※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
夜霧に染まり尽くした山道を抜けるまで、延々と続けられる徐行運転。
そのため、コリンヌが屋敷に帰り着いたのは、すっかり夜も更けた頃だった。

キィ――
深夜の静穏にあって、車の甲高いブレーキノイズは、やたらと大きく響く。
それを聞きつけたのだろう。屋敷のドアが開いて、小柄な侍女が幼顔を覗かせる。
侍女は、車を目にするや瞳を輝かせ、スカートを翻しながら車窓に縋りついた。

「コリンヌお嬢様ー、おかえりなさいませなのっ。
 あんまり帰りが遅いから、旦那様もヒナも、いーっぱい心配してたのよ?」
「ごめんなさい、雛苺。山で霧に巻かれて、立ち往生していたの」
「それはお疲れさ……まな……の」

明るい声を振りまいていた侍女は、しかし、車内を見るや、俄に眉を曇らせた。
彼女の碧眼が向けられた先には、見ず知らずの娘の、苦しげな寝顔。

「お嬢様…………その子……誰なの?」
「山道を彷徨っていたから、保護したのよ。ケガの手当をしてあげないと。
 手を貸してちょうだい、雛苺。お部屋に運ぶわ」
「は、はいなのーっ」

運転手には車の片付けを任せて、コリンヌと雛苺は、左右から娘を支えて歩き始めた。
そして、シーツが汚れるのも構わず、来客用のベッドに娘を寝かし付けた。
手当をするにも、まずは身体の汗や泥を拭かなければ。
雛苺に湯を沸かすよう言いつけて、コリンヌは、娘の数少ない着衣を脱がせ始めた。
 
 
 
  第二話 『Graceful World』
 
 
 
なんて、透きとおるような肌なのかしら。
シュミーズに隠されていた娘の柔らかな白皙に、コリンヌは目を奪われ、
熱っぽく吐息した。一見、コリンヌと大差ない歳のようだが、娘の胸はふくよかで、
キュッと括れた腰からも、女としての妖しい色香が漂いだしている。

細い首筋、浮き出した鎖骨、幾筋もの薄影を刻む脇腹、落ちくぼんだ臍……
そして、脚のつけ根にある、秘めやかな茂み。
一糸まとわぬ娘の、ありとあらゆる魅力が、見る者を惹き付けて止まない。
コリンヌも、女の子同士であるにも拘わらず、恋に似た胸の昂りを覚えていた。

「本当に、不思議な子……実は、森の妖精さんじゃあないのかしら」

コリンヌは、眠り続けている娘の左隣りに、ふわりと身を横たえた。
しなやかに指をくねらせ、娘の白い髪をサクサク掻き分けて、耳を探り当てる。
そして、ぷるんとした耳たぶを指で玩びながら顔を寄せ、耳元で囁いた。

「ねえ…………貴女は、だぁれ?」

問いかける声が、おののいていた。いつの間にやら、頬が熱を帯びている。
コリンヌは、不意に訪れた興奮を鎮める術を知らず、ただ、くらくらと……
瀬を行く木の葉の如く、押し寄せる熱情の波に翻弄されるがままだった。

美しいモノへの憧憬と畏敬――
もっと近くで見たい。許されるものなら、思う存分、触りつくしてみたい。
そんな、欲望とも渇望ともつかない感情が、コリンヌの胸を掻きむしる。

偶像崇拝と、偶像破壊……
妖しい衝動は、相反するものを乳鉢に入れて擦り潰し、ひとつに混ぜ合わせる。
気づけば、彼女は汗と泥で薄汚れた娘の冷たい頬に、そっと唇を押し当てていた。


はしたない! 浮つくコリンヌを、乙女としての潔癖な理性が、厳しく叱責する。
こんなことしては、いけない。淑女にあるまじき、浅ましい行為だ。
……解っている。だけど……娘の身体をまさぐる腕を、止められなかった。

次第に、荒くなっていく呼吸。コリンヌは眩暈を覚えていた。
じわじわと、彼女の背筋を、得体の知れないナニかが衝き上がってくる。
もう、これ以上はダメ――
理性のタガが軋めいて、自制を促すけれど、欲望の勢いを削ぐことができない。

コリンヌの中で、ナニかが炸裂しそうだった。頭が痺れて、真っ白になる感覚。
その気持ちよさに、もう上品な世界に戻れなくても良いとさえ思った矢先……
ドアがノックされて、雛苺のくぐもった声が、厚い板越しに呼びかけてきた。

「コリンヌお嬢様ー。お湯と、おクスリを用意してきたのー」
「あっ?! え、ええ……ご苦労さま。待ってて、いまドアを開けるわ」

幸か、不幸か。さながら破裂寸前まで膨らんだ風船を針でつついたように、
コリンヌを悩ましく悶えさせていたナニかは、急速に萎んで消え失せた。
跳ねるように身を起こした彼女は、内開きのドアに駆け寄って、雛苺を招き入れた。

「うよ? コリンヌお嬢様……なんだか、お顔が紅いのよ?」
「き、気のせいよ。それより、もうひとつ頼みを聞いて欲しいの。
 わたしのお部屋へ行って、この子の着替えを持ってきてちょうだい」
「う、ういー!」

雛苺は釈然としない面持ちながら、ことこと靴を鳴らして、服を取りに向かった。
コリンヌは、遠ざかる雛苺の背中を暫く見送ってから、徐にドアを閉ざした。
そして、気合い十分に腕まくりして、きりりと表情を引き締めると、
ぬるま湯を張った洗面器に、真っ白なタオルを浸した。
 
 
 
この娘は、いったい何をしていたのだろう? どんな目に遭ったのだろう?
コリンヌと雛苺は、色々と考え得ることを並べながら、傷の手当を続けた。
あとは、この娘の目覚めを待って、詳しい話を聞いてみるしかない。
夜が明ければ、すべてが解る。コリンヌも雛苺も、そう思っていた。

  ~  ~  ~

翌朝、コリンヌは目を覚ますと、身繕いもそこそこに娘の部屋を訪れた。
まだ眠っているかも。コリンヌの不安は、しかし、杞憂に終わる。
かの娘はベッドの上に半身を起こして、ひたと、彼女を見据えていた。

「起きていたのね。具合はどう? あ……わたしの言葉、通じているかしら?」

こくり。娘は、目を凝らさなければ解らないほど微かに、だがハッキリと頷いた。

「それは良かったわ。それじゃあ……まず初めに、貴女の名前を教えて」
「な……ま……え? 私…………えぇと…………私は……誰?」
「まあ! 冗談でしょう? 自分の名前が、分からないだなんて」

だが、嘘を吐いているようには見えない。何らかのショックによる、記憶障害かも。
身元の調査は、もう少し落ち着いてからの方が良いわねと、コリンヌは判断した。

「仕方ないわ。じゃあ仮に……あくまで仮に、よ? 貴女のこと――」
コリンヌは、娘の胸元で輝いているペンダントに目を留めて、切り出した。
「きらきしょう……雪華綺晶って、呼んでも良いかしら」

キラキラと光を放つ雪の結晶を見ていて、咄嗟に閃いた呼び名だ。
彼女は、何度か口の中でその名を呟き……ニッコリと満足そうに微笑んで、言った。


「改めまして……初めまして。私は――――雪華綺晶」
 
 


 
 
  第二話 終
 
 
 【3行予告?!】

名前……それは、燃える命――
彼女は私に、素敵なものをプレゼントして下さいました。
だから、私は……その恩返しを、したいと思ったのです。

次回、第三話 『For the moment』
 

|