※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

銀×JUM~文化祭にて~


銀「それじゃぁ行きましょう!ジュン」
J「お、おい、腕を引っ張るなって!あぶないだろ」
銀「うふふふふふぅ!楽しみだわぁ」
走り去っていくJUMと水銀燈を物陰から眺める八つの目。
翠「むきー!水銀燈のくせにジュンとイチャイチャしやがって、ゆるせねーです!」
蒼「翠星石もジュン君と一緒に回りたいならそう言えば良かったのに」
翠「な、なななななな何を言ってやがるですか蒼星石!翠星石はただ水銀燈の分際で一緒に回る男の子が居る事が許せないだけです!」
蒼「ホントかなぁ・・・」
紅「わたしも翠星石に賛成なのだわ」
蒼「真紅!?」
紅「水銀燈も水銀燈だけど、ジュンもジュンよ。下僕のくせにこのわたしを差し置くなんて・・・」
翠「真紅とはとても気があいそうです!」
紅「そうね。ジュンにはお仕置きが必要だと思わない?」
翠「水銀燈にも翠星石たちを出し抜いたしっぺ返しを喰らわせてやるです!」
蒼「やめようよ・・・二人とも」
手を出そうとした蒼星石の肩をがっしりと掴む手が。
薔「フルフルフル(首を横に振っている)」
蒼「薔薇水晶!――何で止めるの?」
薔「面白くなってきた・・・(ニヤリ)」
翠「こうして、あーして、こうするです!」
紅「それよりもここはもっとこう・・・」
翠&紅「「うふふふふふ・・・」」
蒼「はぁ・・・どうなる事やら・・・」


J「――で?」
銀「で、って、どうしたのぉ?」
J「初めはどこから回るんだ?」
銀「どこからにしましょうか?――ジュンは回りたいところあるかしらぁ?」
J「水銀燈は決めてなかったのかよ」
銀「わたしはジュンと回れれば満足よぉ?」
J「な、何恥ずかしい事言ってんだよ!――あ、このクラス入ってみようぜ?」


フレディ「・・・・・・」
J「・・・・・・」
銀「・・・・・・」


その頃。
翠「ほら雛苺、さっさと働くです!」
雛「うゆ~、何でヒナがこんな事しなきゃいけないのー」
翠「口答えするなです!昨日蒼星石の苺大福を盗み食いした罰です!」
蒼「ボクは別に気にして無いけど――」
翠「蒼星石は黙ってるです!」
紅「薔薇水晶、げんしけんからこのコスチュームを借りてきて頂戴」
薔「・・・分かった。真紅が着るの?」
紅「わたしは恥ずかしくて着れないのだわ」
薔「・・・・・・残念」
紅「何か言った?」
薔「別に」
金「何か面白そうな事してるのかしらー?」
翠「丁度いい所にきやがったです!金糸雀も手伝うです!」
金「カナはこれからみっちゃんを案内するのかしら」
翠「そんなことはどうだっていいです!いいからこっちきやがれです!」
金「あーれー!かしらー!」


J「何だったんだあれ?」
銀「よくわかんなぁい。熊のきぐるみを着ようとしてたみたいだけどぉ」
J「まぁいいや。――にしても、人増えてきたな・・・」
銀「本当ね・・・もうすぐお昼も近いみたいだしぃ」
J「はぐれないようにしろよ?」
銀「ジュンったらやさしぃのね?」
J「か、からかうなよ」
銀「うふふ・・・」
水銀燈は微笑むとジュンの左隣にすばやく移動し、彼の腕を取った。
銀「こうすればはぐれる心配もないわぁ」
J「お、おい、水銀燈・・・恥ずかしいだろ!」
銀「あら・・・ジュンはわたしとこうするのが――嫌なの?」
J「べ、別にそういうわけじゃ・・・(///)」
銀「ならいいじゃない・・・しばらくこのままで・・・」
J「・・・うん」
寄り添いながらゆっくりと廊下を歩く二人であった。
べ「見たか笹塚!?――あの野郎!上手くやりやがって!」
笹「・・・羨ましいね、ベジータ」
べ「う、羨ましくなんか無いぞ!」
蒼「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・」
べ「ひいっ!?――蒼嬢!?いつからそこに・・・」
蒼「羨ましくなんか――無いんだから」
ビシィッ!
蒼星石が掴んでいたコンクリートの柱にひびが入った。
笹「!!!???」
蒼「翠星石たちの準備・・・ボクも手伝わないと。じゃあねベジータ、笹塚」
べ「あ、ああ」


J「鋼組の出し物は凄かったなー。錬金術って言うんだっけ?」
銀「あのちんちくりん、なかなかやるわねぇ」
江戸「誰が極小豆粒ドチビじゃい!」
或「にいさん、だれもそこまで言って無いよ?」
J「何か言ったか?」
銀「べつにぃ?空耳じゃないの?」


J「さて、そろそろ別の出し物でも見に行こうか?」
銀「そうねぇ・・・効率よく回らないと全部見れないわねぇ」
J「あれ?校庭の隅にテントみたいなの建ってないか?」
銀「どこぉ?――よく見えないわ」
J「ほら、もっとこっちに来いよ」
水銀燈とJUMの距離が図らずも急接近する。
銀「!?」
J「ほら、あそこ。――見えたか?」
銀「え、ええ・・・(///)」
J「どっち見てるん、だ・・・よ」
真っ赤になった水銀燈を見て急に彼女を意識するJUM。
二人の間に気まずい、でもどこか心地よい沈黙が降りた。


翠「きいーっ!ちび人間と水銀燈のくせに、見せ付けやがってるです!」
翠星石たちは校庭の隅の不気味なテントの陰で窓からのぞくJUMたちを見ていた。
雛「水銀燈、うらやましいのー。ヒナもジュンとイチャイチャしたいのー!」
紅「雛苺にはちょっと早すぎるんじゃなくて?」
雛「そんなことないのー」
金「金糸雀には関係ないことなのかしらー。みっちゃんが心配するから早く戻りたいのかしらー」
薔「・・・借りて来たよ、衣装」
翠「よくやったです!後はこれを着れば――」
蒼「まって、翠星石」
翠「蒼星石!?今まで何してたですか?」
蒼「――その役、ボクにやらせてくれないかな?」
翠「お姉ちゃんの質問に答えるです!」
紅「翠星石、蒼星石にやらせてみましょう。普段から冷静な蒼星石なら適任だわ」
雛「何が始まるのー?」
薔「ワクワクテカテカ」
金「あー、みっちゃんきっと心配してるのかしらー」


そのころのみっちゃん
み「いやーん!これが噂のちびっ子先生!?なんて可愛いの!!」
スリスリスリスリスリスリスリスリ
ネ「誰か助けてー!摩擦がマサチューセ(ry」


J「テントの所に来たのはいいけど・・・何なんだ、これ?」
銀「見れば見るほど怪しいわねぇ・・・紫色のテントに銀色の星飾りが飾ってあるわぁ」
翠「じゅんもすいぎんとうもなにをしているですか?(棒読み)」
紅「あら、あなたたちもうわさの占い師、ブルースターの占いをしにきたのね(棒読み)」
J「ブルースター?」
銀「すっごく胡散臭いんだけどぉ?」
薔「そんな事無いわよ!今アジア中で最も話題の占い師が特別に薔薇学に来てくれることになったのよ?一回占ってもらったらどうかしら?」
雛(薔薇水晶すごいのー。女優さんみたいなのー)
金(逆に演技過剰で怪しさ100%かしらー・・・)
J「・・・どうする?」
銀「あんたたちが何を企んでるのか知らないけどぉ――」
紅「ギクッ!」
翠「べ、べべべべべ別に何も企んでなんか――」
薔「酷いわ、水銀燈ちゃんったら」
銀「背を向けるのは嫌いだから――乗ってあげるわぁ」
翠「そ、そうと決まればさっさとテントに入るです!」
薔「1名様・・・ご案内」


ブルースター(以下ブ)「我が名はブルースター。チベットで生まれ、インドで修行を重ねた稀代の大預言者なり」
J「おい、蒼星石、何やってんだよ」
ブ「ボクは蒼星石などではない!」
J「地が出てるぞ!」
銀「すごいわぁ!それならきっと占いなんてお手のものねぇ」
J「信じちゃったよ!?」
ブ「うむ。信じるものは救われるのである」
J「それキリスト教だし・・・」
ブ「して、今日は何を占って進ぜよう?」
銀「じゃあ――」
ブ「待て!言わずとも分かる。おぬし達が占って欲しいのは――恋愛運じゃな?」
銀「凄いわぁ!言わなくても分かるのねぇ」
J(そんなの大体想像付くよ。どういうつもりだ?こんな大掛かりなテントまで用意して・・・)
JUMはテントの中を見回した。
急ごしらえのためかあちこちに綻びがある。
蒼星石の着ている衣装も何かのアニメで見たような服装をしている。
JUMはため息を一つ吐いて事の推移を見守る事にした。


ブ「まっだ~いわな~いで~(ry」
銀「ドキドキ」
J「・・・・・・」
ブ「し~んじてる~わ~けじゃない~。・・・喝ーーーーーっ!!」
J「!!!???(びっくりした・・・)」
ブ「見えた!」


銀「どうなの!」
ブ「おぬし・・・普段からそこの男を振り回しておるな?」
銀「そ、そんなことないわよぉ?」


入り口の隙間から様子をうかがう薔薇乙女達。
紅(蒼星石、意外と演技に入り込むほうなのね・・・)
翠(蒼星石の知らない一面を垣間見たです)


ブ「いや、嘘を吐いても分かる。おぬしの我侭のせいで周りの人間も迷惑しているのが見える」
J「いや、僕は別に・・・」
ブ「おぬし達の!」
JUMの言葉を遮るように蒼星石は大声を上げる。
ブ「おぬし達の相性は大変良くない暗示を見せておる」
銀「!?」
ブ「このままではそこの男にもおぬしの姉妹達にも大きな災いをもたらすだろう」
銀「どうすればいいのぉ!?」
ブ「そこの男と別れることじゃ――それしか方法は無い」
銀「!!!!!」
J「でたらめ言うなよ!大体お前――」
水銀燈は蒼星石に掴みかかるJUMを尻目にテントから駆け出した。
J「待てよ!水銀燈!」


テントから飛び出す水銀燈。
不意を衝かれた真紅たちはその場に尻餅をついた。
翠「いたたたた・・・」
紅「水銀燈・・・」
真紅の目には涙を流して走り去る水銀燈の姿がはっきりと映っていた。


J「どういうつもりだよ、蒼星石!」
ブ改め蒼「・・・」
蒼星石はゆっくりとフードを外した。
外に居た薔薇乙女達もテントの中に入ってくる。
J「どういうつもりだって聞いてるんだ!」
紅「ジュン、あんまり興奮しないの。みっともないわ」
J「・・・みっともないのはどっちだよ。こんな下らない真似して・・・」
蒼「――下らなくなんて無い」
翠「蒼星石?」
蒼「下らないなんて、これっぽっちも思ってない!!」


蒼「ボクだって・・・ボクだってジュン君と一緒に文化祭を回りたかった・・・」
J「蒼星石・・・」
蒼「ボクだって、ジュン君に甘えてみたかった!」
顔を上げた蒼星石の双眸からはとめどもなく涙が溢れていた。
蒼「でも、水銀燈がいつもジュン君の隣に居た――」
紅「わたし達も等しくジュンの事が好きなのだわ」
金「カナはみっちゃんが一番かしらー?」
雛「ヒナはねー、うにゅーと巴とジュンなのー」
翠「黙るです!カナガワにちびちび!」
蒼星石がJUMに詰め寄る。
JUMは一歩一歩と後ずさり、テントの端へと追い詰められた。


蒼「ボクじゃダメなの?――答えて」


J「・・・ごめん。蒼星石の気持ちに応える事は出来ないよ・・・」
蒼「!!!」
翠「じゃ、じゃあちび人間はやっぱり水銀燈の事を・・・」
J「ふるふる(首を横に振る)」
紅「じゃ、じゃあ・・・誰なのだわ?」
金(これはもしかしてカナにもチャンスかしらー?ごめんねみっちゃん、カナは一足先に大人になりますかしら)
薔(ねーよwwwwwwwwwww)
雛「急展開なのー・・・ドキドキ」
J「雛苺・・・」
雛「ふええええぇぇぇぇ!!??」
翠&蒼&紅&金「「「「!!!!????」」」」
薔(あるあr・・・ねーよwwww)
J「・・・ごめん」
翠「なんじゃそりゃです!!」
J「お前の大事なものを一つ貰う」
雛「うにゅーなの?――ジュンだったら一つぐらい分けてあげるの」
J「違うんだ雛苺。僕が好きなのは・・・柏葉巴」
雛「!?」
J「みんな――ごめん!」
そう言ってJUMはテントを飛び出した。


校内へと走るJUM。渡り廊下を走り、自分たちの教室の前まで一気に駆け上がった。
ドンッ!
?「きゃっ!」
J「あ、ご、ごめん。急いでて」
?「桜田・・・君?」
J「柏葉さん・・・」
巴「どうしたの?そんなに急いで・・・」
J「い、いや・・・そ、そうだ。ちょっと時間あるかな?」
巴「う、うん。いいけど」
JUMは巴を連れて屋上へと上がっていった。


銀「はぁ・・・なんであんなこと気にしたのかしら」
水銀燈は一人屋上で黄昏ていた。
感情的になりすぎたと自分でも反省している。でも、しょうがない事だと思う。
大好きな男の子と文化祭デートだなんて、少女漫画でもなければありえない展開だ。
他の姉妹達が妨害してくる事だって予想できていた。
銀「ジュン・・・」
好きな人の名前を呟いてみる。それだけで胸が締め付けられるような感覚になる。
ああ、自分はこんなにもあの一見頼りない少年の事が好きなのだ。
銀「ジュン・・・好きよ」
J「気をつけて」
?「う、うん」
銀「!!!???」
水銀燈はとっさに給水塔の裏側に隠れる。
銀(あれは・・・ジュンと、巴!?)
JUMは巴の手を引いて水銀燈が居るのと反対側のフェンスに歩み寄った。
遠目からでも分かる位にJUMと巴の顔は赤く火照っている。
水銀燈の胸に嫌な予感が募る。


巴「こんな所に呼び出して・・・何の話?」
J「うん、実は柏葉さんに話したい事があって・・・」
巴「うん・・・」
J「実は俺・・・柏葉さんの事が・・・」
銀「だめぇーーーー!!」
水銀燈はたまらず給水塔の陰から飛び出していた。
気付けばJUMを背にJUMと巴の間に割り込んでいた。


銀「ジュンはわたしのものなのぉ・・・悪いわね、巴」
J「水銀燈・・・」
巴「・・・どういう事?」
J「水銀燈!」
銀「ジュンは黙ってて!」
水銀燈の剣幕に怯むJUM。
銀「ジュンはわたしのものなの。悪いけど巴・・・あなたには渡さないわぁ」
巴「・・・わたしは、わたしは桜田君の事」
銀「何とも思って無いって言うの?それなら今すぐここから去って頂戴」
巴「・・・・・・」
巴は足を昇降口に向け歩き出す。
J「柏葉さん!」
追いかけようとしたJUMの腰に水銀燈はしがみついた。
その間にも巴はドアを潜り、階下へと下りていく。
非情にも聞こえる金属性ドアの閉じる音が屋上に響いた。


J「離せよ!」
銀「いや!絶対離さない!ジュンはわたしと一緒にいればいいの!」
J「勝手なこと――ムグッ!」
振り返ったJUMの唇を水銀燈のそれが塞ぐ。
J「んむっ!んー!――っぷは、な、何を」
銀「わたし、ジュンなら何でもしてあげられるのよぉ?ほら、触って」
JUMの手を胸元に引き寄せる水銀燈。
銀「結構胸にだって自信あるんだからぁ。好きにしていいのよ?」
J「!!」
水銀燈の柔らかで張りのある胸がJUMの手の平をやんわりと押し返す。
JUMはたまらず水銀燈に覆いかぶさりたい衝動に駆られた。
銀「いいのよ・・・この胸も、体もぜぇーんぶジュンのものなのだから」
J「ぼ、僕は・・・」
JUMの脳裏に昇降口から立ち去る巴の悲しそうな表情が浮かんだ。
J「――ごめん」
JUMは水銀燈の手を優しく振り解き、水銀燈の肩を押して体を離した。
J「僕、いかなきゃ」
銀「・・・」
JUMがドアを潜って巴を追いかける。
水銀燈はぼんやりとその背を目で追っていた。


銀「うっ、ううっ・・・うぁ、あああっ!ああぁぁぁ!」
水銀燈の嗚咽が広い空に吸い込まれていった。


~了~

|