※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

ばらしーの懐かしき思い出
薔「お姉ちゃん、おみやげ一緒にみない?」
雪「ごめんなさい、ばらしーちゃん、私少し用事があるので…」
薔「そっか…。じゃあ、銀ちゃんたちと見て回るよ」
雪「そうしてくださいな」

銀「試食が多くていいわねぇ」
紅「次はあの店なんてどう?…あら?あれはきらきーかしら…」
薔「あ、本当だ。用事があるっていってたけど…カナリア達もいるね…」
銀「いってみましょう」
紅「そうするのだわ。あそこにはご当地限定くんくんストラップも売ってるようだし」



雪「もぐもぐ…この八橋おいしいですわ…」
金「このおせんべも最高かしら!」
雛「苺餡の八橋なのー!!」
翠「焼いたのもいけるですぅ…こっちの羊羹もうまそうですね…パクパク」
蒼「みんな、もうやめたほうがいいよ。ほら、店員さんがものすごい目で見てるよ…」
翠「まぁまぁそういわずにこの羊羹を食ってみるです」
蒼「あ…おいしい…。あれ、もうなくなっちゃったね。すいませーん、試食がなくなったんで追加してもらえますかー?」
店「………はい、ただいま入れますんで、少し待ってくださいねぇ!」
雪「さすが蒼星石ですわ!こっちも追加お願いしますわ!」
蒼「じゃあその間はこっちを…」
翠「やるですね、蒼星石…」
雛「いい事思いついたのー!これをつめてお土産にするの!」
金「さすが雛苺かしらー!さっそくタッパーに詰め込むかしら!」
蒼「ダメだよ、二人とも。もっときちんとしなきゃ。
  あのー、試食なんですが、切り分けないでだしてもらえますか?
  あと、包装用の紙でいいんでもらえませんか?」
翠「さすが蒼星石ですぅ!これでおじじたちのお土産は出来ましたね」

紅・薔「………」
銀「私もやってくるわねぇ」
紅・薔「!!」 


バスにて
薔「用事って結局なんだったの?」
雪「おみやげ屋の試食をすべて間食することですわ!」
薔「…やったの?」
雪「もちろん!お土産用にいくらか詰め込んできたんでばらしーちゃんにも差し上げますわ。
  それにしても、何でどの店もこんな真昼間から店を閉めたんでしょう?」
蒼「そんなの決まってるじゃないか。僕達が店から出るとき、どの店ももう売るものが残ってなかったじゃないか。」
雪「ああ、なるほど!」
蒼・雪「ふふふふふふ」

銀「さすがに引くわぁ」



ばらしーの懐かしき思い出
丑の日です
薔「今日は年に一度の乱交パーティー…いえーい…」
蒼「違うっ!…カナリアはやっぱり…?」
翠「たぶん…」
薔「なになに?」
蒼「たぶん今もそうだと思うんだけど、何年か前、こんなことがあったんだ…」

蒼「もう丑の日だね。」
翠「そうですね。あれ、“うし”ってどんな字でしたっけ?」
金「そりゃもちろん牛にきまってるかしら!」
蒼「…カナリア、今日はどういう日か知ってる?」
金「一年で一度牛肉が食べれる日かしら!もう楽しみでしょうがないかしら!!」
翠「そうですか…でも、今日はうなぎを食べる日ですよ?」
金「え?うなぎは毎日食べてるかしら。そこらへんの田んぼに居るどじょうの別名がうなぎかしら!」
蒼「ええ?うなぎとどじょうは…」
金「いっしょかしら。毎朝早くからみっちゃんと朝ごはんとお弁当の材料集めに奮闘してるのかしら。」
翠「じゃあ、あのお弁当の白魚は…」
金「?もちろんどじょうかしら。というより、野菜と卵焼き以外すべてどじょう料理かしら!」 
み「はぁはぁ、カナー!!」
金「あ、みっちゃんかしら!」
み「牛肉買ってきたわよー!」
金「す、すごいかしら!早く帰って食べるかしら!」
み「今日はやっきにっくルンルンルン♪」

翠「み、みっちゃん…スキップしてるですぅ…」
蒼「翠星石、見ちゃダメだよ。みちゃ、ダメなんだよ…」
翠「そう…ですね…」

蒼「………」
翠「………」
薔「………うなぎ、たべよ?」
「「…うん」」



ばらしーの懐かしき思い出
薔「そういえば、ジュンは引きこもりだったことがあったよね?」
ジ「ああ…。今は違うけどな。」
薔「どうやってひきこもりから脱出したの?」
ジ「それはな…」

~何年か前
ジ「うるさい!学校なんか行かない!今はネットさえあったら生活していけるんだ!」
の「そんなわけないじゃないのぅ!」
ジ「そんなわけある!生活資金はアフィリエイト、株、ネットオークション!
  食べ物は通販!スーパーの宅配サービス!出前!
  娯楽はいくらでもある!支払いは電子マネー!
  どうだ!」
の「…そうねぇ。確かに生活できるわねぇ。」
ジ「だろ!?」
銀「ちょっと、説得されてどうするのよ!」
蒼「…ジュン君。ゴミはどうするんだい?
  君、お菓子の袋とか部屋に放置してるし、片づけしてないよね?」
ジ「し、してないけど…」
蒼「虫が湧くよ?」
ジ「へ、平気だよ」

何日かして…
ジ「うーん、腹具合が悪いなぁ。あれ、ベッドに蟻が…
  もしかして!」
バッ!
ウジャウジャ…
ジ「ぎゃー!ひょ、ひょっとして腹が悪いのは寝てる間に蟻を食っちまったせいか!?
  は、早くマンガとエロ本を拾って脱出だ!」
ゴソゴソ
ジ「ゲッ!う、うじが湧いてる…」

ジ「こうして、僕は引きこもりを脱出したんだ。
  今こうして思うと、時々ちくちくした痛みで目を覚ましたのは、蟻にかまれていたのかもしれない…」
薔「……エロ本に蛆が湧いてたのって…」
ジ「も、もちろんお菓子の食べかすが挟まってたのさ!アイスの棒とかも放置してたしねー。
  さ、宿題をやろう!ね?薔薇水晶ッ!」

薔「怪しい…」


俺のベッドに蟻が湧いた。半分実話。

|