぅ!大丈夫だから、翠星石に触るんじゃねぇですぅ!/////」
ジ「何だよせっかく助けてやったのに…とにかく宿屋だ、無理にでも休んで貰うぞ」
翠「わ、わかったですよぉ…」 


宿屋

ジ・翠「部屋が一つしか開いてない?」
宿主「へぇ、団体さんがお泊りで個室が一つしか開いてねぇズラ」
ジ「そうか…」
宿「まぁお客さん方はカップルさんみてぇだから問題ないズラね」
ジ「え…いや、僕達は旅の仲間で…」
翠「そ、そうですぅ!カッポゥじゃねーですぅ!///」
宿「またまた~wほい、部屋の鍵ズラ」 


宿屋・503号室

ジ「ご丁寧に枕二つ用意してるし…」
翠「////」
ジ「それじゃ僕は買い物に行ってくるから、休んでるんだぞ」バタン
翠「あっ…」
翠「……」
翠「…とんでもねぇ事になったですぅ」

ポフン…
翠「ふぅ…」

…ふたりっきりになるなんて思いもしなかったです……でも、これは千載一遇のチャンスです!
ここで一気にジュンとの距離を縮めて…!

『え…いや、僕達は旅の仲間で…』

………
……ジュンは翠星石の事をどう思ってるんですか?
…ジュンにとって…翠星石は旅の仲間でしかないんですか…?

やっぱり水銀燈みたくおっぱいぼいーん!じゃないと駄目ですかね…サワサワ
………何か考えてたら段々悲しくなってきたですぅ…
む~…今あれこれ考えてもドツボに嵌まるだけな気がするし…とりあえず寝るです!
寝てから考えれば…ちっとは…マシに……Zzz…


翠「Zzz…ムニャムニャ」
ジ「よく眠ってるな…そっとしとくか」
翠「ジュン…危ないです…ムニャムニャ」
ジ「何の夢見てるんだろなw……コイツも寝顔は可愛いんだけどなぁ」
翠「駄目です…男同士なんて…ムニャムニャ」
ジ「…マジで何の夢見てるんですか?」

翠「Zzz……んあぅ?」
ジ「あ、起きたか」
翠「ぅ…おはようですぅ…」
ジ「もう夜だよ」
翠「そんなに寝てたですか…くぁ~~~っ」
ジ「とりあえずヨダレ拭けよ…体の調子はどうだ?」
翠「ん…もう大丈夫ですぅ」
ジ「そっか…よかったな、治って」
翠「もう船はこりごりですぅ…」
ジ「安心しろ、当分は船旅だ」
翠「うぐ…」
ジ「ま、慣れるしかないな」
翠「冒険は大変ですぅ…」
ジ「だな」
…………
か、会話が終わっちまったです…

な、何か話題を!
翠「そ、そういえばお腹空きましたね!何か食べにいくです!」
ジ「あ、僕はお前が寝てる間に済ませたけど…」
翠「そ、そうですか…」
き、気の利かねぇ野郎です…いや!今はそんな事いいです!
そんな事より会話を続けて…えと…う~
翠「んあぁ!」
ジ「(ビクッ)な、何だ!?」
翠「お、お風呂入ってくるです!」
ジ「あぁ、風呂か…僕も今のうちに済ませるか」
ほあぁ!?今のうちに済ませるって…まさか!こ、混浴…///

ジ「んじゃ、僕こっちだから」
そうですよね…男女別れてますよね…常考…ハハ…

翠「…ハァ」チャプ…
空回りしまくりです…こんなんじゃ距離を縮める以前の問題ですぅ…
未来が真っ暗ですよ…蒼星石…フフ…
蒼「あ、翠星石?」
翠「(ビクゥッ)そ、蒼星石!?何でここに!?」
蒼「何でって…旅の途中で立ち寄ったんだけど…」
翠「そ、そうですか…」
あ…でも蒼星石の顔を見たら少しだけホッとしたです…
蒼「あれ?」
翠「どうしました?」
蒼「あ、うん…旅の仲間と一緒に来たんだけど…まだかな…」

(男湯から)「あぁんジュン様ぁ♪お久しぶりですわぁ♪」
ジ「なっ!雪華綺晶!?」
翠・蒼「!?」

雪「うふふ…こんな所で出会うなんて♪やっぱり二人は赤い糸で結ばれてますのね♪」
ジ「な、何を訳の判らない事を…つーか前隠せ!///」
雪「照れてらっしゃいますのね…♪でもそんな可愛いトコも大好物ですわ♪」
ジ「え!?僕食べ物!?」

蒼「な、何してるんだよ雪華綺晶!も~!」
翠「な、仲間って雪華綺晶ですか!?」
蒼「え、知ってるの?ってそれどころじゃない!早く止めないと!」
翠「…翠星石が行くですぅ!」ザバッ
蒼「えっ行くって…ちょ、翠星石!?」
あそこから男湯へ行けるですぅ!

雪「さあ、お覚悟なさいませ♪今宵二人は結ばれる…これぞまさにデェスティニィー!ですわぁ♪」
ジ「恐い!恐いって!」
雪「…もう辛抱たまりませんわ!ジュ♪ン♪さ♪ま~♪」ピョーン
ジ「きゃー!ルパンダイブー!」

翠「バギマー!」
雪「アーーレェーーー…」キラーン☆
ジ「あ…?」
翠「ジュン!無事ですか!?」
ジ「す…翠星石…」
翠「よ…よかった…」ヘナヘナ
ジ「翠星石…」
翠「ジュンに何かあったら…翠星石は…グス…」
ジ「いや、だから翠星石…」
翠「え…?」
ジ「その…ま、前…/////」






翠「んわきゃあああああああああああああ!!!!!?????」





※翠星石はバギクロスを覚えた!
ジ「エンッ」
翠(ジュンに見られた、ジュンに見られた、ジュンに見られた、ジュンに見ry///////)
蒼(…グッバイ、雪華綺晶)敬礼 


宿屋・503号室

ジ「……」ボロッ
翠「ご、ごめんです!あ、あんな事になるなんて思ってなくてその」
ジ「あ~いや気にするなよ…ほら、僕も悪い訳だし、な」
翠(その優しさが今は辛いですぅ~~!)
翠「で、でもホラ…」
ジ「…今日はもう寝よう、な」
翠「あ…!…わかったですぅ…」シュン

さ、最悪です…完全に嫌われたです…!毛布と枕だけで床で寝てるし…
ジ「……ハァ」ムク
翠「ど、どうしたんですか!?」
ジ「何だ、まだ寝てなかったのか…いや、やっぱり床じゃ眠れなくてさ」
翠「そ、そうですか…」

あれ…?こ、これはもしかしたらチャンスかもしれないです!でもそれってつまり…
…えぇい!翠星石も女です!当たって砕けるですよ!
翠「ジ、ジュン!」
ジ「え?」
翠「こ、ここここっち来て一緒に寝るです!////」
ジ「え…そ、それはマズイだろ…////」
翠「す、翠星石がいいって言ってるからいいんです!でも勘違いするんじゃねぇですよ!?
  リーダーに風邪ひかれたりしたら困るから仕方なくですからね!/////」
ジ「あ…えと…うん////」

翠「……」
ジ「……」
き、緊張して眠れねぇですぅ…!



引き続き宿屋………朝

…チュン…チュン…チュンチュン…チュン…チュチュン…

…け…結局一睡もできなかったです…一緒に寝るとか言わなきゃよかったです…
ジ「クカー…Zzz」
…翠星石が一緒もできずにいるのにこの野郎グースカ寝てやがるです…何かムカつくですね…
……
………チラ
い、いや、無いです!それは無いです!
眠ってる今ならキスしてもバレないとかちっとも思ってないです!
……………チラ
いやいやいや!駄目です!駄目ですよ!翠星石は聖職者です!眠ってるジュンの柔らかリップに
おはようのチュー♪とか絶対駄目ですぅ~♪クネクネ 


…………………チラ
…スキンシップ…そう!これは仲間同士のスキンシップです!決して
チューという名の既成事実のもとに教会へGO!でリンゴーン♪リンゴーン♪とか
そんな天空の花嫁な事じゃねーですからね!…ニヘヘ
………
…いいんですよね
…………
…これは神様からのご褒美ですよね!?
そういえば誰かが言ってたです!『女は度胸!何でもやってみるもんサ☆』って!
やぁん♪もう細かい事は抜きにしていっちゃえ☆翠星石♪



翠「ん~…(´3`)」ドキドキ
ジ「……何してるんだ?」
翠「( ゚3゚)」 



翠「……( ゚3゚)」
ジ「……」
翠「……いつ起きたです?(;゚3゚)」
ジ「……お前がクネクネ動いてる時」
翠「……(;;゚3゚)」
ジ「で…それは?」
翠「∑(;゚3゚)え!?こ…これはその…えと…」
ジ「…?」
翠「(;゚3゚)え~と…あ!アレです!タコです!」
ジ「は?」
翠「タコなんです!ほれ、~(´3`)~ニョロニョロ」
ジ「そ、そうか」
翠「そ、そーですよぉ!~(´3`)~ニョロニョロ」
ジ「あぁ…うん…」
翠「………」
ジ「………」





翠「翠星石ちょっと死んでくるです(ノД`)」
ジ「いや待て!はやまるな!」 



ランシール・道具屋前

せっかくいい感じだったのに…今度こそ終わりです…ジュンに変な女だと思われたです…ラララ
ジ「…よし!消え去り草も買ったしそろそろ行くぞ…翠星石?」
翠「ひゃい!?」
ジ「?…早く行くぞ」
翠「…はい」
ジ「…もしかして今朝の事気にしてるのか?」
翠「ほあっ!?そそそそそんな事ないですよ!?き、気にする事なんて、あるわけないでべそ!」
ジ「(でべそ…?)……お前ってやっぱ嘘つくの下手だよな」
翠「う、嘘なんて…!」
ジ「…でもそういうトコ、嫌いじゃないよ」
翠「え…////」

え…そ、それってつまり…////
ジ「まあウチは変わり者揃いだし、あれくらいなんて事ないからな。気にするな」
あー…そうですよね…そんなモンですよね……
翠「…大丈夫ですよ。ホントに気にしてないですから」
ジ「そっか…だったらいいけど」
…ま、今はこれでよしとしとくです。これから先も…きっとチャンスはありますよね
翠「…ジュン!」
ジ「ん?」
翠「…これからもよろしくお願いします」
ジ「…どうしたんだよ、改まって」
翠「特に意味は無いです!さ、とっとと行きますよ!」
ジ(変な奴だな…)

蒼「翠星石!ジュン君!」
翠「あ、蒼星石」
蒼「アリアハンへ行くんだよね」
ジ「あぁ…仲間を迎えに行かないといけないからな」
蒼「あ、ジュン君…夕べはゴメンね。僕が雪華綺晶を止めてれば…」
ジ「いや、気にするなよ。アイツの性格は僕達もよく知ってるし」
翠「そういえば雪華綺晶は?」
蒼「結局戻ってこなかった…」
翠「そ、そうですか…」
ジ「意外とアリアハンまで飛ばされてたりしてなw」
蒼「それはないよ~w」
翠「考えすぎですぅw」
ジ「それもそうかw」



ジ・翠・蒼(…ありえるかも) 



蒼「何だか心配になってきたな…僕達も行くよ」
ジ「そうか…って『達』?」
蒼「うん、仲間はもう一人いて…あ、来たみたい」

巴「…久しぶり、桜田君」

ジ「柏葉…!」
蒼「え、知り合いなの?」
翠「むっ!?」
ジ「ああ…アリアハンにいた頃の友達だよ」
巴「…元気そうだね、安心したよ」ニコッ
ジ「柏葉も…旅に出てたのか」
巴「うん、私にもできる事があると思って」
ジ「そうか…」
巴「……」
ジ「……」

な、なんですかこの、いいふいんき(←何故か変換できないですぅ><)は!? 


翠「は、話は後にして早く迎えにいくですぅ!」
蒼「そうだね、そろそろ行こう」
ジ「何急かしてるんだよ?」
翠「そんな事ねぇです!さっさと出発するですよ!」
ジ「全く…」
巴「じゃ桜田君、話は後でね」
ジ「あぁ…じゃ、行くぞ…ルーラ!」



雪「うふふ…ジュン様♪お待ちしておりますわぁ♪」
銀「ねぇ…雪華綺晶は何で全裸なのぉ?」
紅「…私に聞かないで頂戴」



結局いつも通りで続く
|