※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

二回戦、VS巴
ジ「巴!僕の練習に付き合ってくれないか?」
巴「いきなりだね。でも・・うん、いいよ」
ジ「よし、じゃあ早速!」

BATTLE START!
ジ「『高貴なる乙女、真紅』召喚!」
巴「私は『愛情表現の伝導士、雛苺』ね」
ジ「まずは『のりのお出かけセット』で真紅を強化だ」
巴「フィールドカード『玩具の国』をプレイ。連続で『人形巨大化』を使うわ」
ジ「やるな・・ここは回避行動だな」
巴「さらに『豚の硬貨弾』で攻撃!」
ジ「・・カードを伏せて、回避だ」
巴「逃がさない!魔法カード『タコ風圧』で真紅を攻撃。硬貨弾に当たりなさい!」
ジ「今だ!トラップカード『華麗なる体術』で緊急回避!加えて硬貨でカウンターだ!」
巴「そんな・・まだよ!雛苺の特殊能力『苺の轍』で真紅を止める!」
ジ「くっ・・」
巴「やった、これで勝てる!魔法カード『媒体からの吸収』で苺轍を強化!そして・・」
ジ「残念だな、柏葉。勝負あった」
巴「え?」
ジ「魔法カード『指輪の呪い』!柏葉は短期間で高レベルの呪文を使いすぎた!これで僕の勝ちだ!」
巴「あ・・負けちゃった・・うっ・・ぐすっ・・」
ジ「え!?おいおい、たかが自分のカードが負けたからって泣くこと・・」
巴「ひ・・のこ・・か・・」
ジ「は?」
巴「雛苺の事かー!!」
ジ「ぐべらぁ!!」
|