※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

日直日誌 薔薇水晶 5月28日
今日から夏服に変わった。でも、みんな夏服の上にいろいろ着ていたので、
先生たちに脱がされていた。今度の夏服はものすごく涼しい。
なのにみんな赤い顔をしている。なぜだろう?
今度の夏服はみんなの視線が熱い。
ジュンの舐めまわすような視線を受けると思わずあそこが熱くなる。
今日は掃除当番だった。
大量にあるものが大量発生していたので、片っ端から捕まえて先生に宅急便で送っておいた。調理済みです。
きっと喜んでもらえると思います。
夏服なんですが、みんないやそうなので、卑猥な言葉を刺繍したり、
アッガイラブの文字を印刷するのは許可してあげませんか?

 

―コメント
やぁ!ついに夏服に変わったね!なんてみんなエロい体してるんだろう!!!
特にベジータなんか、たまんないよ!!!!
涼しいのに赤い顔をして他のかい!?
それはきっと、ほら…学校に来る前にさ、…してきたんだよ!
一人でか二人でか、それとももっととかはわかんないけどね!!!
若いっていいね!!
そうそう、君からの贈り物、届いたよ!!
なかなかおいしかったよ!あれ、なんだい!?精力つきすぎてもうビンビンさ!
外はさくさく中はドロッとして程よい苦味と香りがたまらない!
すっぽんのから揚げかな?
でも、色はこげ茶色で動いてるのもあった気がするけど…
気のせいだよね!
たしかに、学校の中はクーラーが利いててあのカッコだと寒いかもしれないね…
よし、アッガイのアップリケ30cm×30cmは許可しよう!
卑猥な落書き、無修正写真の類はホントはだめだけど目をつぶってあげようじゃないか!!
もちろん、アップリケは一つだけだぞ!
もう一つのほうは、将来のための知識として必要だから、背中に必ず一つ入れることにしようか!
どうだい薔薇水晶!なかなかいい案だろ!?

薔「調理方法…ゴキブリの手足をもいでコールタールで固めて虫の面影を消します。
それで完成。お好みでコールタールに馬糞を混ぜるのもいいですね。
さ、アッガイのアップリケ、早速入れよう。」


日直日誌 5月29日 ベジータ
油断していた…順番からいってきらきーか蒼嬢だと思っていたのに…
うっかりスケスケのブラジャーやパンチラに見とれて日直になっていることに気づかなかった…
今日は天気もよく、女子はじっとりと汗をかき、それはもう甘ったるいにおいと色気がむんむん漂っていた。
しかし、クーラーが壊れてしまったのには参った。
ゆっくり寝れない。
早く直って欲しい。噂では誰かが電気系統をいじって壊したという話だ。
勘弁して欲しい。
今日はとにかく梅岡から身を守らなくては…

―コメント
ふふふふ…油断していたね!!確かに、今日の君は隙だらけだったよ!!
今日は教室で甘い匂いがしたって!?そりゃそうさ!
日直の君のために媚薬を気化させていたんだからね!
クーラーなんだけど、ここだけの話、壊したのは僕なんだ!
だってもっとみんなが汗ばむところが見たくってさ!!!
ゆっくり寝たいって!?まぁ、今日は家においでよ!
薔薇水晶がくれたとてもおいしい料理があるんだ!!
それに、死んだら眠りっぱなしなんだからさ!!
今日は寝かさないよ!!!!!!!!!!!

べ「ああ、やっぱりこうなったか…って、なんだこりゃあ!こんなもの食えるか!
っておい!やめろ!口移しで!うぐっ!ぐぅおえぇぇぇぇ!!!!
死ぬゥゥゥゥゥゥ!!!!!!!」
日直日誌 柏葉巴 5月30日
今日、雛苺が泣いていた。なんでも、某教師にセクハラをされ、鳴かされたのだという。
私は誓う。何があろうと。
雛苺を泣かした教師を許しはしない。
たとえこの世界が滅びようと。
この魂が擦り切れようと。
そいつを滅却してやる。地獄の悪魔も許しを請うぐらい痛めつけてから。
跡形もなく消滅させてやる。
まっていろ。

 

―コメント
やぁ!柏葉!先生感動しちゃった!!!君と雛苺の熱い友情!!!
なんてすばらしいんだろう!!雛苺が泣かされたんだって!!???
先生に!!!?????誰だい、そいつは!!??僕も痛めつけてやるよ!
昨日雛苺と硬く抱き合って、感動の涙を流しあったばかりだってのに!!!!!!!!
それはもう夕日をバックにものすごく情熱的で感動的で熱い熱い先生と生徒の抱擁だったよ!!!
思い出しただけでまた感動の涙がこぼれてきちゃうな!!!
…それはそうと、雛苺って胸大きいんだね。
いや、あのスケスケの制服でよくわかってたつもりなんだけど、
改めて抱きしめてみると思った以上に…
ハハハハハハハハハハハハ!!!
青春だね!!先生との禁断の愛!たまんないな!!!!

巴「くっ、地獄の責め苦を与えて一ピコメートル刻みに切り刻んで
気で完全に消滅させたのに…何故滅却できない!?
な……なんてことだ……え…エロいうえに不死身じゃ話にもならねぇ…
………くそったれ………
って、ちょ、脱ぐな、そして私に向かってくるなーーーーー!!!!!!」

巴「はぁはぁ、危うく私までヤられてしまうところだった…
けれど、見てろよ!いつか必ず消し去ってやるからな…」


日直日誌 蒼星石 5月31日
今日は、ベジータ君に付きまとわれませんでした。ここのところ、元気が無いようです。
なんでも噂によると、大男の集団に襲われた後、猛毒を大量に飲まされ、
データを取るため血を大量に抜かれたとか。
今度お見舞いに行ってあげようかな…
あと、明日から始まる水泳ですが、あの変態的な水着は着たくありません。
何とかしてください。あんなの恥ずかしすぎます。

 

―コメント
やぁ!!今言ってたこと本当かい!?ベジータのお見舞いに行かなくちゃ…
もちろん、薔薇水晶に滋養強壮の料理を作ってもらって食べさせてあげるのも忘れないよ!
そのあとでたっぷり『精』をつけてあげるんだ!!!
でも、ちょっとだけなら絞ってもいいかもね!!!!!!?
ベジータ…まっててねぇぇぇぇ!!!!!ハァハァハァハァ…
水着だね!?僕がデザインしたあの興奮度120パーセントの!?
一目見ただけで三日は妄想が止まらないあの水着が!!!!!!!!?!!
あれが気に入らない!?!!
先生、悲しいよ!!!でも、気に入らないならしょうがないね!
他の水着にするよう先生から連絡しておくよ!蒼星石だけね!
だって、他の女子は気に入ってるに決まってるんだから!!!
校則は守らないといけないから、君は男物のトランクスね!!!!
もちろん上半身は裸だよ!!体操も男子側で!!!
月の物での欠席も認められないよ!!!君は男扱いするから!プールのときは!!!
あ、男物のブリーフ、紫のブーメランパンツや褌もいいかもね!!!
明日希望者はこっちにただで変えるって放送流すよ!!!
交換第一号は蒼星石ってこともね!!!!
あー、ベジーター!!!!!まっててねー!!!!!!

蒼「そんなぁ…」
翠「タイミングが悪いですよ…。まぁ、大人のおもちゃつけろっていわれなかっただけよかったです。」

薔「今回梅岡に渡した料理のレシピです。
まず、近くのドブから糸ミミズを取ってきてゆでます。
ヘドロとチョコレート、ゴキブリを煮詰めた出汁であっさりといただきましょう。そうめんの完成。いえーい。」
梅「おお、すごい!!あっさりしてるのにどんどん力が沸いてくる!!!
しかもいくらでも食べられるよ!!ベジータにも早く食べさせてあげよう!!」

蒼「ばらしー…」


日直日誌 桜田ジュン 6月1日
今日、水泳があった。女子の水着エロすぎ。男子で授業の終わりまで
鼻血出さなかった奴は一人としていなかった。
なかでも、蒼星石のトランクスは萌えた。思わず膨らましてる奴がいたが、
水着なので丸わかり。ベジータの奴おさえろっての。
ただ、胸にさらしを巻いていたのが残念だった。蒼星石の胸が生で拝めると思っていたのでちょっとむかついた。
あとは、今日学校にエロ雑誌持ってきて教室内でそれをばら撒かれるという悲惨な眼にあった人がいた。
ラノベも女子にさらされていた。
水泳の時間のことと合わせ、そいつの社会的地位は急カーブを描いて奈落のそこに落ちていっている。
哀れすぎて話しにならない。
それから、なぜか最近男に告白される。ほんとやめて欲しい。トラウマがよみがえりそうだ。
蒼星石の気持ちがわかる気がする。

 

―コメント
そうだろ!!?エロいだろあの水着!!!特に水銀燈のプールに飛び込むたびにこぼれそうになる胸がたまらない!!!!!
ベジータがおっきさせてたのかい!?そのときの写真があったら一枚1万五千円で買うよ!!!
さらし…うーん、禁止するべきかせざるべきか…迷っちゃうね!!
ただ、着エロってのもありだと思うんだ!
裸ならプールの更衣室に監視カメラを仕掛ければいつでも見れるしね!!
だから、さらしはオッケーにしとくよ!
そうそう、真紅もトランクスアンドさらしに変えるよ!!今のだと貧乳が目立ってイヤなんだってさ!!
学校にエロ雑誌やライトノベル持ってきてる奴がいたのかい!!?
ふふふふふ、そいつはじっくり『教育的』指導をしてあげなくちゃね!!
たのしみだな!!!きみ、最近男の子に告白されるのかい!!?
よかったじゃないか!やっと僕が君に行った調ky、ゴホン、指導の結果が現れてきたんだね!!
おもえば、君が引きこもってるとき、あんなビデオやあんな写真を参考にしながら、
暑い夜をすごしたものだったね…!!
久しぶりに一緒に暑い夜をすごすかい!!?

ジ「ああ、嘘だ、そんなのうそだぁぁぁ!!!あの記憶は封印してたのにいいいいい!!!!」
の「だ、大丈夫!!?こういうときは担任の梅岡先生に相談よぅ!!」
ジ「やめえくれぇぇぇぇえええぇぇぇ!!!!!!!!!」

桑「かわいそうだけど…でも…」

 

 

 

 

|