※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

「水銀燈!僕は一つ君に問いたい!」
「なぁに?」
「今は梅雨だよね!?」
「そうねぇ。今日も雨がすごいわぁ。」
「なのに!何で君は雨にぬれていないんだ!
梅雨といえば濡れ濡れスケスケのシャツ!刺激的なブラジャー!
そしてドジな女子のノーブラのバスト!
これに決まっているだろう!なのに、何で君は傘なんかさしてるんだよぉぉぉぉ!!!!」
「ジュン。大声でそんなこと叫んで恥ずかしくないのぉ?」
「恥ずかしいさ!けれどそんなことより、君が雨にぬれることのほうが大切なんだ!
今頃はベジータも同じことを蒼星石に絶叫しているはずだ!男として、これは譲れない!」
(死んだわねぇ…)
「さぁ!今から雨に濡れに行こう!」
「ジュンがこそびしょ濡れスケスケで私の家にきたら楽しませてあげるわよぉ」
「……………」
「どうする?」
「喜んで行かせてもらいます!」
「うふふふふふふふふふふふ」



「おばかさぁん。雨に打たれすぎて肺炎になりかかるなんてぇ。」
「面目ない」
「お楽しみはこんどねぇ」
「楽しみにしてます!」
「うふふふふ。私もよぉ」

「ベェェェエェジィィィィイイィイィタァァァァァ………どこかなぁぁぁぁぁ?」
「り、理不尽だ!何でジュンはあそこまでうまく言って俺はこんな目に…」
「ほらぁぁぁ、早くでてきなよぉぉぉぉ………!!」
「顔だってそんなに悪くないし、運動神経も優しさも俺のが上なのに…ジュンのが変態なのに……」
「あぁぁぁぁ!みぃぃいぃぃいいぃぃぃつけたあぁぁぁぁあぁぁぁぁ!!!!!」(イエエエイ)笑い
「人類はみな平等なんてうそだぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!!!!」


ショキン 
ポトッ

「えー、今日からベジータは女になった。みんな仲良くするように」 



「ふぃー。いきなり雨に降られてまいっちまったですぅ。おいちび!雨宿りさせてもらうですよ!」
「なんだ勝手に…」
「びちょびちょで気持ち悪ぃです。ちび!タオルはまだですか!?まーったく気ぃきかねぇ奴ですぅ」
「…!!まぁ、いつもの事か。ほらよ」
「ちょちょちょッ!そこ開けんなです!!」
「?」
「翠星石は今…とっ、とにかく開けたらぶっ飛ばして指先一つでダウンさせてやるですよッ!」
「…まぁいい。ここ置いとくからな」
「(こんなぴったりでスケスケの姿なんか見せらんないですぅ…)」
ガチャ・・・
「(見られないうちに…素早く…)」
「(・∀・)ニヤニヤ」
「~~~ッ!!!?」
「…憂欝な雨の日の愉しみを知っているか?」
「なっ…!なな、何言って…」
「雨、ブラウス、女の子…この符号が意味する物。つまりは、わかるな?」
「一ミリもわからんですぅ!いいから早く…」
「痴れ者が!!」
「ひゃうっ!?」
「男子の本懐、甘くみるな!!」
「は、はいですぅ…」



「昨日の夕方から雨降っただろ」
「ああ。けっこう強かった」
「んで、駅から傘持ってなくて帰れなくなってる女子高生見たのよ」
「ほぅ」
「強い雨だからすぐ止むだろう、でも家近いし走れば平気かなーみたいな」
「あるある」
「ちょっとだけ手出して強さ確認したりしててさ」
「うむ」
「そして少し気合い入れて、鞄を傘に走りだしたんだ」
「でもやっぱり雨強くて。途中びしょびしょになって。信号待ちの時の表情がかわいくて」
「うむむむ…」
「そんな中で見たスケスケのブラ。俺はあれだけで1ヵ月は…」
「なんの話?ジュンくん、ベジータ」
「昨日のお前の話だぁぁぁぁ!!けしからん!けしからんぞ!まさか計算か!?」
「俺の故郷の星には、あんなに素敵なものはなかった。ありがとう。ありがとう蒼星石…」
「………最低」
「お前の昨日の行動でどれだけの者が希望を与えられたか!」
「ありがとう…ありがとう…うぅ…」
「…死んじゃえ」
『……』
「あいつの去りぎわの表情…」
「あぁ、かすかに赤かった。照れか恥じらいか。いずれにせよ恐ろしいぜ…」



長年のアタックがついに実ったベジータ。これは彼の日常の記録である。
「おい、ベジータ。お前今日は文化祭の準備を桜田と一緒にやっといてくれ」
「無理。今日は蒼星石とのデートがあるんで。じゃあ、さよなら」
「………」

「今日は英語の補習だな」
「梅岡、今日は蒼星石の誕生日なんで、帰らせて貰います。じゃあ」
「………」

「明日は、先生の誕生日だ!だからパーティーするからみんな、強制参加な!」
「無理です!明日は蒼星石の夏服を買いにいくんで。じゃ」
「……………」

「今日は今学期最終日だから大掃除をやるぞ!」
「残念だ。今日は蒼星石と旅行の打ち合わせをしなければならないんだ。じゃ」
「ちょっと待てえぇぇぇぇ!世界はお前を中心に回っているんじゃないんだぞ!!」
「当たり前だろう! 世 界 は 蒼 星 石 を 中 心 に 回 っ て い る ん だ !!!!!!」
「…………」 

~その夜~
「ちくしょう…!ベジータ…、寂しいよ…。こうなったら無理やりにでも…!!」
「だめ…人の恋路を邪魔する奴は…っていうし…あんなかっこいいベジータはアッーしちゃダメ…先生は新しい恋人を作ればいいんだよ…」
「薔薇水晶…、でも、だめなんだ。僕はベジータじゃないと…」
「これでも…?」
「離せー!!薔薇水晶、もういい加減にしろー!!」
「うほっ!いい男!薔薇水晶ありがとう!」
「ユアウェルカム…」
「なんでなんだー!このポジションはベジータのはずだろー!?」
「深く考えちゃだめだよ桜田。さぁ、力を抜いて…」
「アッー!!」

「ジュン…お前は私の期待を裏切った…。まさかジュンが皮かぶりはいいとしてあそこまでの短小だとは思わなかった…
 でも、梅岡に鍛えてもらえばきっと……。まってるからね…。」
「ばらしーちゃん、参考にしたのは?」
「ラプラスの部屋にあった『ぼくらのスゴイやつ』っていう本」
「やっぱり…。ばらしーちゃん、今夜はウサギ鍋の犬肉風味ですわよ」
「やったー!」
(もはや、くんくんといえど生かせては置けませんわ)



ベ「今日は土用の丑の日だ!
と、いうわけで蒼嬢、俺の下半身のウナギを食べてみないか…?ハァハァ」
蒼「なにそれ…ドジョウ?」
ベ「Σ( ̄口 ̄)」


ベ「あんまりだ、いくらなんでもドジョウは酷すぎるだろ…」
笹「斬られなかっただけありがたいと思いなよ。」


梅「やぁ、ベジータ。知ってるかい?ウナギもドジョウも狭い穴に潜るのが大好きなんだよ?」
ベ「…嫌な予感が……」
梅「…と、いうわけで、や ら な い か?」
ベ「やっぱりかアッー!」

笹「合掌。」


 

槐「はぁ……可愛いなぁ……薔薇水晶は……」
薔「どうしたんですかお父様?突然アルバムを見だして」
槐「いや、こうしてみると、薔薇水晶もずいぶんと綺麗になったなぁって思ってたんだよ」
薔「……面と向かって言われると恥ずかしいです」
槐「はぁ……この写真なんかいつ見ても最高だ」
薔「どれですか。私にも見せてください」

つ【ばらしーちゃん3歳 ビニールプールで全裸 136枚目】

薔「……即廃棄」
槐「やめてー!パパの心の栄養剤を捨てないでー!」

保守



銀「ジュン、雛苺が好きってほんとぉ!?」
ジ「ん?んー、ああ、まぁ、そうなるのかな?」
銀「…ショックよぉ!ジュンがロリコンだったなんてぇ!」
ジ「何を言ってる!小学生はほぼ全員同級生に恋をする!
  それらはすべて少女だ!彼らはすべてがロリコンなのか!?
  否!否!三度否!それらはすべて正常である!
  では、高校生になって、小中学生に近い外見を持つ、雛苺に魅力を感じるのは異常か!?
  やはり、否!否!百度否!それもやはり、正常である!
  なぜなら、彼女は僕と同い年であるからだ!又、僕の感性がいまだ瑞々しい、と言い換えるのもよいであろう!
  では、僕は水銀燈のいうロリコンの指す所、ロリコンであるか!?と、いう疑問に答えよう!
  それもやはり否である!僕のストライクゾーンは10から30!
  即ち、外見雛苺からみっちゃんまでがストライクゾーンなのであるからして、ロリコンであろうとも、ペドでは断じてない!
  又、性的魅力を最も感じるのは柿崎めぐなので、ロリコンでもない!
  病人を襲いたいと思うという意味では変態かもしれないが、水銀燈を押し倒したいとも常々考えているのでおそらく僕は正常である!
  わかったか!?水銀燈!!!」
銀「あなたの友人が白崎やベジータばっかで、梅岡に惚れられる理由がねぇ…」


 

み「あ~、今日も仕事疲れたなぁ……
ったく、あの上司ったらイヤミばっか言って……ブツブツ…。
ん?」

その時みっちゃんはゲームセンターのそばに立てられた奇妙な看板を見つけた。

み「なになに…
『貴女のストレスを一気に解消!今ならたった500円で好きなだけ楽しめます。』
何だろこれ?……ちょっと面白そうかも…よし、騙されたつもりでストレス解消と行きますか♪」
看板を見たみっちゃんはそこに書かれた地図に従って歩いていった。
み「ここね…えっと…すいませーん。」
白「いらっしゃいませ、これはこれは草笛さん。ささ、どうぞこちらへ…」
み「あれ?白崎さん。何やってるんですか?」
白「いえいえ、ちょっとした小遣い稼ぎですよ。ささ、これをお持ちください♪」つ?
みっちゃんは白崎から差し出されたソレを受け取る。
み「あの…コレって…?」
白「見ての通り、鞭でございます。ささ、この卑しいザザムシを心行くまでおシバキください女王様ぁーーッ!!」

み「………」 

一時間後…

み「ただいま、カナ…」
金「お帰りなさ……うっ!みっちゃんどうしたかしら!?なんだかやつれてるかしらー!」
み「ストレス解消どころか…精神的にどっと疲れたわ…はぁ。」
金「み…みっちゃん?なんか血なまぐさい臭いがするかしら…」
み「そりゃあ顔の原型なくなるまで殴……な、なんでもないわ。」
金「一体、お外で何を……」


一方その頃…
白「嗚呼…こんな激しい責めは久々でしたねぇ…どぅふっ、うふふふふふふ……」

ガキ「ママ~、あの人~。」
母親「しっ!見ちゃいけません!」



蒼「こんにちわジュンくん」
ジ「よう蒼星石……お、スカート履いてくれたのか」
蒼「ジュンくんがわざわざ手作りしてくれたんだからね。履かないわけにはいかないよ」
ジ「うれしいこといってくれるじゃないの。で、どうだよ。履き心地は」
蒼「うん、いいと思うよ。だけどやっぱり履きなれてないと足、スースーするね」
ジ「うん、僕もそれは思ったよ」
蒼「!? ジュンくん、これ履いたの!!?」
ジ「心配するな蒼星石。僕が履いたのは別のだ」
蒼「そういう問題じゃないよ!」
|