※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

新雪のように真っ白な肌。
まるで蔦のように僕の首筋に絡みつく雪華綺晶の細い腕。
ガラス細工のように、美しく、脆そうな指先からは想像できない力。
獲物を捕らえた猛禽類の鍵爪の如く、僕の首をがっちりと掴んでいる。
僕は彼女に押し倒されるような形になる。身動きが取れない。
そして彼女に、離してくれそうな様子は無い。
ゆっくりと、しかし確実に、雪華綺晶の顔は近づいてくる。
仄かに赤みのさしている、やわらかそうな頬。
風もないのに、何故かたゆたう白い髪。
ぷっくりとふくらみ、瑞々しく光る真っ赤な唇。
そこから洩れる、生暖かく湿った彼女の吐息。
老若男女問わず、人を惑わす金色の瞳が薄く閉じているのは幸いか。
長い睫毛が棘のように僕を見据える。
「ねぇ、悪ふざけなら、よそう?」
彼女に問いかける。
答えは無い。雪華綺晶の接近は止まらない。そうか。それが君の答えか。
ああ、僕はこれから彼女に食べられるんだ。
蜘蛛の巣に捕らえられた蝶。或いは獅子に組み伏せられた草食獣。
そんな気分だった。
少女の腕はいつの間にか僕の背中にまで、まわされていた。
逃げ場など無いよ。そう言いたげに。
いよいよ、彼女の薔薇色の唇は、僕のそれと間近に迫る。
彼女のやわらかく、あたたかそうな唇。甘く香るのはグロスだろうか。
互いの吐息を、口腔で感じあうほどに。
―――――いっそのこと、こちらからくちづけしてしまいたい。
そんなこといけないのに、思ってしまった。思わされてしまった。
ほんの数瞬だとしても、雪華綺晶の唇を、心を、身体を、求めてしまった。
狂おしいほどに、雪華綺晶は美しかった。
僕には真紅という、立派な彼女がいるというのに。
「をんなというものに溺れたらですね」
彼女の口が言葉を紡ぐ。
その度に香る彼女の匂いが、僕をより深い悩みの淵に突き落とす。
「二度と浮き上がって来ることは無いのですよ」
彼女の左目が薄く開く。まるで全てを映す鏡のように、僕を見つめる。僕の心を鷲掴みにする。
にやり、と口元を大きく歪ませて、雪華綺晶は嗤う。けだもののように。
そして、再び彼女は薄く目を瞑る。
美しい。
その一言に尽きる、その貌。
先ほどとは打って変わって、まるで聖母のように、優しく、穏やかな表情。
そして彼女は、思い出したかのように、その表情で再び僕へと迫る。
だめだ。僕には絶えられそうにない。ごめん、真紅。
彼女と僕の距離が限りなく0に近づく。僕は目を閉じる。
そして―――――ついに―――――


ごつん


鈍い音が狭い部屋に響く。額に痛みが走る。
目を開いたそこでは、雪華綺晶が無邪気に、おかしそうに、笑っていた。
心なしか、彼女の額も薄赤く腫れている。
「うふふふ。本気で私がキスをするとでも思ったのですか? 彼女持ちの殿方に?」
彼女は僕に巻きついた腕を緩める。
そうだ。もともとこの子はこういういたずらが好きなのだから。
僕は一杯食わされたってわけだ。
「まぁ、そうだよな。普通は」
僕もふふふと笑う。実に恥ずかしい。
「そうですね。普通は」
そう言うや否や、彼女は再び、口元を吊り上げる。白い歯が見える。
僕が最後に見た彼女は、雪華綺晶は、邪気まるだしで、犯シソウに笑っていた。
彼女の笑顔が見えたかと思えば、先ほどとは比にならないスピードで。
既に僕は彼女の猛毒の牙の下にいた。
甘く、蕩けるように、脳に突き刺さる劇毒のような吐息。
見るモノの心を奪う、宝石のように空ろに輝く瞳。
ぬらぬらと光る唇。蠢く舌。
僕は気付いたときには彼女に犯されていた。
唇も、心も、身体も、余すことなく総て。
温かく、やわらかく、湿った雪華綺晶の唇。それが僕のものと触れ合い、そして貪欲に求め合っている。
ぬっちりとした感触が、僕の思考を剥ぎ取り、奪い取る。
舌と舌が絡まり合う。ざらざらとした感触。温もりというには激しすぎる熱。
どろりと溶岩のように、僕を飲み込んで溶かしてゆく。
僕の腕はいつの間にか堅く彼女を抱きしめていた。離さない。離そうという気すら起きない。
今だけは彼女は僕のもの。逆も然り。
僕の唾液と雪華綺晶の唾液が交わりあい、ねっとりと糸を引きながら、唇の上を垂れ落ちる。
粘り気を含んだ雫がベッドにぽつり、ぽつりと染みを作る。
始めは雪華綺晶が僕に圧し掛かっていたが、
いつの間にか、僕が雪華綺晶を押し倒したような形になっていた。
ふにゃりとした雪華綺晶の唇の感触を存分に味わいながら、彼女の滑らかな肌を撫でる。
不意に雪華綺晶が唇を離す。涎が糸を引いている。
彼女の頬は紅潮し、目も焦点がぶれて、震えている。
半開きになった口からは唾液が宝石のような玉を作っている。
荒く、なかなか整わない彼女の呼吸音が、僕の劣情を猛烈に刺激する。
「ジュンさんも、いけない人ですね」
雪華綺晶は、手の甲で、唇についた粘つく唾液をふき取り、さらにそれを味わうように、丹念に舐める。
少し恥じらいを含んだ笑いをしながら、言う。
「ほんのイタズラのつもりだったのに…あんなにされてしまうなんて…」
「…ごめん」
目を逸らす。僕にはもう、誰に対しても、それしか言えそうになかった。
「素敵です、ジュンさん」
唐突な彼女の言葉に僕は耳を疑った。
「え?」
彼女はじっ…と僕を見つめる。懇願のまなざしで。
「浮気でもなんでもいいです。だから、私を傍に置いてくれませんか?」
…僕は首を振った。
縦に? 横に? それはあなたの想像にお任せする。

 

|