※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「MY FAIR FRAGMENT」 <エピローグ>


屋上の扉が開かれる。
紅「…二人とも。一体何をしているの。」
雛「密着してるの~!ラブラブなの~!」
蒼「ちょ…これは、ほんとに寒くて…」(ガクガク
翠「マジで風邪ひくかと思ったです…」(ガクガク
金「ごめんなさいかしら!梅岡がいらない事を言ってHRが長引いたかしら…」
蒼「でも…せめて、日が暮れる前には迎えに来て欲しかったよ…っくしゅん!」
翠「チビチビ苺…金糸雀ぁ…後で覚えておくですよぉ!…へーっくしゅん!!」
金「私のせいじゃないかしらー!!」(ガーン

人もまばらになった教室で。
べ「…お?俺は一体こんなとこで何を…」
笹塚「気が付いた?もうHR終わってるし、帰ろうよ」
べ「あ、ああ…俺は確かにあの時天使を見たはずなんだが…その後どうなったんだ?」
笹塚「…思い出さないほうがいい事もきっとあるよ…」

日も暮れた後の校門で。
銀「薔薇水晶。あなた…」
薔「…なに?」
銀「ううん、なんでもないわ。帰りましょう」
薔「…うん。」

数刻後。
紅「こんばんは。今日のノートとプリントを持ってきたのだわ」
のり「あ、真紅ちゃんいらっしゃ~い。JUM君なら、今2階で寝てるはずだから…」
紅「お構いなく。2階へ上がらせてもらうわ」
のり「ええ。でも、折角だから紅茶とクッキー持って行くわ。まっててね~」

JUM「けほっ…よう真紅。」
紅「起きていたのね。風邪を引くなんて無様だわ。早く治して学校にいらっしゃい。」
JUM「わかってるよ…なんか嬉しそうだけど。今日なんか学校であったのか?」
紅「少しね。でも、おおむねいつもと同じだったわ」
JUM「そうか…」

―終劇―


第9話に戻る<<  >>トップページへ

|