※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

 
 
彼女を見かけたのは、夏の暑さも真っ盛り、八月初旬の昼下がりだった。

焼けたアスファルトから、もやもやと立ちのぼる陽炎を抜けて、歩いてくる乙女。
つばの広い麦わら帽子で強い日射しを避けつつ、鮮やかなブロンドを揺らめかせていた。
右肩から吊したハンドバッグの白が、やたらと眩しい。

僕は、彼女を目にしたとき、一瞬だけれど、幻かナニかだと思ってしまった。
――何故って?
そのくらい、彼女は人間ばなれした美貌を、兼ね備えていたからさ。
陳腐だけど、もしかしたら本当に美の女神なんじゃないかと、思えるほどにね。


さて……男だったら誰しも、こんな美人とお近づきになりたいと思うはずだ。
かく言う僕のココロも、その意味では健全な男子として、素直に反応してしまう。
日常会話でもいい。ほんの挨拶だって構わない。
とにかく、なんでもいいから、彼女と言葉を交わす方便を探した。
目を皿にして、およそ今までの記憶にないほど真剣に、ね。

その時だった。彼女の影が不意に揺らいで、後ろへと傾いでいったのは。
危ない! 咄嗟に胸の中で叫んだ僕は、気付けば、もう駆け出していた。
下心はあったさ、確かに。けれど、信じて欲しい。その場は本当に、無心だったんだ。

倒れる寸前で、僕は彼女を抱き留めていた。驚くほど華奢で、軽い身体を。
はた……と麦わら帽子が落ちて、彼女の髪から、甘い薔薇の香りが靡いた。
手に伝わる、汗に濡れた肌の艶めかしい感触と相俟って、僕の頭はショート寸前だった。
 
 
 
  プロローグ 『愛のカケラ』
 
 
 
みっともなくドギマギするも、腕の中で発せられた弱々しい呻きで、我に返った。
こんな状態で、惚けている場合じゃない。どうしたのか、訊いてみないと。

しかし、彼女の顔を間近に見た僕は、情けないけれど言葉を失ってしまった。
見れば見るほど、綺麗な人だ。張りのある白い肌に、クラクラさせられる。
多分……僕が学校で接している女の子たちと、そう大差ない歳だろう。

「だ、大丈夫かい? 足を挫いたのかな?」

気を取り直したものの、彼女にかけた声は、恥ずかしながら上擦っていた。
――どうして、足を挫いたかと思ったかって?
この女の子は、ヒールの高い靴を履いていたからさ。
それが原因で、体勢を崩したのかと思っていたけれど……どうも違うらしい。
彼女の背を支えている僕の腕には、異様に高い体温が伝わってきていた。

「君……もしかして、熱中症なのか?」

露わになった首筋や二の腕には、強い日射しに焼かれた赤い腫れも窺える。
この炎天下を、どれだけ歩いていたんだろう?

「とにかく、涼しい場所で休ませないとなぁ」

幸い、すぐ近くに公園がある。木陰が多いし、噴水もあるから涼は取れるだろう。
夏休みと言うこともあって、子供たちと蝉時雨がうるさかったけれど、仕方ない。

なるべく静かな木陰のベンチを選んで、彼女を仰向けに寝かせた。
ヤブ蚊はいないようだ。僕はスーツの上着を畳んで、枕の代わりに敷いてあげた。
手にしたままだった麦わら帽子を、彼女の胸元にそっと置いて、考える。
差し当たって……次は、何をすべきだろう?


とにかく、体温を下げることだ。それも、可及的速やかに。
辺りを見回すと、都合のいいことにジュースの自販機がある。

「よし! ちょっとガマンしてるんだぞっ。すぐに戻るからね」

返事を期待できる状況じゃなかったけれど、それだけ伝えて、自販機に走った。
何でも良いから、よく冷えた缶ジュースを4本買って、女の子の元へと戻る。
そして、二本を彼女の細い首筋に当てて、もう二本は、彼女の脇の下に挟ませた。
動脈を冷やすことで、早く体温を下げられると、聞いた憶えがあったからだ。

「頑張るんだよ。すぐに、楽になるから」

僕はベンチの傍らに立つと、麦わら帽子を手にして、彼女を扇ぎ続けた。
 
  ~  ~  ~
 
小一時間くらい、そうしていただろうか。扇ぐ腕が、かなり怠い。
この見ず知らずの女の子は、漸くにして、うっすらと瞼を開いてくれた。
そして、呆然とすること数秒。急にハッと表情を固くして、僕を鋭く睨んできた。

「わ、私に……なにをしたの?」
「いや……誤解しないで欲しいんだが、僕は何も――」
「…………」
「本当だよ。いきなり、君が倒れたものだから、日陰に運んで休ませてたんだ。
 誓って、変なイタズラなんかしてないよ」
「……そう……だったの。ごめんなさい、疑ったりして」

素直に謝るところを見ると、倒れた自覚みたいなものが、少しはあるのだろう。
彼女が身体を起こし、ベンチに座り直すのを待って、僕は口を開いた。

「どのくらい日なたに居たのか知らないけど、暑気中たりしたんだと思うよ。
 ちゃんと水分補給してなかったんじゃないのかい?」
「それは…………ええ、まあ」
「ここ数年、日本の夏は、だんだん暑くなってるみたいだからね。
 君は、どこの国から? あ、いや……差し支えなければ、だけど」

僕の問いに、彼女は暫し思案して、徐に「昨日、フランスから」と言った。
フランスなら緯度的に見て、およそ日本の北海道と、同じくらいの気候だろうか。
長旅の疲れと時差ボケが重なれば、この暑さに目を回してしまうのも頷ける。

「あの――私……人を探しに来たんです」
「そうなんだ? この近所に住んでる人なのかい?」
「分からないんです。なにしろ、古い手懸かりしかないものですから」
「古いって……どのくらい? 10年前くらいかな?」

訊ねると、彼女はハンドバッグから、茶色く変色した封筒を抜き出した。
「亡くなった私のお祖母様が、大切に保管していた手紙です。75年昔の――」

75年前とは、また大変な昔だ。逆算すれば1932年のことになる。
太平洋戦争もあったから、この娘のたずね人が今も存命中かは、甚だ疑わしい。
僕は「いいかな?」と断って、彼女の隣りに座り、封筒を受け取った。

「宛名は……【Yuibishi】か。この人を探しているんだね?
 もう少し、詳しく話を聞かせて欲しいな。まあ、ジュースでも飲みながら」

言って、彼女の体温を下げるために使った缶ジュースを差し出す。
すっかり温くなってしまったソレは、よくよく見ればコカコーラだった。
黙って缶を受け取った彼女は、それでは……と、静かに語り始めた。
この手紙にまつわる、あるエピソードを――
 
 


 
 
  プロローグ 終
 
 
 【3行予告?!】

出会いはいつでも、偶然の風の中――
僕と彼女が巡り会ったように、彼女たちもまた、邂逅を果たしたんだ。
ホイップクリームみたいな、真っ白な夜霧の中で。

次回、第一話 『Face the change』
 
|