※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

51

巴「桜田くん、お客さん」
み「やっほー、ジュンジュン、また来ちゃった。保守してる?あ、巴ちゃん相変わらず可愛い!あれ?おいしそうなクッキーだね」
J「柏葉がつくってくれたんだ」
み「へーえ、そうなんだ。ふーん……ジュンジュンも隅に置けないね。これはみっちゃんお邪魔だったかなー」
J「な、なんだよそれ…!」
巴「よければ、お一ついかがですか?」
み「いいの?それじゃお言葉に甘えて…」
巴「これなんていいですよ」
み「美味しそうだね。それじゃあそれで…」
巴「はい、どうぞ『美味しそうなにおいがするのーー!!!』って雛苺!?」
雛「あーっ、トモエ、クッキー焼いたの!?ヒナもほしぃーっ!」
巴「え、ちょっと、これはだめ…」
雛「パクッ」
巴「あ……」
雛「……び、びゃああああんしょしょしょしょしょっぱいのーーーーーーー!!!!!」
巴「だ、だから言ったのに、それはトラップの塩クッキーだったのよ!」
み「え!!?」
J「お、おい、しっかりしろよ雛苺、ほら、水だ」
巴「ほら、飲んで…。ごめんね、雛苺、こんなつもりじゃなかったの…今度、いちご大福買ってあげるからね…」
雛「コクコク……うゅ…いいの、ヒナね、うにゅーより、トモエのクッキーが食べたいの…」
巴「…じゃあ、はい。大丈夫だよ、これは甘いから…サクッ…ね?」
雛「うぃ…パクッ…ん、美味しいの…とっても甘くて…ヒナ、嬉しい…」
J「……そういえば、下にマポロチョコがあったんだ…あれもとってくるよ」
雛「ありがとなの…ジュンもトモエも大好きなのよ」
J・巴「雛苺…」
み「え、ちょっと待って、どうしていい話だなーみたいな雰囲気になってるの?」

 



52 

欠番

 



53

巴「桜田く…あ、ごめんなさい、勉強中だった?」
J「柏葉?いいよ、ちょうど休憩しようかと思ってたし…」
巴「ちゃんと勉強してたんだね」
J「ん、まぁ…やっぱりやっとかないと…さ」
巴「…偉い偉い」
J「ばっ…!や、やめろよ!」
巴「ふふっ…ごめんなさい」
J「ったくもぅ…。…なぁ、今思ったんだけど、僕が学校行ったとして、柏葉はどうするんだ?」
巴「…私?どうするって…普通に行くけど…」
J「…その姿で?」
巴「………お姫様抱っこで登校とか」
J「二人で登校拒否になるつもりか!」
巴「大丈夫よ。人間が人形になる、なんてまさか思わないから、黙ってれば誰も私だと気づかないんじゃないかな」
J「ああ、なるほど」
巴「ね」
J「うん……いやちょっと待て、それ柏葉はいいけど、僕にとっては考え得る最悪のパターンにならないか?」
巴「やっぱり気づくよね」

 



54

巴「桜田くん、私、何かすることあるかな?」
J「え?な、なんで…?」
巴「いつもここで保守してるのに、何もしないっていうのも…」
J「別にそんな気使わなくていいけど…」
巴「いいの、気持ちだから。とりあえず、お掃除とかしてもいいかな?」
J「そ、掃除!?どこを!?」
巴「とりあえず桜田くんの部屋を…」
J「あ、い、いや、いいって!ほんとに!」
巴「遠慮しなくていいから。忘れがちなベッドの下とかも綺麗にしないと…」
J「い、いいって言ってるだろ!」
巴「そうそう、きちんと整頓してる?タンスの中とか…一番下の段とかまできっちり」
J「は、はぁ!?何言って…」
巴「机の引き出しとかもちゃんと整理しとかないと、いざという時に使えないわ」
J「……」
巴「本棚もなんだか乱雑だね。中身とカバーが違うのもあるし、それじゃ不便よ?」
J「…………」
巴「パソコンの中だって、ちゃんといらないものは削除しないと、重くなるしいいことないよ。
  特に”新しいフォルダ”で無駄に容量が大きいのがあるでしょう?もう少し整理した方がいいよ」
J「…柏葉、僕が悪かった。だから遠回しな非難はやめてくれ。そしてもう一つ。いったいいつ、どうやって調べた?」

 



55

巴「桜田くん、お客さん」
J「誰だよ?保守してるのに…っで、でたな変態じじい!」
一「これは嫌われたものだな…。そんなに女装は嫌かね?」
J「い…嫌に決まってるだろ!僕の前で二度とその話をするなっ!」
巴「…本気で怒ってるんだ…無理もないよね、トラウマ、だもんね…」
一「いや、しかし…」
J「うるさいな、そんな趣味はないっているだろ、もう帰れよ!」
巴「すみません、このことでは、ちょっといろいろあったんです…。今日のところはこれで…」
一「もってきたのは蒼星石の服なんだが…」
J「ちょっと見せて」
巴「おい」

 



56

巴「桜田くん。……まだいるんだけど」
J「ほんとだな」
一「といいながら、しっかり蒼星石の服を見てる君はなんだね。保守はいいのかな?」
巴「……桜田くん……」
J「…っ!こ、これは、あいつがどんな服を持ってるのかちょっと気になったってだけで…
  …にしても随分乙女な服だけど…というか、よく考えてみればなんでこんなの持ってるんだ?」
一「……言っておくが、決して怪しいことはしていな…」
J・巴「通報しました」
一「ちょwwwww弁解の余地なしwwwwwww」

 



57

巴「桜田くん……まだいる」
J「犯罪者はさっさと帰れよな。こっちは保守してるんだぞ」
一「…なんだかさんざんな言われようだが、この服はみっちゃんさんとかいう人がつくってくれたものだ。
  だが蒼星石はあまり気に入らなかったらしく、捨てるくらいならばとして貰ったのだよ」
J「なにやってんだ…蒼星石もよくこんなおっさんにあげる気になったな…」
一「本当に邪な気持ちはないんだが…。君が着てくれるなら、譲ろうと思う」
J「…嫌だって言ってるだろ…。…思ったんだけど、柏葉はどうだ?蒼星石と似てるし…」
巴「えっ…わ、私!?」
J「……けっこう、似合うかもよ(ボソッ」
巴「さ、桜田くん…」
一「…確かに風貌は似ていると言えなくもないが…しかし決定的なものが欠けている。
  ただの女には興味がない。この中に男の子っぽい女の子、女の子っぽい男の子がいたら、私のところまで来なさい」
J・巴「頼みますからもう帰ってください」

 



58

巴「……保守」
J「……保守」
一「……いや、帰るよ。だからそう無視しないでくれ。君が少女服を着たくないということはよくわかった。
  過去に何かあったようだし、無神経だったかもしれぬ。すまない」
J「……別に、気にしてなんか…」
巴「今度来るときは、もう少しまともな話だと、私としても助かります」
一「そうしよう。…では、これにて失礼する。邪魔したね」
J「あっ、ちょっと待ってくれ…!」
一「……何かね?」
J「…いらないなら、その服、僕にくれないか…?」
巴「桜田くんっ!?」
一「……君は、着ないと言っていたのではないかな?」
J「ああ、着ないよ」
一「では何故?」
J「服は着る以外にも使用法はあるじゃないかっ!!」
巴「もうやだこの人」

 



59

巴「おはよう、桜田くん」
J「柏葉…保守に来たのか」
巴「…不思議そうな顔してるね」
J「…別に…ただ、前回あんなこといってたから…」
巴「あれ、もしかして気にしてたの?…ふふ、冗談よ、あれくらいで呆れるようなら、もっと前から来なくなってるわ」
J「なんだか、微妙なフォローだなそれ…」
巴「そうかな。……でも、そっか、桜田くん、気にしてたんだ…」
J「…え?」
巴「……桜田くん…私がいなくなったら…寂しい?」
J「え…あ…な、なんだよそれ…そ、そんなの…」
巴「……」
J「……まぁ、いつもいるし…そりゃ、ちょっとは……」
巴「ふぅん…そっか。ふふ…」
J「ふ、ふん…へ、変な笑い方するなよな」
巴「クス。でも安心して。私がいないように見えても、私は桜田くんのこと、きっとどこかから見守ってるから、ね?」
J「…頼むから目の届く範囲にいてくれ」

 



60

巴「暑くなってきたね…」
J「いよいよ夏が始まる、って感じかなぁ」
巴「……夏、か……」
J「…柏葉?」
巴「前にも言ったと思うけど、私ね…本当はもう、剣道やめたいんだ。そして保守に専念したいの」
J「…保守は別に専念しなくていいだろ…。でも、なんでなんだ?ここまで続けてきたのに」
巴「……別に嫌いってわけじゃないの。でもね…」
J「うん…」
巴「………剣道着って、臭うの…すごく…」
J「……は?」
巴「特にこれからは夏…もう考えただけで……」
J「な、なんだよそれ…」
巴「本当に嫌なの……」
J「か、柏葉、げ、元気だせよ…それにほら、柏葉の汗の臭いなら僕は全然構わないし…」
巴「…慰めてくれてるの?ありがとう…」
J「べ、別に…」
巴「でも気持ち悪い」

 



戻る 
|