※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】Passione
第一話

 

別に情熱的じゃあない、擦れ違ったままのお話


「蒼星石先生ーーーーッ! 何をしてるんですかーーーーッ! 脱走はともかく、理由を言って下さーーーーいッ!」
失礼、僕は桃種出版の社員です
えー、さっきの発言の通り…作家の蒼星石先生が『また』仕事場から脱走しようとしたのを見つけた訳で…
最早日程になっていると思いつつつかまえに行く訳です
「担当君、たまには見逃してよ~」
「駄目です」
「なんで?」
「先生は毎度『波紋の修行』と称して遊んでいるのを僕が知らない訳ないでしょうが」
「つまらないの…」
「…はいはいわかりましたよ…じゃ、今日の原稿を仕上げたら遊びに出掛けても良いですよ…」
…我ながら甘いな…こりゃ…
これじゃあ担当失格だね。うん
「了解了解」
「早くして下さいよ。編集長がカンカンですから」
「うげっ…分かったよ…」
そう言うとすぐに机に向かう
ま、この調子ならすぐに終わるや
あの人、その気になると仕事が異様に早いからな


「終わった~」
「はい」
全く…その気になれば二時間弱で終わるってのに…
「ねぇ…担当君」
「はい?」
「どうして僕が作家になったか…知ってる?」
作家になった理由?
いや全く知らないな
「それはね…」
そう言いながら先生は自分の過去を語り始めた
姉との決別、祖父の死など…
「…つまり、人間ってとてもあっけない部分があるんだ。だから僕はそれを皆に伝えたい。だから作家になったんだよ」
「そうなんですか。何だか意外ですね」
「何処が?」
「いえ、先生って意外とまともな理由で作家になったんだな…と」
「そう?」
「ええ、先生は僕からみれば単なる怠け者にしか見えませんからね」
「う…」
「でも、芯が強くて…たまにひん曲がってる所もあるけど、自分自身に正直な人だと思いますよ」
これは事実だけどね
「確かにね。僕はいつも君に迷惑かけてるもん…でも、そう思っていてくれると嬉しいな」
「ふふ…ありがとうございます」
「でも…君と僕って色んな意味でそっくりかな?」
「何でですか?」
「だって、女の子みたいなんだもん」
「いや、確かに女顔って言われますけど…」
「よく間違われるでしょ」
…図星…
確かに僕は女顔さ
「僕もよく男の人に間違えられてたし」
「…笑えない…」
「本当だね」
クスクスって先生が笑う
うん、確かにそう言う意味では似てるかも
「あ、もうこんな時間だ。夕飯、食べるよね」
「ご馳走になります」
「待っててね」
…ちょっぴり怠け癖がある男の子っぽい作家と、色んな意味で真面目な女の子みたいな担当とのお話って題材、どっかの作家が喜んで買うだろうな

 


第一話・完

|