※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。



 2007年5月8日 あめ

 みっちゃんが放課後にパソコンを使って調べてくれたことをまとめておくかしら。
 フランスの新聞の記事とかを、翻訳しながら色々読んだけれど、むこうでは巴はお手柄侍女子中学生、ということになってるみたい。
 雛苺が危ないところだったのを、巴が助け出したんだって。
 ひどい犯人は雛苺ののどを切った後、白薔薇の中に放置していたかしら。
 警察は犯人が儀式をしようとしていたっていう見方をしているって。

 でも蒼星石は「血抜きじゃないかな」って言ってた。雛苺と蒼星石はあったことがないらしいけれど、蒼星石は一生けんめい情報を集めていたかしら。


 今、おねえちゃんに「泣くにはまだ早いでしょう?」って言われたかしら。
 





 2007年5月12日 くもが下に広がっているのは、くもりかしら?かしら?

 今、フランス行きの飛行機に乗っているかしら。
 巴と雛苺に会ったらなんて言おうかしら。ううん、まずは話しを聞かなきゃ。
 となりでおねえちゃんがアイマスクをして寝てる。
 カナも酔い止めを飲んで寝るかしら。

 


 酔い止め忘れたかしら…
                …‥:






 2007年5月13日 はれ

 どこから書いたらいいのかしら?
 うーん、時間を追って書くのが一番ね。
 フランスに着いたのは朝で、さわやかな晴れだったけれど乗り物酔いしたカナはそれどころじゃなかったわ…。

 飛行機から降りてそこからタクシーで移動したかしら。最初にたずねたのは雛苺のいる病院。
 雛苺は関係者以外面会しゃ絶だったかしら。
 さいしょ、カナが雛苺のお母さんに部屋に入れて下さいって頼んでいたけれど、雛苺のお母さんはごめんなさいね、としか言ってくれなくて、とっても困った。
 でも、別のところにいたおねえちゃんが顔を出したら、雛苺のお母さんはカナたちを雛苺の部屋に入れてくれたわ。雛苺のお母さんはちょびっとおどろいていたのかしら?
 部屋の中には、ベッドで眠る雛苺のそばにもう一人、カナより年上の女の子が立っていたの。
 さらさらの金髪にきれいな青い目、ひと目見ただけではっとひらめいたかしら。この子がしんくだって。
 その子はカナたちに気づいてこう言ったわ。

 「はじめまして、私はオディールフォッセーといいます」
 ちがったかしら。
 オディールさんは雛苺の親せきで、おばあちゃんが同じ人なんだって。フランスに来た雛苺と同じ寄宿舎にいて仲がよかったみたい。雛苺を見る目がとっても優しかったから、きっとそう。
 雛苺はあんまり大きな怪我はしていなかったみたい。そのかわり、首に包帯が巻いてあったかしら。
 カナが雛苺の手紙にあった、ゆきかきあきらって子の事を聞いたら知らないって言ってた。
 けれど、雛苺は事件が起きる前にひとり言が増えていて、心配だったって。
 …どういうことなのかしら?
 病院から出たらもう日が落ちていて、巴に会いに行くのは明日のこと。

 雛苺はずっと眠ってた。でも、カナたちが部屋を出る前に、雛苺の閉じた目から一粒、なみだが流れたかしら…。カナは雛苺が大好きなうにゅーを枕元において部屋を出たわ。
 雛苺が元気になって、またうにゅーが食べられますように。




 

 2007年5月14日 はれ

 今度は飛行機に乗る前に酔い止めを飲んだから、機内で日記だって書けるかしら。
 今日は巴に会ってきた。巴は警察の所に泊まっているけれど、別に逮捕されたわけではないらしくて、一安心だったかしら。
 さすがに会う時は刑事さんが横に立っていたし、30分しか話せなかったけれど…。

 巴はカナがこっちにくるとは思ってなかったらしくて、びっくりしてたかしら。昨日雛苺のおみまいに行ったことを話したら、雛苺の容態についてたくさん質問された。あんまり警察の人は詳しくそういうことを教えてくれないみたい。
 巴は雛苺のことをずっと聞きたがっていたけれど、カナは事件のことを聞かせてもらったかしら。


 巴はまず雛苺の寄宿舎をたずねて、そこでいなくなった雛苺を探していたオディールさんに会ったんだって。
 オディールさんは雛苺から巴のことを聞いていたし日本語がちょびっと話せるから、巴に雛苺がいないことをすぐつたえられた。
 嫌な予感がしていた巴はあわてて雛苺を探して、そしてぎりぎりの所でまにあった。

 雛苺が倒れていた場所は寄宿舎の誰も使ってない棟で、おねえちゃんとカナの家にちょっと似てる所。そこの広間の中央にたくさんの白薔薇がしかれていて、その上に雛苺は寝かされてた。

 事件の話はそれで全部だと思っていたけれど、巴はもう一つ事件のことを話してくれたわ。
 「雛苺にかけよって、助けようとした時、女の子の笑い声が聞こえたのよ。
 オディールさんとは別れて探していたし、雛苺がひどい状態だったから、その笑い声の主が犯人だと思って…私は背後の声を切りつけたの」
 ここで一回、巴は言葉を切って、カナはどうしたのって聞いたかしら。
 巴の声は少し震えてた。
 「でも背後には誰もいなかったわ。確かに声を聞いたと思ったんだけれどな…」
 あの時だけ巴の声はたくさんの迷いのある声だったから、きっと自分でも信じられない気持ちだったのね。

 巴との話をおねえちゃんにしたら
 「柏葉さんは本気で刀を使ったんでしょう?
 それほどの覚悟をして渡航するなんて、たいした子ね」
 って言ってた。

 フランスのテレビは「消えた犯人!」っていうタイトルで事件を大きく扱っていたかしら。目撃者が一人もいないんだって。犯人は早くつかまればいいのに。
 それにしても、どういうことなのかしら、いない友達、いない犯人…

 服のそでに白い花びらがついてた。このタイミングだとちょっと怖いかしら。

|