※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
カラン、コロン――


カウベルの音色は、ドアが開かれた合図。来客を告げる調べ……。
それは、入り口に程近い私のテーブルに、暑く乾いた風を運んできた。


「あ、居た居た。久しぶり~、待った?」

足音が近付いてきたと思った途端の、問いかけ。
私は、声の主が向かいのソファに落ち着くのを待って、答えを返した。

「そうね……30分くらいかな」
「えっ、ウソ? って言うか、来るの早すぎじゃないの?」
「ふふ。そうかも」

悪戯っぽくウインクして笑いかけると、彼女も漸く、気付いたらしい。
私に、からかわれたことに。

「なによ、もう……人が悪いわね」
「ごめんなさい。ちょっと、はしゃぎすぎたみたい」

かわいらしく唇を突きだす彼女の仕種は、高校の頃のまま――
見た目は、すっかりOLしちゃってるのにね。


「いらっしゃいませ。ご注文は、お決まりですか?」

機を見計ったように、高校生らしいウエイトレスが、お冷やを運んできた。
ショートカットのヘアスタイルが醸す活発そうなイメージどおりに、
きびきびと訊ねてくる。緋翠の瞳がきれいな、可愛い女の子だった。

「えっと……貴女も、私と同じでいい? うん。じゃあ、アイスコーヒーふたつ」
「アイスコーヒーふたつで。はい、承りました」

遠ざかるウエイトレスの背中を見送りながら、彼女は溜息を吐いた。

「溌剌としてるわね。私たちにも、あんな時期があったっけ」
「やだ……なに老けたこと言ってるの。貴女だって、まだ若いじゃない」
「10代と20代の輝きは、似て非なるモノよ。
 永遠に取り戻せないと解ってるものに限って、欲しくなるものよね」
「もう! 久しぶりの再会なんだから、湿っぽくしないでよ」

彼女とは小学校からの親友だ。それからずっと、高校も大学も一緒だった。
この子が就職して、都会に独り住まいを始めるまでは。
ちょくちょく連絡は取り合っていたけれど、こうして会うのは、2年と4ヶ月ぶりだ。

  『今年は帰省できそうだから、会いましょうよ』

メールで誘ってきたのは、彼女の方だった。
だから、私も旧友との再会を、楽しみにしてきたのに――


――ごめんね、ホント。
そう呟いた彼女の表情は、どこか寂しげで、疲れているように見えた。

「もう良いわよ。それより、元気ないみたいね。もしかして、夏バテ?」
「ううん。そんなコトないのよ。ちょっと……ね」
「ははぁん、分かった。恋の悩みでしょ?」

言うと、彼女は目をまん丸くした。どうして分かったの? 瞳が、そう語っている。

見くびらないで欲しいわね。私だって、伊達に何年も、貴女の友人やってない。
どんな時に、どんな仕種をするのか、ちゃーんと把握しちゃってるんだから。

「あっちで、いい人が見つかったの?」
「え……まあ……」
「なぁに? 煮え切らないのね。乗り気じゃないわけ?」
「うーん。いい人……には違いないんだけど」

――だけど。なに? こんな風に、歯切れの悪い話し方する子じゃなかったのに。
私はテーブルに肘をついて、ぐいと身を乗り出した。
だが、そこにタイミング良く(私的には悪く?)、先程のウエイトレスが、
トレイに二つのコーヒーカップを載せ、運んできた。


「おま、お待たせ……いたすましゅた」

私たちの間に、ただならぬ気配を察して焦ったのかな。いま、思いっ切り噛んでた。
そそくさとコーヒーカップを並べる時も、私たちにジロジロ見られまくって、
トマトみたいに顔を真っ赤にしちゃってた。

「ご、ごゆっくり!」

娘は逃げるように立ち去ったが、赤面したまま、いそいそと戻ってきて、
そぉーっと、テーブルの端に伝票を置いていった。

私と彼女は顔を見合わせ、どちらからともなく、くすくすと笑い出した。

「可愛い子ね。イヂメてみたくなっちゃう」
「よしなさいよ。それよりも、さっきの話の続きを聞かせて」

カップにガムシロップを注ぎながら切り出すと、彼女はまたぞろ眉を曇らせた。
そして、コーヒーをひと口、ブラックのまま飲むと、
なにやら思い詰めた面持ちで、じぃ……っと私を見つめてきた。

「これは、友だちから聞いたんだけど――」

また、『だけど』だ。断定しない、様子見のための結語。
人づきあいに溢れた都会で暮らすうち、口癖になってしまったのかしら。
黙ったまま、真っ直ぐに瞳を合わせていると、彼女は観念したように肩を竦めた。

「分かった。言うわ……言うわよ」
「なにを?」
「ねえ。あなた――彼と結婚するって、ホント?」

私は、コーヒーをかき回す手を止めて、スプーンをソーサーに置いた。
こういう噂話が広まるのは、本当に早い。当事者ですら驚かされるくらいに。
彼女が急に会おうと言ってきたのは、これを確かめるためだったのね。

「……本当よ」

そう答えて、口に含んだコーヒーは、すごく甘かった。
ちょっとガムシロップ入れすぎたみたい。
続けてグラスの水を飲む私を眺めて、彼女は頬を弛めた。

「そかそか。婚約指輪を填めてないから、もしかしたらって思ってたけど……
 とっても残念だわ。彼は、あなたに取られちゃったのね」
「え? それって――」
「ふふ……驚いた? 実はね、わたしも彼のこと好きだったのよ」

それは、なんとなく察しがついていた。だって、女の子同士だもの。
何事につけても引っ込み思案な私に比べて、彼女はずっと積極的だった。
高校生の頃は、私たち、随分と彼をめぐって水面下で鎬を削っていたっけ。
ただ、彼の方が鈍感すぎて、二人とも巧くいかなかったのよね。

「あなたに負けたのは悔しいけど……でも、なんかスッキリした。
 やっぱり、会いに来て良かったわ」
「そう?」
「うん。お陰で、踏ん切りもついたし」
「いい人……とのこと?」

訊くや否や、彼女は頬を染めて、はにかんだ。要するに、満更じゃなかったのね。
さっきの煮え切らない態度は、なんだったのやら。

「彼、職場の先輩なの。歳は、わたしより3つ上でね。
 白崎さんって言うんだけど……気配りがよくて、頼もしくて――」
「ああ、はいはい。つまり、好きってことなのね。
 彼――桜田くんと、天秤にかけたら釣り合ってしまうくらいに」

私は甘ったるいコーヒーを一息に飲み干して、立て続けに水を飲んだ。
面白くないから、ではなく、彼女に送るエールのつもりで。
彼女の瞳には、どう映ったか分からないけれど……
にこにこしてるから、私の気持ちは伝わったわよね、きっと。

「決ーめた。わたし、彼のプロポーズ受けるわ」
「されてたの?」
「そうなの。お返事は、休み明けまで待ってって頼んだんだけど。
 今夜にでも、白崎さんに電話してみるわ」
「善は急げ……ね。気が早いかも知れないけど…………おめでとう、由奈」

私の祝福に、彼女も「あなたもね、巴」と、エールを返してくれた。
こんなにも多くの人で溢れ返った地球の上で、
こんな風に、お互いの幸せを、素直に喜び合える友だちに巡り会えた。
それって、すごい偶然じゃない? とても貴重な、かけがえのない宝物だと思う。


私は、コーヒーカップに唇を寄せる由奈に、知ってる? と問いかけた。

「十二才の頃みたいな友人は、もう二度とできない――って、映画の台詞」
「えっと……スタンド・バイ・ミー、だったかしら?」
「正解。よく知ってたわね」
「まぐれ当たりよ。それより、巴。ちょっと訊いてもいい」
「え、なぁに?」
「あなた…………どんな手を使って、あの鈍感な桜田くんを捕まえたの?」
「――えぇっと」

それを訊かれると、正直、答えにくい。
合意の上とは言っても、決して、褒められたものじゃあないもの。
でも、答えない限り、由奈は諦めてくれそうにないし――

仕方がない。私は、右手で、そっとお腹を撫でた。

「実は、さ……3……ヶ月、なの」
「はぁっ?!」
「ちょ……声が大きいわよ、由奈っ」
「だって、その――――はぁ……やるわね、巴。
 おとなしい子ほど大胆だったりするけど……そかそか。できちゃった婚とはねぇ」

由奈は『降参』と言わんばかりに両の掌を見せて、かぶりを振った。




それから、小一時間ほど昔話に花を咲かせた。
でも、私たちが築き上げてきた友情を語るには、その程度の時間じゃ足りない。

「ねえ、由奈。もし迷惑じゃなかったら、今夜、うちに泊まりに来ない?」
「わたしは迷惑じゃないけど……巴の方こそ、平気なの?」
「平気よ。まだ、そんなに身重じゃないし」
「――そうね。じゃあ、今晩、お世話になっちゃおうかな」
「そうしなさいよ。子供の頃は、よくお泊まり会したよね」
「うんうん。懐かしいね」


なんだか、子供時代に戻ったみたいで、ワクワクしてくる。
そうと決まれば、早速、場所を変えてしまおう。自宅の方が、なにかと気兼ねないし。
会計は、由奈が払うと言って譲らないので、素直に奢られておいた。




カラン、コロン――


カウベルの音色は、ドアが開かれた合図。再会を告げる調べ……。


私たち二人には、それが、気の早いウェディング・ベルのように聞こえていた。




 ~Fin~
 

|