※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

私は求める。
優しい温もりを。

紅「ジュン、紅茶を入れて頂戴」
ジ「なんで僕が……いたッ!?」
紅「早くしなさい…!」
ジ「わ、分かったよ…」

僕は求める。
居心地の良い居場所を。

ジ「ほら」
紅「ご苦労」

すぐ目の前にあるのに

紅「ぬるい!!」
ジ「いでぇっ!?」

すぐに見失ってしまいそうで

ジ「な、何すんだよ!?」
紅「温度は高めにしなさいと言った筈よ。入れ直しなさい」
ジ「なっ!?」

怖かった……

ジ「人が折角入れてやったのにケチ付けるのか!?」
紅「ケチではないわ。教育よ、家来としての」

見失ってしまえば

ジ「何回も言うが僕はお前の家来じゃない!!」
紅「主人に意見する気?まったく…駄目な家来ね」

きっと私は(僕は)

ジ「ッ…もうやってられるか!!」
紅「ジュン!待ちなさい!!」

生きている意味さえ、無いと思ってしまう程、辛いから……

紅「全く……世話のかかる家来ね……」 


紅「ジュン!どこなの!?ジュン!!」

素直になりたくても

紅「…!雨が……とにかく、どこかへ雨宿りしないと……」

なかなか素直になれないけど

紅「…ッ!?…雷……?」

求めたくても

紅「……ぐすっ…………ジュン……何処なの……?」

恥ずかしくて言えないけれど

紅「……………ジュン………」

ジ「真紅ッ!!」
紅「……ジュン…?」
ジ「真紅、大丈夫か?」
紅「………」
ジ「真…紅……?」
紅「…………ごめんなさい………」
ジ「!?……真紅……」

私と(僕と)

ジ「……僕の方こそ………ごめんな……」

ずっと一緒にいてくれますか?

|