※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
ひどい。雪華綺晶の指先を覆う包帯に、血の染みを見て、コリンヌは眉を顰めた。
十指とも――特に、力の掛かる中指や薬指は、両手とも爪が剥がれていたのだ。
コリンヌは訊ねた。どうして、こんな状態になったのか。
なぜ、あんな真夜中に、薄着で山中を彷徨っていたのか。
けれど、雪華綺晶は端麗な表情を歪めて、ただただ頭を横に振るだけ。

解らない。思い出せない。
そう答える雪華綺晶は、ひどく苦しそうに唇を歪めて、今にも泣きそうだった。
これでは、難癖をつけて苛めているみたい。
不憫に思うあまり、胸に痛みを覚えて、コリンヌは溜息まじりに微笑を作った。

「まあ、いいわ。お父様のお許しも頂いたし、当面は、ゆっくり養生してね」
「……はい。ありがとうございます、コリンヌ」
「気にしないで。実を言うと、わたしも雛苺も、新しいお友だちができて嬉しいの。
 なんなら、ずっと居てくれてもいいのよ」
「お友だち……? ……出逢ったばかりの、私が?」

きょとんとした面持ちで、雪華綺晶は琥珀色の瞳を、ぱちくりさせた。
よもや、そんな風に想われているとは、夢にも思っていなかったのだろう。
富豪の箱入り娘が、酔狂で、ケガした小汚い野良ネコを保護しただけ……
傷が癒えれば追い出される運命だと、覚悟すらしていた。
それなのに、まさか――

呆気にとられている雪華綺晶に、コリンヌはもう一度、揺るぎなく伝えた。
「貴女は、悪い子なんかじゃないわ。だから、わたしたちはお友だちよ」
 
 
 
  第三話 『For the moment』
 
 
 
雪華綺晶は、朝日に映える白い頬を弛めて、控えめな笑みを浮かべた。
初めこそ濃かった戸惑いの色も、すぐに、嬉しさ百パーセントの笑顔に変わった。

「ありがとう。私、なんて言ったら――」

極まった感情は、はらはらと雪華綺晶の頬に煌めく軌跡を残し、零れ落ちていく。
コリンヌはハンカチーフを手にして、濡れた白い頬を、そっと拭いてあげた。

「おなか、空いてるんじゃない?」

訊ねた途端、タイミング良く、雪華綺晶のおなかが、くるるる……と鳴いた。
「まあ!」と、コリンヌは口元に手を遣って、鈴ように澄んだ笑いを振りまく。
雪華綺晶は両手で朱に染まる頬を挟み、「やぁん」と顔を背け、恥じらった。

そんな彼女の仕種が愛おしくて、コリンヌは雪華綺晶の髪に、指を滑らせた。
汗や脂で汚れているらしく、がさがさと引っかかってくる感触。
コリンヌは髪を撫でる手を止めずに、雪華綺晶の頭に、鼻先を擦りつけてみた。
やっぱり、少し臭う。お風呂に入れて、きれいに洗ってあげた方が良いだろう。
ケガの治療のためにも、清潔にしておくべきだ。

他人に触れられることが気持ち良いのか、雪華綺晶はウットリと瞼を閉じて、
されるがままになっている。瑞々しい唇には、妖艶な笑みすら浮かんでいた。

(こうしていると……本当に、お人形さんみたいね。可愛いわ、とても――)

昨夜の奇妙な昂りが、また甦ってくる。思う存分、弄くり回したい衝動に駆られる。
しかし、コリンヌは下卑た欲情を強引にねじ伏せて、雪華綺晶の髪から指を離した。

「さあ、雛苺に食事を運んでもらって、三人で朝食にしましょう」

  ~  ~  ~

指に包帯を巻いているせいで、雪華綺晶はスプーンやフォークを、よく落とした。
そのため、コリンヌと雛苺は、かわりばんこで彼女に食べさせてあげた。

「はい、きらきー。あーんしてなのー♪」

雛苺はもう、雪華綺晶のことを『きらきー』だなんて、親しげに呼んでいる。
陽気で人なつっこいところは長所と言えようが、少々、馴れ馴れしすぎはしないか。
どういうカタチであれ、雪華綺晶は赤の他人。いわゆる、お客様なのだ。
――が、それは建前。いけないと分かっていても、コリンヌの本音は違っていた。

「このビシソワース(ジャガイモの冷製ポタージュ)ね、ヒナが作ったのよ。
 ねえねえ、どお? おいしい~?」
「はい。とってもサッパリしていて、まさに滋味ですわ♪」

すっかり打ち解けて、仲睦まじく食事をする二人は、旧知の親友同士みたいだ。
コリンヌは不思議な安らぎを覚えて、柔らかい笑みを浮かべた。
そして、密かな望みを強くした。もっと、雪華綺晶と親しくなりたい……と。

  ~  ~  ~

朝食を済ませてから、コリンヌは雪華綺晶と一緒に、湯浴みをした。
昨夜からの忙しなさで、ずっと入浴していなかったし、
手の不自由な雪華綺晶を洗ってあげるつもりだったから、一石二鳥というものだ。

雛苺も一緒に入るとゴネたが、コリンヌに「お仕事があるでしょ」と諫められ、
「ぶー」と、むくれながら渋々、屋敷の掃除に向かった。
公私の区別を有耶無耶にしがちなところは、雛苺の褒められないところだ。
 
 
 
磨りガラスを抜けた陽光が、広い浴室の隅々まで、明るく照らしている。
コリンヌは、泡立つバスタブに雪華綺晶を浸らせて、首から肩へと洗っていった。
あまり、誰かに身体を流してもらった経験が無いのだろう。
雪華綺晶は、時折くすくす笑って、くすぐったそうに身悶えた。

「ダメよ、じっとしてて。洗いにくいでしょう」
「でもぉ……なにかムズムズして、変な感じが……」
「我慢して。大人しくしてらっしゃい」
「……はぁい」

背中が敏感らしく、雪華綺晶は洗ってもらっている間、弓なりに撓ったまま、
熱っぽく吐息しながら、ふるふると震えていた。

身体に続いて、緩く波打つ長い髪をシャンプーしていく。
これは想像以上の重労働だったが、汚れが溶け込んだ泡をシャワーで流すと、
そんな苦労もいっぺんに消し飛ぶほどの無垢が、コリンヌの前に顕れた。

「まあ、なんてステキなのかしら。見違えるほど綺麗になったわ。本当よ。
 乾かせば、きっと、ふわふわの髪になるわね」
「ありがとう。何から何まで、良くして頂いて……なんて感謝したらいいのか」
「さっきも言ったでしょう。気にしなくてもいいのよ、本当に」

そう言われたって、こうも至れり尽くせりでは恐縮してしまう。
まして、居候の分際である雪華綺晶には、息苦しいことこの上なかった。
コリンヌのために、何かしてあげたい。彼女が与えてくれた恩に、酬いたい。
雪華綺晶は、シャワーを浴びているコリンヌの背中に、話しかけた。


「お願いです、コリンヌ。私に、身の回りのお世話をさせてください。
 お給金なんて要りませんから……私を、あなたの侍女に召し抱えてください」
 
 


 
 
  第三話 終
 
 
 【3行予告?!】

この世でたった一度、巡り会える明日。それを信じて――
きらきーがねっ、ヒナと一緒に働いてくれることになったの。嬉しいなっ♪
でも、なんだかヒナの居場所を盗られちゃう気がして……ちょっと複雑なのよ。

次回、第四話 『NECESSARY』
 
|