※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「ずっと傍らに・・・」

登場人物紹介etc



-激闘編- ジュンの引き篭もり時代(本編の3年前)の話。

序章~ジュンside~  学校中に広まるジュンの噂「変な趣味持ってる子らしいよ」
   ~翠星石side~  そんなジュンがイジメに遭ってることを翠星石はまだ知らない。

第一章~ジュンside~  翠星石から電話が掛かる。後に巴が訪れ“奴ら”に憤慨する。
    ~翠星石side~  そんな中、蒼星石と翠星石との間で火花が散り始めていた。

第二章~ジュンside~  引き篭もり生活が始まった。その夕方、翠星石が家に来た。
    ~翠星石side~  ジュン苛めを知った翠星石は精神的に不安定に陥る。

第三章~ジュンside~  僕のせいで苦労を強いられる人。そして埋もれていく自分…。
    ~翠星石side~  学校でクラスが分裂したって、まだ独りになったわけじゃない

第四章~ジュンside~  夜8時。翠星石を家に帰せぬまま、姉が帰ってきた。
    ~翠星石side~  ジュンの部屋で悪夢にうなされ、また不安を抱える。

第五章~ジュンside~  水銀燈に言われたこと。それは家族を大切にすること──
    ~翠星石side~  ジュン、蒼星石、巴の身…最後に心配したのは…

第六章~ジュンside~  朝からだるい。夕方、かの3人組の襲来と共に異変が起きた。
    ~翠星石side~  蒼星石と大喧嘩。翌日の学校は異様な静寂に包まれていた。
    ~蒼星石side~  ABCと殴り合いになった翌日、翠星石からのメールで固まる。

第七章~翠星石side~  病院に到着した翠星石は家族に連絡して正面玄関で待つ。
     ~巴side~    遅れて病院に到着。ジュンはICUに。めぐも同じ病院に…

第八章~ジュンside~  引き篭もりが何だ!病室で新境地に達したのは誰?…僕だ。
    ~翠星石side~  新勢力の出現とジュンからの電話でテンションが上がる。
    ~蒼星石side~  サッカー部を抱え込むなら…そろそろ優勢になってくるかも…

第九章~ジュンside~  そろそろ退院できそうなんだけど、リハビリは苦労しそう…
    ~翠星石side~  見舞いは成功するのか?それはヤングジ○ンプ次第!

第十章 ~巴side~    部活の遠征後、めぐの見舞いへ。そしてジュンの元へも。
    ~ジュンside~  目の前に現れる水銀燈たちがどこかおかしくて…
    ~翠星石side~  水銀燈といがみ合う…そこでふと蒼星石が気づいた。

第十一章~ジュンside~  本日日曜、ようやく退院。そして久しぶりの我が家へ。
      ~翠星石side~  ジュン、巴を含めた愛すべき大家族が今、ここに──

第十二章~ジュンside~  ヒッキーの家なのに何故か来訪者は相次いでやって来る。 
      ~翠星石side~  奴の父親は水銀燈とのりの高校の教師だった…!

第十三章~ジュンside~  ダメだ…末期だ…最近は親しい奴ですら上手く話せない…
      ~翠星石side~  水銀燈を元気づけるために。ジュンも誘えたらなぁ。

第十四章~ジュンside~  意地張って1人で外出し、駅まで来てクラクラし始める…
      ~翠星石side~  喧嘩の後も心配なものは心配…でも悟られたくない。

第十五章~ジュンside~  翠星石に連れられ、他人にビビりながら街を歩くが──
      ~翠星石side~  2人きりで街を散歩。楽しいひとときを満喫するも…

第十六章~ジュンside~  まさかのABCとの遭遇。逃げたら敵と味方に挟まれた!
      ~水銀燈side~  家にもおらず、連絡もしないジュンを捜しに街へ──
      ~翠星石side~  ABCと決闘寸前。そして思い出したくない記憶。

第十七章~ジュンside~  翠星石を置いて逃げてしまったけれど…許してくれよ。
      ~翠星石side~  邪魔な奴らを片付け、みんなでケーキ屋へ直行!

第十八章~ジュンside~  8姉妹宅へ帰宅。そして水銀燈からの最後通告…
      ~翠星石side~  ジュンを護ってやるという決意で過ごしてきたけれど…

第十九章~ジュンside~  今日はみんなとのんびり…するはずのところにABC。
      ~翠星石side~  こないだボコボコにしたばかりなのに…何てしつこい…

第二十章~ジュンside~  GWも明けて早々、家に来た翠星石は水銀燈のごとく…
      ~翠星石side~  溢れ出す不満、いらだち…距離を置いて冷静になろう。

第二十一章~ジュンside~  とうとうAの親の事を水銀燈に知られてしまった…。
       ~翠星石side~  ジュンと距離を置いても効果が無いどころか───

第二十二章~ジュンside~  今晩も水銀燈が家に来たが、昨日とは何か少し違う…
       ~翠星石side~  HRの時間にABC陣営に対して奇襲作戦を決行!

第二十三章~ジュンside~  ABCも梅岡に呼び出し食らったか…で、この手紙は?




──

-本編- ジュン、翠星石、蒼星石、巴、めぐが高2になり…

第1話~変化の兆し~  ただの幼馴染からの脱却を試みようとする翠星石。

第2話~翠星石の不安~  1人で盛り上がる翠星石に蒼星石は思う。「だから何?」

第3話~水銀燈の心遣い~  翠星石の背中を押そうとする長女の苦悩……

第4話~前に進む勇気~  水銀燈に一喝され決心する翠星石と怪しい2人。

第5話~真紅が従える者たち~  翠星石が『真紅には敵わない』と思う瞬間。

第6話~蒼星石の問いかけ~  幼馴染特有の人間関係の難しさが浮き彫りに…。

-日常生活編(番外編「ジュン中2春~秋、高2春以降以外での話」&記念短編)-
#時間軸に合わせ掲載順を整理・番外編の話数は投下順によるもの

第5話~夏のひとコマ2~  ジュン高1の夏休み。節電、節電~♪

第3話~夏のひとコマ1~  ジュン高1の夏休み。薔薇水晶たちに振り回されて──

第4話~ジュン登り~  ジュン高1の1月下旬。“ジュン登り”について考えてみた。

第1話~小学校の思い出~  翠星石高2進級前の春休み。あの頃からジュンは…

第2話~小学校の思い出2~  翠星石高2進級直後。花の水遣りは丁寧に…。

【夏色】【音色】にて500レス到達記念短編  料理が下手だった頃の翠星石は…。

|