※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。


翆「ジュンがとてもエロい事を考えてるですぅ。おめーは変態ですか」
ジ「な、なんで僕の考えてる事が解るんだ!?」
真「その・・・ズボンの・・・股の・・・テ、テント具合を見れば・・・わかるのだわ・・・////」

水「ぷくくく・・・真紅ったら顔真っ赤にしちゃってぇ・・・」
真「ちょっと水銀燈!また台本書き換えたわね!?プロデューサーから時間が押してるからまいていきましょうって言われたの忘れたの!?」
蒼「まったく・・・あれ、何してるの雛苺?」
雛「隠し撮りした動画のチェックなのー」
金「あれで結構需要があるかしら。ちょうどいい小遣い稼ぎかしら♪」
蒼「・・・はぁ」
翆「我が妹ながら、最近ため息姿が板についてきたですね・・・」


翆「あー!翆星石がジュンに負けるなんて一生の不覚ですぅ!」
ジ「悪いな性悪人間!景品は僕のものだー!って・・・『さあ、心を開いてごらん?みんなみんな友達なんだ!』著者、梅岡・・・」
翆「あー・・・い、いーんじゃねーですか?ジュンにピッタリだと思いますですよ?」
ジ「・・・」


梅「あ、アレかい?そう!僕の書いた本なんだ!ジュン君が引きこもり気味だって聞いて、是非読んでほしくてさ!大丈夫、僕は教師経験もあるんだからってウワナニスルンダキミヤメテ・・・!」


ジ「ほら、やるよ真紅。だから涎れを垂らしながら鷹の目でこっちを見るのはやめろ」
真「ああ!くんく~ん!!お持ち帰りなんてせずに、今ここで私と一つになるのだわ!だわー!」
ぎゅ~~~!!!
ジ「はは、本当に真紅はくんくんが好きだなぁ・・・え?」
カプ、ブチ、ズルズル、もふ、くぱぁ、バリ、ごきん、しゅるる、ごくん、ゲフッ、あぶ、グググ、バリッ、むぐむぐ・・・
ジ「・・・」

そこにあったハズのものが無くなると、愛おしそうにお腹を摩りながらうっとりと呟いた。
真「ねぇ、くんくん?これで私達はいつまでも一緒よ・・・そう、ずうっとね・・・」


水「このシーンはアドリブで行くって言ってたからどんな愛情表現が見られるかと思ったら・・・イカレてるわぁ」
翆「こんなの人様に見せられるワケねえです!だから金糸雀!次はオメーが真紅を止めるですよ!?」
金「む、無理かしら~!きっとカナごと食べられちゃうかしらー!!」
翆「ええい、泣くなです!根性見せろです!ほら、ジュンもなに立ちながら気絶してるですか!さっさと撮り直すですよ!!」


蒼「この服・・・どうかな?ジュン君」
ジ「僕っ子メイドktk…うーん…」


水「はい、カーット!ちょっとジュンどうしたのぉ?」
ジ「なぁ、水銀燈。この衣装もう少し何とかならないか?」
真「あら、気に入らないの?ジュン好みの可愛らしい衣装じゃない」
ジ「そうなんだけど…もっとこう…魂に響くような…」
蒼「さすがジュン君。服にはこだわりがあるんだね」
雛「じゃあジュンはどんな服がいいのー?」
水「そうねぇ。この際だからジュンにデザインしてもらいましょうか」
ジ「本当か!?よし、じゃあ蒼星石!僕が考えたこの裸ランドセ」

ドゴォ!ズバ!ジャキン!メメタァ!!

翆「真紅の絆ックル、水銀燈の剣と蒼星石の鋏の斬撃、巴化した雛苺のかしわもちですか・・・いい加減死んだんじゃないですかね?」
金「うーん・・・あ、まだ生きてるかしら。でも蒼星石の衣装はどうするかしら?」
翆「しょーがねーですから、もう少し露出度上げたメイド服にするです。それでダメなら虚勢してやるまでですよ」
|