※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

101

巴「101回目の巴メイデン…」
J「お前何歳だ、柏葉」
巴「数字に因んだの」
J「わかってるけどさ」
巴「実演希望」
J「…もしかして、あれか、僕はしにましぇーん、ってやつか」
巴「その先、その先」
J「さてと、今日も保守するかな」
巴「……まぁ…桜田くんの柄じゃないし、やってくれるなんて期待してなかったけどね…」
J「…悪かったな」
巴「じゃあこっちの101ならどうかな…ハーレムだし…」
J「は、ハーレムって…どんなのだ?」
巴「101匹巴メイデン」
J「怖いよ」



102

巴「七夕だね」
J「そうだな。朝からうちのアホ姉が、鼻歌歌いながら短冊の飾り付けしてたよ」
巴「クス。雛苺も願い事なんにしようか、ってすごく悩んでたわ。桜田くんも、何かお願いしたの?」
J「面倒臭かったけど、姉ちゃんがうるさいからな、適当に連載が早く再開しますようにって飾ったよ」
翠「ジュンにしてはまともですねぇ…ってっきりあんなこんななお願いをしたんだと思ってたですよ」
J「お前な…って翠星石!それに蒼星石に雛苺…いつの間に…」
蒼「七夕だし、たまにはね。真紅たちも後からくるよ。ちなみに、僕はみんなが幸せに暮らせるように、ってお願いしたんだ」
巴「壮大…」
蒼「特に欲しいものもないしね。こういうときには、人の幸福を願うのが一番だよ」
翠「そうですかねぇ。翠星石はもっと身近なことを書いたですよ。
  蒼星石や真紅たちと…じゅ、ジュンとも…ずず、ずっと一緒にいられるようにって…」
蒼「ふふ。そういうお願いもいいね」
雛「ヒナはね、うにゅーをいっぱい、いぃ~っぱい食べられますようにってお願いしたの!」
蒼「雛苺らしいな。そんな素朴で可愛らしいお願いも素敵だね」
雛「うぃ~。トモエはなんてお願いしたなの?」
巴「え、わ、私は…」
J「柏葉は、長編100本投下されますように、とかそんなんじゃないのか?」
巴「え…あ、うん、そんなところ…」
翠「ほほ~、そりゃまた壮大ですねー、叶わぬ夢を追っていつまでも保守するがいいですよ」
蒼「…ちょっと、翠星石…。…ごめんね、いつも君がジュンと一緒にいるものだから、拗ねてるんだよ」
翠「なっ…だだ、誰がですかぁ!そそそそんなんじゃねーです、ジュンも巴も知ったこっちゃねぇですよ!」
J「あーもう…今日はうるさくなりそうだな……柏葉?どうした、なんかしんどそうだぞ」
巴「…え、あ、う、ううん…なんでもないの。あ、ちょっと席外すね…」
J「…?」

巴「……テストでいい点とれますように、ってリアルでつまらないお願いした私っていったい……」



103

巴「いつも保守だけなのも退屈なので、歌を歌います」
J「急にどうしたんだ」
巴「♪わたしーはー、トーモッ、エー、あなたのしもべー」
J「暑さで頭をやられたのか?」
巴「……実は、ちょっと面白いものが手に入ったの」
J「面白いもの…って、く…首輪!?」
巴「そう、薔薇の首輪」
J「こ、こんなもの、いったいどうするつもりなんだよ…!」
巴「繋げるに決まってるでしょう?」
J「なっ…か、柏葉、お前…」
巴「…うん、さすがの桜田くんも驚いてる…やっぱりこういうのが好きなのね(ボソ。
  じゃあ、つけるから…これで私はあなたの下僕…」
J「そ、そんな、お前、柏葉…!」
巴「止めないで…」
J「いやまて、それは僕がつけるためのものじゃなかったのか!?」
巴「え…つけたいの…?」



104

巴「夏ね…」
雛「夏と言えば保守…じゃなくて海なのー!」
J「ああ、そうだな…」
雛「うゅ?ジュン、元気ない?」
J「別に…」
翠「せっかくみんなで海に来たのに、しらけたやつです」
J「海…まぁ、海といえば海…」
紅「ジュン、そんなところでぼーっとしてないで、入りましょう」
J「……入れるかっ!」
翠「もしかして、チビってば泳げないのですか?情けないやつです~」
J「違う!そうじゃなくて、こんな海に入れるかっていってるんだ!」
紅「贅沢ね。あなたが巴を人に見られたくないっていうから、わざわざここまで来たんじゃないの」
J「だからって、なんで無意識の海なんだよ!!」



105

巴「……」
J「柏葉?」
巴「前回、私の出番少なすぎなかった…?」
J「…そういや、冒頭の一言だけだったな…」
巴「…ただでさえ使える行数は少ないんだから…」
J「わかったよ、次からは雛苺を呼ぶくらいにしとく、これでいいだろ」
巴「うん」



巴「…というわけだから、桜田くんと三人でどこかにでかけない?」
雛「うゅ…三人で?どこに?」
巴「わかんないけど…遠くに」
雛「……なんでなの?」
巴「え…なんでって…」
雛「………」
巴「雛苺…?」
雛「…なにもしない?」
巴「え…」
雛「ヒナになにもしないって約束してくれたら、三人でもいいの」
巴「ひ、雛苺…!」



巴「…いつのまに、私の信頼度がこんなに下がってたのかな…」
J「胸に手あててよく考えてみろ(cf:89)」



106

巴「今日も元気に保守…といきたいけれど」
J「あう…ぼ、僕は…フラフラ」
巴「あ…そっちはだめ」
モブ「ねぇ、今度の学園祭のことだけどさー」
J「な……こ、ここは…うぐ…は、はやくここからでよう…!」
雛「ジュンが苦しそうなの…」
巴「ここは……あれ?真っ暗…何も見えないわ…」
雛「こ、怖いのよ…、ジュン、しっかりして…」
J「クソ…なんだ、こんなもん…う…」
雛「ジュン、頑張ってなの…!」
巴「だから、nのフィールドでハイキングなんてやめようって言ったのに…」



107

巴「桜田くん、落ち着いた?」
J「なんとか…」
巴「やっぱりnのフィールドでハイキング、なんて無理があるわ。
  …無意識の海での海水浴で、懲りたと思ってたけど」
J「…だって、柏葉を人に見られるわけにはいかないし…」
巴「…そのことだけど、案外なんとかなるんじゃないかな」
J「どういうことだよ」
巴「私は雛苺たちと違って、日本人離れした外見じゃないから、
  関節さえ隠せば、子供としてなんとかやってけるんじゃないかな。桜田くんの妹、ってことにでもして」
J「なるほど…たしかにそうかも。じゃあ、やってみようか」
巴「…準備完了。保守もしたし、じゃ、お祭りとかいってみようよ、桜田くん」
J「…柏葉、違うだろ」
巴「桜田くん…?何が違うの?」
J「妹なら呼び方は”お兄ちゃん”に決まってるじゃないか!」



108

巴「今日は桜田くんの回だね」
J「…なんで?」
巴「108回目だから」
J「…だから、なんでだよ」
巴「108といえば煩悩の数…煩悩といえば桜田くん…だから今日は桜田くんの回」
J「そんなことだろうと思ったけど…なんだか最近、柏葉、口悪くないか?」
巴「そうかな…ほんとのこと言ってるだけだと思うけど」
J「ほんとのことって…」
巴「だってそうでしょう?少女趣味だし、ロリ気味だし、シスコンだし、ピグマリオンだし、エッチだし、
  どう考えたって変態じゃない」
J「なっ…!」
巴「ただの変態ならまだしも、ヒキコモリで社会の落伍者だなんてね。
  そのうえ、口ではなんだかんだと自分のしてることの正当化ばかり、その癖本当は自分がダメ人間だってわかってて、
  くだらない陰鬱な趣味に没頭することでその日その日を誤魔化してる。
  まだ中学生だっていうのに、始まる前から人生の闘いをリタイアして、どうするつもりなの?
  自己卑下の甘い転落の蜜に夢中になって、ひたすら自分を苛んで悲劇の主人公ぶっているけれど、
  やってることはお姉さんの優しさにつけこんで甘えているだけ。将来は大好きなお姉ちゃんに養ってもらう?
  それとも翠星石あたりのヒモにでもなるのかな。ひたすら保守だけの生活ね。
  そうやってあなたは、傷つきたくないっていう甘ったれたエゴのために、周囲の人を巻き込んで不幸にしていくのよ」
J「……柏葉…そんな…僕のこと…嫌いなのか…よ…」
巴「ううん。そんなわけないでしょう」
J「じゃあ…どうして、どうしてそんなことばっかりいうんだよ!」
巴「……だって桜田くん、さっきから言葉で責められるのが嬉しそうなんだもん……」



109

巴「ねぇ、桜田くん」
J「え…あ、ああ、柏葉か…な、なに?」
巴「……さっきから私のこと、避けてない?」
J「え、ど、どうして?」
巴「…やっぱり。もしかして、前回私が桜田くんに言ったことが気になってるんじゃ…」
J「べべ、別に気になってなんか…」
巴「…桜田くん。誤解しないで。今の桜田くんは、懸命に、少しずつ、前に歩き出そうとしている。
  …人一倍繊細な心を持ってるのにね。私は知ってるわ。そうでなければ、あんな素敵な服は考えられないでしょう?
  自信を持って。そして、桜田くんの周りにはたくさんの人がいるんだってことを、忘れないで…そして、保守をして…」
J「柏葉…ありがとう」
巴「…思ったことを言っただけだよ」
J「……でも、そうじゃないんだ」
巴「桜田くん?」
J「……さっきから柏葉の口元についてるごはん粒が気になってるだけなんだ、ほんとは……」
巴「……」
J「……」
巴「死にたい」
J「生きろ」



110

巴「桜田くん…見て」
J「あ…猫が屋根の上に…大丈夫なのか?」
巴「さぁ…でも、小動物は、ある程度高いところから落ちても平気だから」
J「へぇ…それはやっぱり体重とか体積とかそういう関係で?」
巴「よくわからないけど、多分」
J「それじゃあ、今の柏葉もけっこういけそうだな」
巴「え…そうかな」
J「そうだよ。やってみたらいいんじゃないか?」
巴「でも…」
J「やってみろよ」
巴「そんなこと…」
J「できるって」
巴「できるかな…」
J「できるよ」
巴「そうだね…なんだかできる気がしてきたわ。それに、楽しそうだし」
J「よし、とりあえず二階からダイブだな」
巴「うん」
J「ここからだ。……どうした?」
巴「やっぱ無理」
J「まぁそうだよな」
|