※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】真紅探偵事務所
再終話~イタリアという土地で~

 


「マスター、こっちですか?」
「あー、そっちそっち」
私がイタリアに来てから早一ヵ月
私は…只今カフェの開店作業を手伝っています
ま、それが私がイタリアに来た一つ目の理由なんですけどね
事の発端は二ヵ月前、幼馴染みであるマスターから
「イタリアで店を構えたいんだ。協力してくれないか?」
こう言われたからです
あと一つは…
おや、お客さんの様ですね
「ごきげんよう。ワトソン君」
「…真紅」
そこには恐ろしいまでの笑顔の真紅が居ました
「ワトソン君…どうして急に私のもとから去ったの?」
「真紅…」
因みに今は近くのカフェ
周りはなんだかほんわかした雰囲気ですが、こっちはとてもピリピリしてます
「真紅、まずは急に貴女のもとから去った事を謝ります」
「良いわ。別に気にしていないもの」
「すいません…」
「で、どうして?」
「それは…」
私は真紅に理由を話しました
ええ、そりゃあ勿論涼しい顔した真紅でしたが話が終わる頃には…
「ワトソン君!」
「はい? ッブッ!」
気付いたら殴り飛ばされていました
「ワトソン君…貴方…見損なったのだわ!」
遠のいていく意識…
徐々に自分がやった事に対して後悔の念が駆け巡ります
「見損なったのだわ!」
彼女の言葉が胸に刺さる
私は…

中学生の時、クラスで浮いていた彼女に「一緒に事件を解決しましょうよ」
そう言ったのがそもそもの始まりでした
最初はまぁアレでしたが、社会人になる頃には彼女はもう立派な探偵でした
そして、この探偵事務所が出来た時、私は彼女に一つの誓いをたてました
「私は、真紅と共に探偵を続けていく事をここに誓います」
誓い…やっぱり真紅はその事を怒っているんでしょうね
本来の『仕事』を放棄して海外に行った事を

「真紅に…謝らなくちゃあなりませんね…」


「真紅」
「あら、まだなにか用?」
「申し訳ありませんでした!」
「…ッ…ワトソン君」
「私は…私は……うっ…」
「もう…分ったのだわ…」
真紅が私を抱き締める。何故だろう…とても…安心できる
やっぱり…私には…真紅しか居ないんですね
「真紅…聞いて下さい」
そして私は…また彼女に誓いを立てた
今度は彼女を守る事を


「今となっては良い思い出なのだわ」
「そうですね」
私は今、真紅と共にイタリアに住んでいる
「全く、謝るにも言葉にならないんじゃどうしようも無いのだわ」
「もうそれを言わないで下さいよ」
因みに今はイタリアでカフェを開いています
そう…私がイタリアに行った時に仕事していた…あのカフェに…
あの後、マスターからこのお店を任されたんです。ご祝儀代わりだと言っていました


「いやしかし…面白いお店ですね」
「そうですか?」
「『幸せ』というものが伝わって来ますよ」
「そうですかね」
「ふふ…では、お勘定はここに置いておきますよ」
「いいえ、これはサービスですよ」
「良いんですか?」
「ええ」
「ディモールトグラーツェ」

 

「私は真紅。誇り高き真紅探偵事務所の所長であり、幸せな貴方のお姫様よ」

真紅探偵事務所・完

|