※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

【恋愛百景】真紅探偵事務所
第四話

 

「ワトソン君、事件なのだわ!」
今日も所長の一言で仕事が始まります
「今日も一件落着なのだわ」
「…そうですね…」
「最近元気が無いわね」
「そうですか?」
「ええ」
「そうね…じゃ、今日はこれから酒盛りね」
はい? 何か言いましたか?
「元気が無い時にはお酒が一番なのだわ」
…さて、じゃあ帰りにお酒を買って来るとして…
コレ、いつ渡そうかな?

 

「ワトソン君…もっと呑むのだわ」
「所長、酔いすぎです」
「二人きりの時は真紅と呼べと何度言ったら(ry」
はいはいそうでしたね
しかし、真紅はお酒に弱すぎじゃあないでしょうか?
「それじゃあ明日の仕事が大変ですよ」
「明日は休日にするのだわぁ」
あちゃー、なんという暴君…

 

「スゥ…スゥ」
只今午前3時…真紅はもう…寝ている
「真紅…こんな形でしかコレを渡す事が出来ない私を…許して下さいね…」
そう言うと、私はテーブルの上にあるものを置いた
翌朝(真紅視点)
よく寝たのだわ…
さて、ワトソン君に朝食を作らせるのだわ
「ワトソン君、起きてる?」
彼からの返事は無い
何処に出かけてるの? 一体…
ふと、テーブルに目を移すと、そこには封筒が置いてあった

-主人公視点
ふぁぁ…よく寝ました…所長、呑ませ過ぎですよ…マジで…
…そう言えばもう所長と会う事は無いんですよね…
あの時テーブルに置いたのは花束でもなく、婚約指輪でもなく、辞表
「真紅には…悪い事をしましたね…さて、もう時間です。日本とも当分お別れ…ですね」
そう言うと、私はイタリアへと向かう飛行機に乗った
-真紅視点
これは…封筒を開くとそれは辞表…
「どういう事?」
辞表を開くと、こんな事が書かれていた

真紅、貴女がこの辞表を見ている頃には、私は日本には居ないでしょう
まず一つ、謝らなければならないことがあります
それは、前触れも無く突然君の目の前から消えてしまった事です
本当に、申し訳ありません
真紅と過ごしてきた間、様々な事がありました


「なんてこと…ああ、なんてこと」
パニックに陥ってしまったのだわ…そんな…彼が…
辞表の最後には、こう書かれていた
どうしても会いたいのなら、私はイタリアに居ますよ。真紅
頑張って私を見つけて下さいな

イタリア…彼は…イタリアに…


-主人公視点
今頃でしょうね…真紅が辞表を読んでいるのは…
多分、彼女は私を追いかけて来るでしょう
しかし、この仕事が終わるまでは会うのが難しいですね。多分
真紅…本当に申し訳ありません

 


第四話・完
次回、再終話~イタリアという土地で~

|