※上記の広告は60日以上更新のないWIKIに表示されています。更新することで広告が下部へ移動します。

アリスプロジェクト(アリス人口培養計画)が始まってから永い年月が過ぎ、遂に計画は

最終段階に入ろうとしていた…

 

助1「教授!!遂にアリスの培養に成功しました!!」

ロ「おぉ!!本当かね!?」

助2「はい!!あちらのカプセルがそうです!!」

 

助手が指し示した先には、それが生物なのかすら分からない、小さな物体が一つ

入ったカプセルがあった。

 

ロ「おぉ…これが、アリスなのか…愛しい私の娘よ…」

 

ローゼンは只ひたすらにそれを眺め続けた…

------------------------------------------------------------------------------------------

更に永い月日が経ち、カプセルの中の物体は徐々に人の形を成していった。

そして、アリスの特徴である、純白(若干銀色)の髪、肌をしていた。しかし、ここで

予期せぬ事態が起きた。背中から生えてきた翼がなぜか黒かったのだ。

伝説では、翼も純白のはずであったのだが…

更に、瞳の色も血の様に紅かった。

 

助1「なぜだ?何か我々は過ちを犯したのか?」

助2「いや、何も問題は無かったはずだ…」

ロ「…………」

 

ローゼンは一人、只何も言わずアリスを見つめていた…

 

ロ「…水銀燈、早く目を覚ましておくれ…」

 

水銀燈…ローゼンが彼女の銀色に煌く髪を見て、彼女をそう名づけたのだ。

そして、遂に運命の歯車は廻り出す…

|