※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
――どこからか、途切れ途切れにグランドピアノを弾く音が、流れてくる。
初めて耳にする旋律なのに、なんだか……ずっと以前に聞いたことがあるような。
そのくせ、記憶を辿ろうとすると、ちぐはぐなメロディしか浮かんでこない。

「うーん……なにか引っかかるんですけどぉ……思い出せませんわねぇ」

そう口にする雪華綺晶は、しかし、大して考え悩んだ様子でもなかった。
漏れ聞こえるピアノに合わせ、ふんふんとハミングしながら、腰を揺らしている。
彼女は今、コリンヌの部屋を掃除している最中だった。

窓辺に据え置かれた広い机の上を、おろしたての布巾で丁寧に拭いてゆく。
ひととおり拭いた後で、布巾を裏返してみても、塵芥は殆ど付いていなかった。
埃が積もる間もないほど、頻繁に使われているのだろう。

「本当に勤勉な方ですのね、マスターは」

雪華綺晶は感嘆の息を吐きながら、机の隣に鎮座している書架に顔を向けた。
そこには多くの本が並び、どれも背表紙が薄汚れている。
中でも、目立って痛んでいる本が一冊、雪華綺晶の眼に付いた。

「これは……『レ・ミゼラブル』。ヴィクトル・ユーゴーの小説ですわね」

痛みが激しいのは、裏を返せば、それだけ手に取られている――ということ。
興味を惹かれた雪華綺晶は、腕を伸ばして、その本に指をかけた。
そして、何の気なしに広げた途端、ソレを見つけてしまった。



  第五話 『Dear My Friend』



あっ! ソレが現れるや、雪華綺晶は、可愛らしい声を出していた。
パカッと割れるように開いた本の間に、封筒が挟み込まれていたのだ。
物語はちょうど、19年の徒刑生活で憎悪の塊と化したジャン・ヴァルジャンが、
ミリエル司教の慈悲により、正直な人間として生まれ変わる道を示される場面だった。

「これは……マスターに宛てた手紙ですわね」

手にして、矯めつ眇めつしてみる。封は切られていた。
つまり、コリンヌが、この手紙を読んだことを意味している。
でも、誰が、どこから?
封筒に差出人の記載はなく、消印は、雪華綺晶にとって見慣れない文字だった。

「海外郵便――栞代わりに挟んで、忘れてしまったのでしょうね」

こんな扱われ方をするくらいだから、あまり重要ではないのだろう。
――とは思うものの、海外からの郵便物という点が、雪華綺晶の興味をくすぐる。

「今なら誰も居ませんし……ちょっとだけ、読んでみちゃったりして♪」

イケナイこととは解っていても、秘密を暴きたくなるのは、人間の性。
響きのいい言葉に置き換えるなら、知的探求心の充足という行為である。
雪華綺晶は机に本を置くと、震える指で、封筒から便箋を抜き取った。
そして、呼吸を整え、さあ読もうかと意気込んだ矢先――

「きっらきーっ! お掃除、もう終わったなのーっ?」

ノックも無しに、雛苺がドアをバァン! と開けて飛び込んできたから寿命が縮む。
雪華綺晶は「ひぁっ?!」と息を呑んで、ビクーン! と飛び上がった。
しかも、指先に巻いた包帯で紙が滑り、便箋を取り落としたから、さあ大変。


かさりと床に舞い落ちた紙片に、雛苺の碧眼が吸い寄せられた。
彼女は、じぃっと便箋を見つめ……続いて、雪華綺晶の顔を、じぃっと覗き込んできた。

「――いけないのよ。コリンヌお嬢様のお手紙を、盗み読むなんて」
「えと……あの……こ、これは……そのぉ~」
「きらきーは悪い子なのね。お嬢様に言いつけちゃうのっ」
「ま、待って! マスターには内緒にしてください! お願いですからぁ」
「えー? どうしよっかなぁ♪」

雛苺はニタリと笑って、雪華綺晶の足元に落ちた便箋を拾った。
雪華綺晶はと言えば、肩を竦め、捨てられた子犬みたいに、ぶるぶる震えている。
そんな彼女の前で、雛苺は便箋を広げて、瞳を走らせた。

「元気かい、コリンヌ……って、書いてあるのよ」
「――え?」
「へへ……。ヒナも、お手紙を勝手に読んじゃった。だから、ヒナも同罪なのよ。
 このこと、二人だけのヒミツよ? お嬢様には、内緒にしておいてあげるの」
「あ……」
「いい、きらきー? もう二度と、こんなコトしちゃ、めっめっーなのよ」
「雛苺さん…………あ……ありがとうございますっ!」

雪華綺晶は、感激した勢いそのままに、雛苺をひしと抱き締めた。
よしよし、いい子いい子。
雛苺は、子供っぽい外見に似合わず、大人びた余裕で雪華綺晶の髪を撫でる。

「さあ。お掃除を終わらせたら、コリンヌお嬢様とお茶しに行くのー」
「……はぁい」

涙の滲んだ目元に、雪華綺晶は思わず、机を拭いた布巾を押し当てていた。


  ~  ~  ~


――その夜、寝床の中で、雪華綺晶は夢を見た。
なんだか、全体的に色褪せた、古い映画のような夢だ。
とりとめなく彷徨わせていた彼女の隻眼が、背を向けて佇む人影を捉えた。
男性だろう。肩の幅が広い。短く刈り揃えた褐色の頭髪が、清潔そうだ。

あら? あなたは……。雪華綺晶の胸に、そこはかとない懐かしさが甦ってきた。
この人とは、以前にも会っている気がする。
名前が、すんなりと出てこないけれど……確かに、見憶えのある背中だった。

まるで、彼女のココロの声が聞こえたように、人影が振り返る。
とても優しそうな面持ちの男性で、雪華綺晶の姿を認めると、にこり……
並びの良い真っ白な歯を見せて、微笑みかけてきた。

なんて、心が暖かくなる微笑。
雪華綺晶は、奇妙な胸の昂りを抑えきれなくなって、走り出していた。
ああ……ずっと会いたかった…………あなたに。
触れ合いたい。あなたの温もりが欲しい。あなたの胸に、この身を預けたい。
ただ、その一心で雪華綺晶は走り続け、腕を伸ばした。


――だが。
突如として、足元から飛び出してきたナニかが、彼女の腕に絡みつく。
避ける暇もあればこそ。たちまち、腕のみならず、脚を、身体を、束縛されていた。
なにか尖ったものが、雪華綺晶の柔肌に幾つも突き刺さり、耐え難い激痛をもたらす。

「痛ぁっ!」

堪えきれず絶叫して、左眼を見開いた雪華綺晶が、潤んだ瞳に映したモノ――
それは、長く鋭い棘を無数に突きだした、太くどす黒い荊の蔓だった。
 
 


 
 
  第五話 終


 【3行予告?!】

百万の薔薇のベッドに埋もれ見る夢よりも芳しく、私は生きてるの――
きっと、忘れたままの方が……今のままでいる方が、幸せだったのでしょう。
でも、わたしは思い出してしまったのです。この胸を疼かせる、仄かな想いを。

次回、第六話 『Shapes Of Love』
 
|